意外と凄いマーブル君

 2013-04-05
00DSC00617.jpg
平和な朝・・・(^^)
ウチは犬と一緒には寝ませんので、犬達はクレートの中です。

ーとは言っても、別に犬と一緒に寝る事を否定も批判もするつもりはなく、
単に自分が寝ている間に犬を潰してしまわないか?と心配で寝られない為、
一緒に寝ていないだけです(^^;

ちなみに西欧では親子で一緒に寝る事はないそうです。
そう言われると、向こうの映画などを見ても
子供に絵本を読んで寝かしつけてあげたりはしますが、
かなり小さい子供でも最終的には別々で寝ている気がします。
まぁ、だからと言って、「西欧の子供は自立している」とか
「しつけが良い」とか「一緒に寝ない方が子供の行儀が良くなる」とは思いませんし、
そもそも、西欧の子供をよく知りませんが、
「一緒に寝てあげないと可哀想・・」と言うのもちょっと違うかもしれません?

ちなみになんで「平和な朝」かと言いますと、
マーブル君が来た時は深夜とか早朝など、
時間に関係なく吠えたり暴れたりしていたので寝不足だったからです(^^;


そんな感じなので、
マーブル君に対しては「時間がかかりそう」だと覚悟をしていたのですが、
コマンドコミュニケーションをしてみると意外にも物覚えが良く、
すぐに興奮するわりには集中力が高く、
自信がないわりには積極的だったりしてちょっとビックリでした。


「鉛筆に鼻を付けられると
 クリッカーが鳴っておやつが出てくる」
と言うルールでクリッカーをやってみたりしても、、
意外とすぐに関連性に気づいてくれたりしてビックリ!?
まぁ、実際は鉛筆では無く、
手に持ったクリッカー自体に興味が行っていましたが、
それでも「鼻をつける→音が鳴る→おやつが出てくる」
と言う関連性にすぐに気づけたのは、
頭が良く、柔軟な思考を持っているからだと思います。

最近では、物音や同居している先住犬の動きに対しても吠える事は減り、
「我慢」や「順番」と言った事も
少しずつ理解してくれていると思います。


一時期は「分離不安」的な吠えもあったのですが、
「吠えたいなら吠えていれば?」と言う感じで部屋から出て行き、
吠えていない時にそっと近寄っておやつを与えて褒めてあげているうちに
分離不安的な吠えも減ってきて、
自分が家の中に居る時も留守にしている時も
静かに待てる事が多くなってきたのは良かったです(^^)

まぁ、まだまだ、吠えてしまう事も多いですし、
できない事も沢山、ありますけど、
日々の成長を間近で見られると言うのはかなり楽しいですので、
これからの成長に期待です♪ (^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫