犬との絆作りに大切な事

 2012-10-31
20DSC05302.jpg

人に対して吠えたり咬んだりなど、犬が攻撃的な行動を起こした時、
周囲の人から「犬を甘やかすからだ!」と注意される事は多いと思います。

でも、「甘える」と言うのは「何かを求める」と言う事です。
それは「愛情」だったり「助け」だったり「物」だったりと様々ですが、
「愛情」を求める犬に愛情を与え、
「助け」を求める犬に助けを与える事は間違いでしょうか?
それに、本当に大切にされて育った犬ならば、
攻撃的に人を咬んだりはしないと思います。

しかし、一般的に「甘えは良くない」と言われています。
人間の場合も、
子供が不良になれば「親が甘やかしているから」と言われ、
子供が不登校やニートになれば「親が甘やかしてるから」と言われてしまいます。
そうやって子供に何か問題が起きると、すぐに親にせいにされてしまう為、
親は子供の甘えを許さず・・
「強い子に育てなければ・・」
「厳しく育てなければ・・」
と、厳しい態度で接してしまう親が増えてしまっているのかもしれません?

でも、それは犬の場合も同じように思います。
犬に何か問題が起きると、
すぐに「飼い主が甘やかしているから」と言われてしまう事は多いです。
でも、犬が愛情を欲しがっているのに
飼い主さんがそれを拒否し続けたらどうなるでしょう?
犬は不安や孤独感から自信を失ってしまいますし、
心が不安定になり、不安症や依存症が出てしまう事も多いのではないかと思います。

「甘え」と「甘やかし」は違います。
「甘え」は犬が愛情を欲しがっていたり、
不安から飼い主さんに助けを求めてくる行為であり、
「甘やかし」は犬が求めていないのに、
飼い主さんが「犬の為に何かをしてあげたい」と、
やってあげてしまう行為を言うと思います。

ですから「甘やかすから問題が起きる」と言う事では無く、
「甘やかす事はよくない」と言う
先入観や固定観念から叱ってばかりで犬を突き放してしまい、
厳しく育てようとした結果、問題が起きるようになってしまった・・
のではないかと思います。

勿論、犬からの「甘え」を全て許容するわけには行きませんが、

「犬が甘えてこない・・」
「犬が困った事があっても自分で解決しようとして
 飼い主さんを頼らない・・」
「オヤツを使わないと言う事をきかない・・・」

と言う態度を犬がするとしたら、
それは、犬からの「甘え」を拒絶してきたからかもしれません?
「絆」は飼い主さんからの一方的な気持ちだけでは作られません・・
犬の側からも飼い主さんに「愛情」を求める気持ちが必要なのです。
ですから、犬と「絆」を作る為には「甘え」を認め、
受け入れてあげる事が大切だと思います(^▽^)/
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫