犬と遊ぶと悪い子になる?

 2012-08-29
22DSC06010.jpg

飼い主さんとなら楽しく遊べる犬も
家の外で他の犬と遊ばせようと思うと
なかなか、思うようには行かない事は多いです。

仔犬は勿論、成犬でも犬同士の関わり方が
よく分かってない子同士が遊ぶのですから、
どうしてもお互いの我・・
欲求のぶつかり合いになってしまう事も多いと思います。

吠えたり吠えられたり・・
追い掛け回したり逃げ回ったりと大騒ぎになり、
過剰に興奮してしまう事もあったりしますが、
でも、それも犬にとっては大切な経験ではないでしょうか?
勿論、噛み合いの喧嘩をさせてしまってはダメですが、
「遊び」を通してある程度、不快な思いをしたり、失敗する事で学習し、
それを乗り越えて行く事が大切だと思います。
もし、飼い主さんが「吠えてしまったからダメ」とか、
犬が不快な思いをするのが「可哀想」と思い、
失敗しないように先回りをして助けてあげてしまえば、
犬は新しい事を経験する事も自分で乗り越えたり、
失敗をしないようにする方法を学ぶチャンスも失ってしまいますからね・・

ちなみに犬同士が遊び始めるきっかけは
「相手を怒らせる事から」が多いです・・、
吠えて相手を挑発し、怒らせて自分の事を追わせる・・
または相手の顔や尻尾をかじって怒らせ、自分の事を追わせる・・
そうして「追いかけっこ」に持ち込もうとする犬は多いですが、
まるで小さな子供が大好きな女の子にちょっかいを出し、
自分の事を追いかけさせて遊びに誘うみたいです。
まぁ、相手の女の子はからかわれたり、
髪の毛を引っ張られたりして嫌かもしれませんけど・・(^^;

でも、そう言うマナーやルールを欠いた遊びの誘い方は危険ですし、
段々と相手にされなくなってしまいます。
そうなると、余計に吠えたり噛んだりして相手を挑発しますが、
無視をされてさらに嫌われる・・
でも、それが理解できず、余計に吠えたり噛んだりして嫌われる・・
悪循環です。

「犬同士はいつも仲良く」と言うのは理想ですが、
実際、犬同士の世界でも「無視」をされたり
「もめごと」が起こる事はあります。
だから、むしろそう言う時に飼い主さんが
「どう接するか?」が大切だと思います。

犬が他の犬に嫌われたり無視をされたりした時、
他の方法を考えずに一つの方法だけをやり続ける子も多いです。
でもそれは、それまで吠えたり噛んだりすると飼い主さんが
理由を考えて解決してくれていたからではないでしょうか?
そうして、犬に考える習慣や我慢する習慣を身につけさせなかった為、
一つの方法がうまく行かなくても、他の方法を考えない・・
思いつかないのかもしれません?
だから、そう言う時は飼い主さんが犬への接し方を変え
犬に考えさせたり我慢させたりするようにすると
他の犬に対しても、違う方法を考えてみたり
吠えないように我慢してみる事は多いです。

服従訓練で飼い主の命令をよく聞く大人しい子が
犬同士の遊びを覚えた途端、興奮して飼い主の抑えがきかなくなり、
悪い子になったような印象を持つ飼い主さんは多いです。
でもそれは、抑えていた「楽しい」と言う感情・・
自分自身の心を開放したからではないかと思います。
それに「遊ぶ」と言っても、吠えたり噛んだりするのは最初の頃だけで
遊び方が洗練されて行くと、興奮しすぎないよう、
飼い主さんの命令が無くても
自分で「セルフコントロール」をするようになります。
つまり「犬と遊ぶ事」はいけない事では無く、
むしろ吠えたり噛んだりと、
他の犬に対して過剰に反応しなくなる為に
必要な経験ではないかと思います。(^▽^)/
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫