結果よりも重要なこと

 2012-09-01
001DSC08318.jpg
今日のはるき君です(^^)
はるき君は「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせて頂いている子です。
とっても良い子ですよ~♪ (^▼^)ノ

002DSC08299.jpg
身体もふっくらとしてくれて毛艶も凄く良いと言われます。

003DSC08307.jpg
後姿も良い感じ!
毛質も綺麗でフワフワで~す!(^^)

そんなはるき君ですが、
最近は「手に持った棒(えんぴつ)の先に鼻先をつける」
と言うゲームをしています。

正解の合図としてクリッカーを鳴らしおやつをあげます。
クリックスティックを買うお金が無いので代用(笑))
004DSC08099.jpg
↑こう言う感じに持って使ってます。

クリッカーを始めるようになってから
自分が出すクイズに対し、正解を導き出す時間が段々と早くなりました。

ちなみにこのゲームのその前には「コップ倒し」と言うゲームをしていました。
床に置かれた「コップ」を鼻先でつつくと正解としておやつを1つ。
そのまま「コップ」を倒す事ができたら大正解としておやつを3つ。
と言う風にしていたので、
今回の「棒に対して鼻先でつつく」と言うクイズに答えを導き出すまでに
そんなに時間はかからなかったのですが、
大事なのは答えを導き出そうと言う「やる気」と
クイズを出している僕が「何を求めているか?」を考えてくれる
「意識」や「気持ち」だと思います。

最近は「しつけ本」も増えて、
「オテ」や「オスワリ」を簡単に効率良く教える方法が書いてあったり、
逆に「お手」や「お座り」と言った動作を教える事に意味は無いとして、
教えないトレーナーさんも居ます。
自分も「お手」や「お座り」自体に意味は無いと思いますが、
本来は「動作ができる事」が重要なのではなく、
それを教える過程において、
人は犬に対し「どうやって教えようか?」とか
「分かりやすく伝えるには?」を考え、
犬は人に対し「何を求めているのだろう?」とか
「どう言う動きをしたら褒められておやつが貰えるのだろう?」
とお互いに相手の気持ちや意図を考え、
「伝えよう」とか「分かり合おう」と言う姿勢・・・
その「プロセス」が大切なのではないかと思います(^^)

最後に先住犬が「コップ倒し」をしている動画です。
もう何年もやっているので、
こちらが求めている事を察知するのが早いですし、
自信がある為、動きが機敏です。


こうして犬が人の求めている事を考えてくれるようになると、
お互いの生活がとても楽になります。
まぁ、その為にはまず人が、犬の事を物凄く考えてあげる必要がありますけどね(^▼^)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫