キラキラなマーブル君

 2013-07-11
01P1060155.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「マーブル」君です。

02P1060159.jpg
今は先住犬が居ないので、
一頭飼いの一対一の生活を満喫してします(^^)

03P1060161.jpg
先住犬が居ないこの1週間ちょいの間に大きく変わった点はと言うと、
今でもたまにしていた留守中の排泄アピールが無くなった事ですね!

04P1060192.jpg
トイレ以外の場所で「排泄をする」と言うのも、
人間からすると問題行動に思えますが、
犬からしてみれば「そこにメリットがあるからしている」と言う事は多いです。
多分、前の飼い主さんがトイレ以外の場所で排泄をすると大騒ぎをして、
マーブル君に関心を示してくれたか、
トイレ以外の場所で排泄をされるのが嫌で出かけないようにしていたか
トイレ以外の場所で排泄をされるのが嫌でマーブル君の要求に答えていたか・・
そう言う過去があったのかもしれません?
05P1060185.jpg
まぁ、マーブル君の場合は、
まず、室内排泄をさせる事が先決だった為、
家の中で排泄する事に対して嫌なイメージを持たないよう、
排泄を失敗しても、叱らずに無視をしてきたのですが、
最近は室内排泄も完璧になりましたし、
毎回、するわけではなかったので様子を見ていたのですが、
「してはいけない」と言う事を分かっているにも関わらず
「わざとしている」と言う感じだったので、
一対一になったこの機会にしっかりと向き合ってみた所、
留守中の排泄アピールも無くなった・・と言う感じです(^^)
06P1060194.jpg
最近は「叱ってはいけない」と言うしつけの仕方を推奨する方も多いですが、
叱る事が悪いと言うよりは、
叱ってばかりで正解を教えなかったり、
犬がまだ理解していない事を叱ってしまったり、
殴る蹴るなど暴力を用いたりと、
「叱り方」に問題があるから、
叱る事で余計に問題が大きくなってしまうのではないかと思います。

「叱る」と言う事も「教える技術」の一つであり、
きちんとした知識と技術が必要な事だと思います。
ちなみに動物の中では高い知能を持つチンパンジーは子供を叱らないそうです。
じゃあ、叱らない方が正しいのか?と言うと、
チンパンジーは褒めもしないそうです・・・
つまり、人間だけが褒めたり叱ったりできる・・
と言う事かもしれません?

新しく買ったスマホに
動画を撮りつつリアルタイムでエフェクトを入れられるアプリが
あったので撮影してみました。

ちょっと困ってますね(笑)

こっちは「キラキラ」です。

撮られていても動じないのは良いですけど、
ちょっと動じなさ過ぎ?(笑)
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫