嫌な事をして犬に言う事を聞かせていませんか?

 2013-03-05
10DSC02831.jpg
犬が言う事を聞かない・・
犬の名前を呼んでも戻ってこない時、
「もう、知らない! 
 置いて行くからね!!」
と言って帰るふりをした事がある飼い主さんも多いと思います。

特に「ドッグラン」など、
リードがついていない状態で犬を捕まえようと思った時、
追いかけても逃げられてつかまらない・・
そんな時に使う事が多いと思いますが、
「置いて行く」と言いつつ実際には置いて行かない・・
ただの「脅し」ですぐに戻ってくる・・と犬が理解してしまうと、
もうこの方法は使えません。

また、犬と飼い主さんの関係性が薄く、
飼い主さんよりも犬と遊ぶ方が楽しい・・となると、
置いて行かれても焦らない・・
置いて行こうとする飼い主さんの事を見ようともしない・・
となると、脅しにもならないですし、
「じゃあ」と、一時的にしろ、
本当に犬を置いて行ってしまう飼い主さんも居るようですが、
「ドッグラン」などでは自分の犬を
しっかりと見ておく義務と責任がありますので、しつけの為とは言え、
ドッグランで犬を置いてどこかに行ってしまうのはマナー違反ですし、
犬が飼い主さんに置いて行かれた事に気づいた時、
「飼い主はいざと言う時に置いて行く・・」と記憶し、
飼い主さんを信頼しなくなってしまう事もありますので注意が必要です。

まぁ、そう言う感じなので
「置いて行くふり」を使った事はあるものの、
多用する事は少ないと思いますが、
犬に対して嫌な事を言ったりやったりして言う事を聞かせよう・・
と考える飼い主さんは多いのではないかと思います。

「言う事を聞かないと、散歩に連れて行かないよ!」と言ったり、
犬が嫌いな音や道具を使ったり、
力ずくで犬を押さえ込んだり、叩いたりと、
犬を追い詰めて言う事を聞かせようとする方が一般的ではないかと思いますが、
もし、それで犬が言う事を聞いたとしても
その方法では、犬を追い詰めないと言う事を聞かない犬になってしまうと思います。

すると、犬はますます言う事を聞くのが嫌になり、
飼い主さんはもっともっと犬が嫌がる方法で言う事を聞かせようとしてしまう・・・
マイナス思考の悪循環ですよね?

そもそも、そんな意地悪で嫌な事ばかりをする
飼い主さんの事を犬は好きになるでしょうか?
素直に言う事を聞こうと思うでしょうか?
ですから「犬が言う事を聞かない時にどうするか?」と言うネガティブな発想ではなく、
「犬に言う事を聞いて貰うにはどうするか?」とか
「犬が言う事を聞けた時にどうやって褒めてそれが良い事だと伝えるか?」と言う
ポジティブな発想に飼い主さん自身が切り替えて行く必要があると思います。

今の学校教育や社会の仕組みは「減点方式」が基本です。
100点が基準でそこからマイナスを見つけて行く考え方なので、
子供や犬に対しても「できて当たり前」・・
できない所を探して行く「マイナスな発想」になりがちです。
ですから子供や犬を褒めようとしないですし、
そもそも、褒めると言う発想にならない事は多いのでないかと思います。

できない事を叱って強引に言う事を聞かせるのではなく、、
飼い主さんが言わなくても犬が自分で正解を導きだせた時は褒め、
犬の行動を認めてあげる・・
そう言う事を繰り返すと、犬の自信になりますし、
犬の良い面も沢山、見えてくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫