明日でウチに来て1ヵ月のはるき君

 2012-08-23
05DSC07699.jpg
はるき君です(^^)

06DSC07708.jpg
最近はとっても優しいお顔になり、
散歩をしていると、通りがかりの人にも
可愛い、可愛いと言われるようになりました♪

07DSC07706.jpg
今日は近所の小学生の子に協力して貰い、
おやつをあげて貰ったり、身体を撫でて貰ったりと
無理の無い範囲で子供への反応を見てみましたが、
意外と全く気にせずに触らせてくれていました(^^)
まぁ、子供が大好きと言う事では無いのですが、
悪い印象は持っていないようなので、
少しずつ子供に対する印象も良くしていけたら?と思っています。
小学生の子も気に入ってくれたようで
「飼いたい」と言ってくれていましたが、
子供に犬の世話ができるとは僕も思えないので、
とりあえず、今は犬の事を色々と知ってもらえればと思っています。

最近の朝の様子です!

以前は先住犬を先に出して、
ウチのルールのお手本を見させていましたが、
はるき君も理解してくれてきたようなので、
今は別々に出してコマンドによる排泄を練習しています。
まだまだ、始めたばかりですが、
それでも、成功率はかなり高くなってきてくれました。

あと、最近は「ハーネスを装着する練習」もしています。

「えっ?」と思われる方も多いと思いますが、
首輪やハーネスの金属音が怖いのか、
散歩は好きだけど首輪をつけようとすると逃げる・・
と言う子も結構、多いので、
こうして普段から練習しておくのも大切だと思います。(^▼^)ノ
あとは、クリッカーの様子ですね。
最近は「雑巾(未使用)」の上に乗ると
クリッカーを鳴らしておやつ・・と言う事をしています。
これ自体に意味は無いのですが、乗るものを音のする紙にしたり、
足の感触が違うビニールにしたりして慣れさせて行くと、
それはそれで、怖いものを減らす社会化の意味を持つと思います。
ただ、これは「雑巾の上に乗るのが正解」と言う、
発想力や関連性を鍛えるクイズゲームみたいなものなので、
まだまだ基礎の基礎と言う感じです(^^)

最後は「足ターン」の練習です。

これも、人間との関係性を築く為のものですね。
昔はこう言う事をやっても途中で勝手に止めてしまう子だったのですが、
途中で止めずに一緒に練習が続けられるぐらいには
絆が深まってくれたと言う事だと思います(^^)

いや、それにしても痩せさせすぎてしまいましたね・・
フードにトッピングを加えたり、
鹿骨などを与えたりするようになったので、
フードの量を調整したつもりが
減らしすぎてしまったみたいです。
今はフード増量中なのですぐに戻ってくれるとは思いますが、
今度は太らせ過ぎないように注意しないと・・(^^;
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫