男女の犬の育て方の違いは自分達の育てられ方の違い?

 2013-07-31
01P1070010.jpg

昔の家庭のイメージは
「父親が厳しく、母親は優しい」と言う感じでしたが、
最近、犬を飼っているご家庭のお話を聞くと、
母親が厳しくしつけをし、父親が甘やかして邪魔をする・・
と言う傾向が強いように感じます(^^;

それはなぜか?
その理由として多いのが、
男性の犬の教育への不参加ではないでしょうか?

実際、男性は犬とかかわると言っても、
仕事から帰ってきた後に遊んだり、
休日にお散歩に行ったりする程度・・
実際のお世話やしつけ、
健康管理などをしているのは女性が中心なので、
犬のしつけについて真剣に考えてくれない・・
と言う事も多いみたいです。

また、男女の犬に対する接し方・・・
育て方の違いを考えてみると、
それぞれ、自分達がどのように育ってきたか?
が犬の育て方の違いになっている事も多いように感じます。

女性は静かで大人しく、
厳しいしつけの中で育つ事が多いようですが、
男性はわりと自由に・・
多少、喧嘩をしたとしても
「男の子なんだから仕方がない」と言われて育つ事は多いみたいです。

自分がそう言う風に育てられてきた為、
犬に対しても「まぁ、いいじゃないか」と
考えてしまう男性は多いと思いますが、
逆に静かで大人しく、女性らしく育てられた女性は
やんちゃで乱暴で、吠えたり噛んだりする犬の気持ちや行動が理解できず、
育児ノイローゼになって、つい、厳しく育ててしまう・・
と言う事も多いみたいです。

そう考えると、男性の積極的な育児参加は大切だと思いますし、
人間の子育てでも最近は男性による積極的な育児参加が推奨されているみたいです。

実際にお腹を痛めて子供を産む母親と違い、
男性は「子供が産まれた」と言うだけでは
「父親になった」と言う実感が持てない事は多いそうです。
ですから、子供を抱っこしたり、
おむつ交換などをして貰ったりと積極的に子供に関わる機会を持って貰う事で、
父親としての自覚・・
「父性の確立」と自分の子への「没入感情」を養って貰う事を
「エングロスメント(engrossmentのめり込み現象)」と言うそうですが、
男性に犬の飼い主として自覚を持って貰う為には
同じように、散歩に連れて行ったり、抱っこをして貰ったり、
犬を洗って貰ったり、ごはんをあげて貰ったり、
一緒に遊んで貰ったりと言った機会を
沢山、作る必要があるのかもしれません?

勿論、最初から上手にはできませんので、
かえって女性側のストレスになる事もあるかもしれませんが、
ボール投げや追いかけっこなど、
身体を使った遊びは女性よりも男性の方が得意な事は多いと思いますし、
広いお外で飼い主さんと一緒に遊ぶ事は犬も大いに喜びますし、
犬の身体をたくましくし、
そうした時間を作る事で女性の休息の時間にもなると思います。

そうして、男性が犬を育てる事に積極的に参加し、
女性にとって精神的に頼れる存在になる事は、
女性の犬への依存や育児ノイローゼなどの
リスクを下げる効果もあると思いますし、
飼い主さんの両方が犬への正しい知識を持ち、
静かで落ち着いた家庭で安心して暮らせる事は、
犬にとって何よりの幸せではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫