日陰の涼しい公園で・・

 2012-08-27
01DSC07762.jpg
まだまだ暑い日が続きますが、
少しずつ日が落ちる時間も早くなり、
夕方近くになると涼しい風も吹くようになりましたので、
いつもより少し早い時間に公園に行ってみる事にしました♪(^^)

02DSC07796.jpg
それでも、日当は暑いので、
涼しい日陰をのんびりと歩きます。
(涼しい風が気持ち良かったですね)

03DSC07710.jpg
匂い嗅ぎが楽しそうです♪
「散歩」と言うと「走る」とか「他の犬に会わせる」とか
「色々なモノを見せる」とか
「運動」や「経験」・・
「ストレス発散」と言うイメージが強いかもしれませんが、
そう言う事も過度になると逆に興奮値が上がってしまい、
落ち着きが無くなってしまうので注意だと思います。

04DSC07803.jpg
逆にのんびりと匂い嗅ぎをすると神経が静まり、
他の犬に会っても穏やかにあいさつができたり、
急に大きな音がしても、一瞬、驚くものの、
再び匂い嗅ぎをする事で落ち着きを取り戻す事も多いです。
たまに一箇所に固執して、ず~っと匂い嗅ぎをしている時もありますが、
焦らず・・急がず・・
匂いを嗅がしてあげるのも良いのではないかと思います(^^)

05DSC07769.jpg
はるき君は草むらでゴロゴロするのが好きみたいです。
まぁ、たまに猫のウンチを
身体にこすり付けたがる子も居るので注意ですが、
この子の場合はモグラの穴とか
そう言う方が好きみたいです。

06DSC07728.jpg
楽しそう♪(^^)

07DSC07748.jpg
2頭の関係は良くも無く悪くも無く・・・
っと言うか、普段は一緒に散歩に行きませんし、
コミュニケーションも別々なので会わせていません。
まぁ、それは何故かと言うと、
もともとはるき君は人に興味を持つ子では無かったので、
まずは人との係わり合いを深める事が大切だと思ったからです。
でも、逆に人との関係性が深まると
落ち着きが出てきて、犬に対しても穏やかに
接する事ができるようになる事は多いです。
犬同士の関係を良好に保つ為には、
まず、飼い主さんとの関係を良好に保つ・・
それが大事だと思います。

08DSC07839.jpg
先住犬がなにやら匂いを嗅いでいます・・

09DSC07843.jpg
ゴロリと転がって匂いをこすりつけていると・・

10DSC07846.jpg
それを見てはるき君も真似をしています(笑)
でも、これも良い兆候だと思います。
他の犬を真似すると言う事は自己中心的では無く、
他の犬を観察するだけの興味を持てていると言う事ですし、
「行動を真似すると良い事があるかも?」と言う事を
考えられるだけの知力があると言う事だと思いますからね。

12DSC07880.jpg

13DSC07886.jpg
まだ夏休みですが、
お盆休みも終わったので
公園に遊びに来ているご家族も
犬連れの方も居なかったですね。

14DSC07900.jpg
背中を見せて遠くへ行こうとするはるき君・・

16DSC07921.jpg
この日、実は変化を感じました。
以前なら公園に来ると、
自由に野原を走ったりして勝手に楽しんでいたのですが、
この日は歩きながらもこちらを気にし、
座り込んでこちらをチラ見するなど、
僕が先住犬に合わせて歩いているのが不満そうな感じでした。
多頭飼いの散歩はここら辺が難しい所で、
「嫉妬」のような気持ちが良い行動にしろ悪い行動にしろ、
飼い主の注目を集めようと言う「動機」になる一方で、
自分に注目が来ない事が分かると
逆に心を離れさせてしまう原因にもなりますので注意だと思います。
飼い主への依存心の強い子ならそれもひとつの手ですが、
はるき君のように、もともと、人への関心が薄い子の場合は
一対一のお散歩を大事にしてあげた方が良いと思いますので、
これからは公園への散歩もなるべく1頭ずつで
来るようにしたいと思います(^^)

18DSC07969.jpg
でも、こちらの事をよく見てくれるようになりましたし、
僕が座ったり呼んだりすると、すぐに来てくれますし、
人が好きになってきてくれたのは
本当に良かったと思います(^^)
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫