犬の飼い主さんも危機管理能力は重要?

 2013-07-30
03P1060128.jpg

「炎上」と言うと、
ブログやTwitterをきっかけにして起きる感じがしますが、
その理由として多いのが、
知り合いなど「仲間内だけしか見ていない」と言う感覚から
差別的な意味合いの事を書いてしまったり、
空気の読めない発言や
第三者に不快感を与えてしまうような事を書いてしまったから・・
かもしれません?

最近では、若者がコンビニの冷蔵庫に入った画像を
Twitterに投稿して大問題になりましたが、
あれも仲間内だけで「不特定多数の人が見るかもしれない」
と言う認識や危機感が薄かったからかもしれません?

しかし、ブログやTwitterで
自分の気持ちや考えを発言する時は気をつけるものの、
意外とブログのコメント欄に書かれた
質問や感想に対する答えを書く時などは、
考える余裕が無かったり、
深く考えずに思った事を書いてしまったりして、
炎上の火種になってしまう事も多いみたいですから、
ブログやTwitterで発言する時は、
それに対する相手の反応についても考えてから
書くべきかもしれません?

まぁ、文章ならまだ、書いた後に読み返す事もできますが、
会話の場合はついつい、思った事・・
言わなくても良い事まで言ってしまい、
相手を怒らせてしまう場合も・・
しかし、「焦るとつい、いつもの癖が出てしまう」
ーと言うのは、犬に対する接し方にも言えると思います。

普段、「犬には優しく接してあげなければ」とか、
「名前を呼んで叱ってはダメ」と心がけていても、
いざ、犬が吠え出すと焦ってしまい、
大声で犬の名前を呼んで叱ってしまったり、
犬を抱き上げてマズルを手で掴み、
犬を吠えさせないようにしてしまった・・
と言う事も多いのではないかと思います。

ですから、どんなに豊富な知識を持っていたとしても、
いざと言う時にそれを使う事ができないのでは、
本当の意味で「身についている」とは言えないかもしれません?

自分も本を読んで新しい発見があったりすると
「とても勉強になった」と感じたり、
「成長した」と思ってしまう事はありますが、
実際は本を読んだり、話を聞いたりしただけではダメで、
その内容について、何度も何度も考えたり、
教わった事を何度も何度も繰り返し練習したりして、
それが思考の選択肢として自然に出てきたり、
考えなくても当たり前のように身体が動くようになった時・・
はじめて「身についた」と言えるのだそうです。

まぁ、スポーツなどでも試合前に焦って練習した事よりも、
普段、練習している事しか試合ではできない・・
と言う事は多いですからね・・
とは言っても、なかなか、そうした時間もありませんから、
そう言う場合は、あらかじめ犬が起こしそうな問題を想定し、
それに対する対処の仕方を考えておく事も重要だと思います。

プロのボディガードがとっさの時、
どうしてすぐに対応できるか?と言うと、、
あらかじめ、あらゆるトラブルについて想定し、
その対応について考えながら行動しているからだそうです。

ですから、犬の行動の問題に対しても
普段から心構えをしておく事が大切かもしれません?(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫