身近なゴールの積み重ねを大切にするsideWAN

 2013-07-29
a01P1060988.jpg
午前中は雨が降ったものの、
午後から晴れてきたので、
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
「マーブル」君を連れて「sideWAN」さんへ行ってみました(^^)

同じく「アニマルプロテクション」さんで
里親さんを募集中の「みつき」ちゃんや
他の子達ともごあいさつ♪(^^)


マーブル君もこんなに上手に
ご挨拶ができるようになりました!


その後はみんなでおやつをいただいたりして・・
a04DSC00095.jpg

とっても嬉しそうです。
a05DSC00009.jpg

楽しそう(^^)
a06DSC00099.jpg

みつきちゃんもとても大人しく、
おやつが貰えるのを待っています。
a07DSC00004.jpg

みんなで遊びだしました。


大きな身体をしていますが、
みつきちゃんもまだまだ子供・・
みんなの中心になって遊んでいます。

その一方で、成犬達はおやつの順番待ち・・(^^)
特にマーブル君は犬同士の激しい遊びを見ているうちに
怖くなって吠えてしまうので、
こうして犬から意識を外す事・・
「見ない方が良い」と言う事を教えてあげています。

後ろで遊んでいたみつきちゃん達が
マーブル君の身体にぶつかったりしましたが、
マーブル君がそれに対して、吠えたり慌てたりせずに
おやつを食べれたのは凄いと思います。

こうして、おやつを使っていると、
「おやつで釣っている」と言う風に見えてしまうかもしれませんが、
「おやつを犬の目の前に提示して犬の気を引く」のでは無く、
「犬自身が自分の意思で犬から意識を外してこちらを向けた」
と言う選択と行動に対して正解の意味でおやつを与るようにしています。

「報酬を見せて犬を動かす」のと、
「犬の選択や行動に対して報酬を与える」のとでは、
意味合いが全く異なると思いますし、
それを続ける事による、犬の思考や行動も大きく変わってくると思いますので、
おやつを使うとか使わないで議論する前に、
「おやつの与え方」についても、
もっと議論されるべきではないかと思います。

a10.jpg
まぁ、そんな感じで
マーブル君が不安に思う事や苦手に思う事を
少しずつ大丈夫になれるように練習しています。
本当は犬と遊べると良いのかもしれませんが、
最初から遠くて険しいゴールを目指すと途中で息切れしたり、
嫌になってしまう事は多いですから、
「吠えている犬をスルーできるようにしてあげる」とか
「吠えなくても大丈夫な事を教えてあげる」など、
短い期間で達成できそうなゴールを想定し、
ゴールを目指して少しずつ歩んで行くうちに
いつの間にか、理想としていたゴール地点に到着していた。
と言う事もあるかもしれませんし、
その方が犬も飼い主さんも肩の力が抜けて
良いのではないかと思います(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫