呼んでもダラダラとしか来ない犬

 2012-10-20
10DSC04248.jpg

飼い主さんが犬を呼んだら聞こえないフリをするのでキツく叱ったら、
ようやく来たけどダラダラと歩き、
途中で座り込んだり耳をかいたりと面倒臭そうな態度・・
イライラして「早くしなさい」とさらに叱ってしまうので、
段々と犬に避けられるようになってしまった・・
なんて話をよく聞きます。

広場やドッグランなどで、
他の犬は呼ばれたらすぐに飼い主さんの所へ走って行くのに、
うちの子だけは知らんぷりで違う場所へ・・
恥ずかしくて、叱っても効果が無いとは分かっているんだけど叱ってしまう・・
叱ってばかりではダメだと分かってはいるけど、
言わないとやらないのだから仕方が無い・・
ーと言う飼い主さんも多いと思いますが、
そう言う場合、叱るとか叱らないの前に
普段の接し方を見直す事も大切かもしれません?

普段から犬の名前を呼んで叱っていたり、
何かある度に命令口調で指図ばかりしていると、
犬も「やる気」が無くなってしまう事は多いと思います。
また、飼い主さんのイライラから
「早く、早く」と犬を急かしても逆効果ですので、
「どうしてグズグズしてしまうのか?」と、
犬の気持ちを考えてみるのも大切だと思います。

しかし、分かってはいても、
飼い主さん同士の中でも
「犬育て」に対するプレッシャーがあり、
「あそこの犬は吠える」とか「あそこの犬は言う事をきかない」など、
陰口を叩かれる事もあるそうですし、
家庭内でも旦那さんや姑から「きちんと犬をしつけろ」と言われ、
真面目な飼い主さんほど「ちゃんと犬をしつけなければ」と追い詰められ、
孤独感とプレッシャーから、
つい感情的に犬を叱りすぎてしまう事も多いみたいです。

でも、そう言う風に、飼い主さん自身が
強いプレッシャーを感じてしまっていると、
なかなか、穏やかで落ち着いた犬育てができない事は多いです。
ですから「理想の飼い主さん」を目指すのではなく、
「楽しい飼い主さん」を目指すと言うのが良いと思います。

実際、ドッグトレーナーの先生はおもちゃやボールを使った遊びを通して
犬の気持ちを掴むのが得意な方が多いですし、
飼い主さんが楽しく、感情をオープンにして接していれば、、
犬もどんどんと心を開いてくれる事は多いです。
そうして犬との楽しい経験を積み重ねていけば、
今度は飼い主さんが呼ばなくても
犬の方からやってきてくれるようになると思います♪(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫