犬のリーダーになる為には?

 2013-06-20
「犬のしつけ」と言うと、ほんの少し前までは
「アルファ・リーダー論」が主流でしたが、
最近では「犬の社会にリーダーは居ない」とか、
「犬の社会に序列は無い」とまで言われる事も多くなりました。
01b_20130620194828.jpg

ただ、群れで生きる動物は、お互いの為・・
食事の度に無駄な争いを避ける為、
あらかじめ「どちらが強いか?」を認識しておく事もあるそうですし、
そもそも、「リーダー」や「上下関係」が悪いわけではなく、
立場が上の者が立場が下の物を虐げたり暴力を使ったり・・
そうした、階級的思考・・支配的な考え方や行動をするのが
間違っているのではないかと思います。

しかし、そもそも「リーダー」とは何なのでしょう?
どうしたら「リーダー」になれるのでしょうか?
犬に信頼される事でしょうか?
犬に尊敬される事でしょうか?
その通りかもしれません?
でも、信頼される為に自分の強い所を誇示したり、
尊敬される為に犬を力で支配してみせてみる・・言うのは、
ちょっと違うような気がします。

ちなみに人間が人間を「尊敬」する場合、
その人が「強いから」とか「金持ちだから」と言う理由で
尊敬するわけではないと思います。

その人が人生の先輩として学ぶべき所が多い・・
自分がこれから生き抜いて行こうとする社会の中で
高いスキルを持っており、
それを教えてくれるから尊敬するのではないかと思います。

部活や仕事でもそうですよね?
一番、高い技術を持っていたとしても、
自分の事ばかりで、それを教えてくれない先輩や、
代わりに仕事をやってくれるのはありがたいけど、
仕事のやり方を教えてくれない先輩よりも、
厳しさもあるけどきちんと教えてくれる、
2番手、3番手の先輩の方が尊敬できたり、
好きになる事は多いと思います。

そう言う面で言うと、
最近、小学校低学年の授業に
バスの乗り方や買い物の仕方・・
友達との付き合い方などを学ぶ、
「生活科」と言う教科ができたそうですが、
子供の「尊敬できる人物」の中に
「親」と書かれる事が少なくなったのは、
あれはダメ、これはダメと叱ってばかりだったり、
勉強だけが社会を生き抜くスキルだと言うかのように「勉強、勉強」と言ったり、
子供がやるべき事を先回りをしてなんでもやってあげてしまったりと、
社会を生き抜く為のスキルを子供に教えてあげない親が増えた為、
人生の先輩として認められなくなってしまったからかもしれません?

そして、それは犬も同じだと思います。
犬も叱ってばかりで褒めない・・
甘やかすばかりで「正解」を教えてくれない飼い主さんの事は、
「関心」を持っていない事は多いような気がします。
02_20130620194828.jpg

そして、犬に尊敬されない・・関心を持って貰えないから、
犬の関心を引こうとして、より大声で怒鳴ったり、体罰を使ったり、
おやつで釣ったり、アイコンタクトの練習をするのかもしれませんが、
それをする事で、余計に関心をもたれなくなってしまう事も
多いと思いますので注意が必要です。

そもそも、おやつで釣るのが悪いとか、
アイコンタクトが必要無いとかではなく、
飼い主さんが犬に尊敬され、関心を持たれていれば、
おやつのあるなしや
アイコンタクトの練習をするとかしないとかは関係が無いと思います。
なぜなら、犬が飼い主さんの事を大好きになれば、
こちらが指示をしなくても犬の方から見てくれるから・・
ですから、本当に必要なのは
「犬の心を動かす方法」について考える事だと思います。
03_20130620194827.jpg

ーと言う事で、犬の尊敬を得る為には、
犬社会と人間社会の中で生き抜く術を教えてあげる・・
犬に正しい行動を教えつつ、
犬自身に考えさせ、選択させ、行動させ、
そして、飼い主さんは犬の行動に対し、
良い行動は褒め、悪い行動には注意を促すようにすると、
犬もそうした事を教えてくれる飼い主さんの事を
尊敬してくれるようになるのではないかと思います。(^▼^)ノ
04b_20130620194825.jpg
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫