犬猫飼育のパンフレットを自炊する

 2013-02-02
DSC04721.jpg

先日、電子ノートよりも「ポータブルスキャナ」の方が良いかも?
ーと、冗談で書いたら本当に欲しくなってしまい、
値段の安さで「スキャミル」を買おうかと思ったのですが、
読み取り速度を重視して「ScanSnap S1100」を買ってみました♪
01DSC04664.jpg
・・と、言っても中古なんですけどね(^^;

02DSC04681.jpg
本体の大きさは30cmのサランラップぐらいかな?

03DSC04683.jpg
USBケーブルでPCとつなぎ、
スキャナーの挿入口カバーを開けると起動します。
ACアダプターも必要なく、USBケーブル一本で動くのは良いのですが、
「スキャミル」はPCに繋がなくても単体でスキャンが可能なのに対し、
こちらはUSBケーブルでPCと繋ぎ、ソフトを起動させないと動きません・・
ちょっと残念。

ちなみにポータブルスキャナをどうして買ったのか?と言いますと、
色々と理由はあるのですが、
家にあるチラシやパンフレットを電子化したいと言うのがあったからです(^^)

04DSC04686.jpg
早速、取り込んでみました。
600dpiで読み取る事もできるのですが、
物凄く時間がかかるみたいなので300dpiで読み込んでみます。
画質的には普通と言う感じ。
ただ、一枚あたり約7.5秒と言うスピードで
読み込んでくれるのであっと言う間です。
(ちなみに「スキャミル」だと300dpi固定で、
 A4サイズをカラーで読み込ませると約20秒ほどかかるみたいです)

「スキャミル」


「S1100」



05DSC04694.jpg
っと言う事で、まずは押入れの中にあった
古い請求書や資料などを取り込む事にします。
いらないと言えばいらないのですが、
後で確認したくなる事もあるかもしれませんからね・・(^^;

06DSC04696.jpg
スキャナーで取り込んだ後は
シュレッダーで裁断します。

07DSC04706.jpg
あっと言う間にこんなになってしまいました(^^;
逆に言うと、これだけの紙が占めていた
押入れの中のスペースを空ける事ができたので、
部屋が少し広くなった気がします(^^)

08DSC04712.jpg
あとはこう言った動物関連のパンフレットや資料もPDF化する事にします。
中にはPDF化されていてHPで見る事ができるものもありますが、
そうでないものはホッチキスを取って、
カッターでページごとに分断します。

犬猫関連のパンフレットと言うと子供向けと思われがちですが、
実際はとてもためになったり勉強になる事が書かれていますし、
資料的価値も高いのでオススメです(^^)

こう言う風に自分の本を電子化する事を「自炊」と言うそうですが、
パンフレット程度ならまだしも、
何百ページもある本を自炊するのは「S1100」では無理そうです(^^;

本当は犬の本が沢山あるので自炊して捨てたい気もするのですが、
実際の所、古い犬の本は昔の犬の知識や基準、
倫理や価値観で書かれている事が多いので、
取り込んでも読み返す事も無いだろうし、
かと言って、最新の研究結果が書かれた新しい本を分断するのは嫌だし・・
結局、犬雑誌の良い所だけを切り抜いて
電子化して保存するのが良さそうです。
あぁ・・でも「自炊」は憧れるな~(^^)
両面が一気に読み込める「S1500」が欲しい♪

「スキャナ対決 ScanSnap S1300 vs S1500」


でも、もし、どうしても「自炊」がしたくなったら
みなとみらいのTSUTAYAに行く事にします。
「TSUTAYAで裁断機とスキャナー貸し出し 1冊300円で“自炊”可能に」
カテゴリ :お買い物レビュー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫