明日で一週間目の小梅ちゃん

 2013-02-21
001DSC06143.jpg
アニマルプロテクションさんから一時お預かりをさせていただいている
「小梅ちゃん」がウチに来て、明日で一週間になります。

人間から虐待を受けて育った犬は人に対して強い警戒心を持っている事は多いですし、
甘やかされて育ってきた犬は人に対して命令的な態度をする事は多いですが、
この子は、人に対して悪い印象を持っているわけではありませんし、
かと言って、自分の思うとおりに人間を動かそうと考える事もなく、
ある意味でニュートラルな心を持っていてくれるのでとても素直です(^^)

散歩にそれ程、行っていない感じがするわりには筋肉質ですし、
日焼けの後があるので、多分、広い庭で外飼いをされていたのではないかと思いますが、
人間からそれなりに愛情を受けて育ったと思われるものの、
「オスワリ」と言った基本的なコマンドも教わっていないようですし、
かと言って他の人や犬に吠えたりするような
「番犬」的な吠えや行動もありませんので、
かなり特殊な環境で育っていたのではないかと思われます。

ーと言う事で最近の動画です。

最初は「オスワリ」と言っても「?」と言う感じだったのですが、
教えたら、数回で「オスワリ」と言う言葉と
正解の行動を結びつける事ができました。
「クルン」と言った回転の動きもまだまだですが、
すぐに自分で正解の動きを導き出せると思います。

その後は足の間をくぐる「8の字歩き」ですが、
これも始めたばかりですが、
ある程度、動きに対する関連付けはできてきている感じがします。
それから足の下をくぐり、足の上をジャンプして戻る・・
と言う動きを教えてみました。
中には足の下を通る事を怖がったり、
人間の求めに対するひらめきが遅い子も居ますが、
怖がる事も無くドンドンと行動できたり、
瞬く間に進歩して行く力はジャックと言う犬種の凄さのように感じます(^^)

そして「クリッカー」です。
「棒に鼻を付けられたらクリッカーが鳴っておやつが出てくる」
と言う知能ゲームなのですが、
これも数回でルールを理解したみたいです。
まぁ、まだ、他に興味のあるものがあると行ってしまいますが、
練習すれば練習するほど技術が上がって身体の動きがスムーズになるように、
頭も使えば使うほど知力が上がって思考の流れがスムーズになり、
より難しい事を考えられるようになったり、
集中できる時間が長くなって行ってくれると思いますので
これからも続けて行きたいと思います。

最後は「クレート」に入る練習です。
動物は本能として身を隠せる場所に居た方が安心できると思います。
そして安心できる場所が確保できるからこそ
ゆっくりと休めるのではないかと思います(^^)
また、ゆっくり休めると睡眠も充分に取れます。
以前、「アメトーク」の「勉強しかしてこなかった芸人」の回で、
オリエンタルラジオの中田さんが
「覚えた事を記憶として定着させるには、睡眠をとる必要がある。
 人は寝ている時に一日のできごとを記憶するのです」

と言っていましたが、犬も同じです。

「いくら犬に教えても覚えない」と言うのは、
もしかしたら、睡眠不足が原因かもしれません?

まぁ、そんな感じでコマンドコミュニケーションの方は順調なのですが、
この表情のように、人に対してはまだ本当の意味で心を開いているわけではありません。

呼べば来るし、コマンドを言うと正解の動きをしてくれます。
でも、それだけです・・
これから少しずつ、
本当の意味での信用と信頼を得られるよう
小梅ちゃんの心と対話して行こうと思います(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫