新しい生活習慣を小梅ちゃんに教える

 2013-02-23
03DSC07081.jpg

「アニマルプロテクション」さんから
一時お預かりをさせていただいている「小梅」ちゃんですが、
散歩を始めたばかりの頃はあっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・
興奮状態で情動的に行動し、引っ張りも強いので大変だったのですが、
今は少しずつですが落ち着きも出てきてくれ、
ジグザグ歩きも減ったので、かなりお散歩が楽になりました。

まだ、犬を見ると大興奮になってしまうので、
最初は刺激の少ない夜の時間帯を選び、
散歩自体を習慣化する事で散歩中も興奮し過ぎないよう、
慣れて貰う事からはじめています(^^)

あとは、室内排泄の習慣づけもしています。
小梅ちゃんは室内だろうがなんだろうが
排泄をしたくなったらその場でしてしまいます・・
もし、今まで室内飼いをされていたら
排泄をしてしまった時に「飼い主が驚くかも?」とか
「飼い主に怒られるかも?」と言う風な表情でこちらを見ると思うのですが、
全く悪気もない素振りなので、
多分、外飼いをされていたのだろうと思います。
ただ、幸いな事に自分の身体が汚れる事は嫌うので、
クレートから出してトイレに導き、
トイレの習慣をつけると言う方法が使えるので
これから少しずつ、理解してくれると思います。

(こう言う事を書くと貰い手が減ってしまいそうですが、 
 きちんと小梅ちゃんの事を理解していただきたいと思いますし、
 動画(↓)のように自分からトイレに歩いて行って
 排泄をしてくれているので
 この習慣を続けて行けば大丈夫だと思います)


動物は本来、綺麗好きだと思います。
なぜなら汚れから細菌やウイルスが繁殖し、
それが原因で病気になってしまう事を本能的に分かっているからです。
でも、飼い主さんが糞尿で犬が汚れていても気にしない・・
「アニマルホーダー」的だったりすると、
犬は自分の身体が汚れる事を気にしなくなってしまいます・・
そうなってしまうと排泄を我慢しないので、
トレイトレーニングは格段に難しくなってしまうので大変なのです。

勿論、トイレの習慣づけをすると言っても
最初はなかなかうまく行きません・・
「ここがトイレだよ」と言った所で
そもそも、犬に「トイレ」と言う概念があるのかどうか?
排泄をしたくなったらその場でしてしまう方が犬にとっては自然かもしれません?
では、どうすれば良いか?
まずは犬が失敗しても大騒ぎせずに「室内で排泄ができた事」を褒めてあげます。
犬用のトイレシートなどに書かれている「トイレのしつけ方」には
「犬がトイレシート以外の場所で排泄をしたらしっかりと叱りましょう」
などと書いてある事もありますが、
新しい習慣を身に付けさせる時に「叱り」は必要ありませんし逆効果です。

犬は失敗しても叱られないのですから、
室内で排泄する事に嫌なイメージは持ちません。
そして、飼い主さんが犬をよく観察し、
犬が排泄をしたくなったトイレに導いてあげる・・
排泄ができたら褒めておやつを与えてあげれば、
段々と犬も人間の導きがなくても、
排泄がしたくなったらトイレに行くようになると思います。

ダックスなどは胴が長く、
自分ではトイレの中でしているつもりでも
トイレシートの外にしてしまっている事も多いです。
でも、失敗していたとしても「やろうとした事」を褒めておやつを与えます。
大事な事は犬が失敗する度に「根気よく叱る」のではなく
犬が成功できるまで「根気よく褒める」・・
「根気よく待つ」事ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫