後ろ回転をマスターしたミッキー君♪

 2013-01-23
00DSC04289.jpg

先日、練習途中の動画をアップした
ミッキー君の「後ろ周り」ですが、
あの後、すぐにひらめきがあったようで、
次の日には完璧に近い感じで後ろ周りができるようになりました♪(^^)


コマンドやハンドシグナルも
かなり理解してくれたようなので、
もう少ししたら次の技にもチャレンジしてみたいと思います!

ちなみに今はクリッカーを使って
「ボールレトリーブ」の練習をしています。

もともと、ミッキー君は少しおもちゃ依存があり、
おもちゃを抱え込んだまま離してくれない所があったのですが、
クリッカーを使い、
「おもちゃに近づいたらクリッカーを鳴らしておやつ」
と言う風にした事で、「おもちゃ<おやつ」と言う認識が高まり、
おもちゃへの執着心を無くす事ができました。

まぁ、犬におもちゃを与えて一人遊びをして貰いたい・・
と言う飼い主さんは「おもちゃ依存」があった方が良いかもしれませんが、
犬と飼い主の絆作りの為には
一緒に遊ぶ事が一番だと思いますので、
是非、一緒に遊んであげて欲しいと思います♪ (^▼^)ノ

でも、ボールレトリーブでおやつを与えていると、
食べ物依存が高まるのでは?
と心配になる飼い主さんも居るかもしれませんが、
「食べ物が欲しい」と言う気持ちと、
「食べ物に執着して人の言う事を聞かなくなる」と言う問題は別・・
それこそ、教育や心の問題では無いかと思います。

以前のミッキー君です・・・

食べ物が欲しくて棚に飛びついたり、
棚の周りをウロウロしています。

でも、今はこう言う事はしませんし、
これから先、食べ物が欲しいと思ってもこう言う事はしないと思います。
でも、それななぜか?
自分勝手に行動するよりもルールやマナーを守り
人間の言う事を聞いた方が良い事があると理解したから・・
人と関りを持つ楽しさを学習してくれたからではないかと思います。

もし、食べ物が無いと犬が動かない・・
いくら教えても犬が覚えてくれない・・
と言う場合、その教え方は犬には分かりづらい・・
犬には伝わっていない教え方なのかもしれません?

犬だって、きちんと知識や知恵を与えれば
「自制心」が身につきますし、
ルールやマナーを理解してくれます。
おやつが良い悪いと言うのではなく、
犬にも伝わる教え方をしてあげて欲しいと思います♪(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫