ミッキー君の最近の日常

 2013-02-09
00DSC05052.jpg
先住犬とアニマルプロテクションさんから
一時お預かりしている「ミッキー」君の朝の様子です(^^)


朝の排泄ですが、ウチでは落ち着いて排泄ができるよう、
1頭ずつ順番に排泄をするようにしています。
来たばかりの頃のミッキー君は先住犬が出ていると
「自分も出せ!」と吠えて要求していたのですが、
それを無視して「順番に出す」と言う生活習慣を続けているうちに
自然と我慢を覚え、自分の順番が来るまで
大人しく待つ事ができるようになりました♪


ごはんの様子です。
ウチに来たばかりの頃のミッキー君は、
ごはんの用意をしている時、興奮を抑えきれずに吠えたり、
ピョンピョンと垂直ジャンプをしていたのですが、
ジャンプはあまり良くないので、
吠えたりジャンプをしたら
「ごはんの用意を中断する」などしているうちに、
ある程度、落ち着いて待つ事ができるようになりました。
また、クレートの中でごはんを食べさせるようにしているうちに
自ら進んでクレートの中に入るようにもなってくれました♪


食事休憩の後は順番に「コマンドコミュニケーション」をしています。
こちらも先住犬が先なのですが、
ミッキー君は順番を待っている間、少し鼻が鳴ってしまうものの、
吠えたりクレートをひっかくなどの要求的行動をせず、
大人しく順番を待てるようになりました(^^)


そして最後に足裏の毛を切ったり、
爪を切ったり、耳のケアをしたりします。
これも毎日、行う事で慣れてくれたようです。
毛や爪が伸びてから切るよりも、
毎日、少しずつやっていた方が習慣化して
犬の方も受け入れやすくなりますし、
チョコチョコとケアをしていた方が、
短時間で終わらせられるので
犬への負担も少ないように思います。
しかし、ミッキー君はバリカンの音がしていても
余裕で尻尾を振っていたり、
身体を洗った後のドライヤーも平気だったりと、
意外と小さい事は気にしない大物だったりするんです♪(笑)


お散歩の様子です。
ミッキー君だけ撮っていると、
すごく早足で歩いているように写ってしまうので、
自分の足運びも一緒に・・(笑)
うちに来た頃は名前の認識が薄くて、
「ミッキー」と呼んでも反応しなかったのですが、
今は「ミッキー」と呼ばれると良い事があると
認識してくれたようです(^^)
最後の方に番犬飼いをしているお宅の前を通ったのですが、
吠えられてもミッキー君は吠え返すでも怖がるでもなく、
淡々と歩いて「なんなら挨拶にでも行こうか?」
と言う余裕すらあるような感じでスルーができています。

ミッキー君はこれまで、
あまり散歩に行ってない感じが日常のしぐさや
リアクションの中から見受けられたのですが、
まだまだ、外に対する不安があるものの、
それ程、強くリードを引っぱる事も無くなりましたし
これから、沢山、お散歩をして、
良い経験を沢山、積んで行けば大丈夫だと思います(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫