理想や理論に縛られないしつけ

 2012-08-22
18DSC07569.jpg

犬のしつけ法をネットで調べてみると、
「○○式」とか「○○流」とか独自の訓練法を提唱している人は多いです。
それがどんな理論や手法なのかはお金を払わないと分からないですが、
ちょっと見た感じでは「天罰方式」が多いように感じます。

他にもしつけグッズが次々と販売されていますが、
すぐに犬が慣れてしまったり、装着を嫌がるようになったりと
効果が薄い・・または、長続きしない事は多いみたいです。

でも、そう考えると「犬のしつけ」と「ダイエット」は似ている気がします。
「ダイエット」も日々、新しいダイエット法が紹介されては消え・・
効果的と言われるダイエットグッズが発売されてはブームが去り・・
部屋の片隅で埃をかぶっている事が多かったりしますからね(^^;

結局、「犬のしつけ」にしろ「ダイエット」にしろ、
根本的な生活習慣から改善しないとダメだと思います。
「無駄吠え」を直したいのなら普段の接し方や
飼い主さんとの関係性の見直しが必要ですし、
「わき腹のお肉」を取りたいのなら、
全身のお肉を取る事を考えなくてはダメだったりします・・
それなのに「無駄吠えだけを直したい」とか、
「わき腹の贅肉だけを取りたい」とか、
「一箇所だけ良くしたい・・」
「ここだけが悪い・・」と思ってしまう人は多いですが、
そううまくは行かないのは「しつけ」も「ダイエット」も同じかもしれません?

ただ、問題はダイエットは本人がやるものですが、
しつけは犬に行わせるもの・・
その場合、飼い主はコーチでありトレーナーになります。
本人がやるものなら辛さも実感できますが、
犬に行わせる事だと犬の気持ちよりも結果を重視してしまったり、
理論や手法を絶対視してしまいがちなのは注意が必要だと思います。

スポーツ選手のコーチやトレーナーも
自分の自説・・新しい理論を証明したくて
選手に無理をさせてしまう事もあるそうです・・
「叱らない」
「おやつを使わない」
「犬は犬の中で犬を学ぶ」
トレーナーさんのブログなどを読むと、
そう言った理論や手法を重視する・・
自説の有効性を証明したいがあまり、
理論や手法に犬を合わせていないだろうか?
と感じる時があります。

確かに何かを捨てる事で他の部分の技術が上がったり
理論や手法を絞り込む事でスキルが洗練される事はあると思いますが、
それによって犬の心や表情が曇ってしまったり、
偏った思考と行動をする犬になってしまったり、
結果が出ない・・のではコーチやトレーナーの自己満足でしかないと思います。

まぁ、あれもこれもと取り入れた結果、
言ってる事がコロコロと変わってしまうのも問題だと思いますが、
ボディランゲージやカーミングシグナルは
犬のストレスを読む為のモノだと思います・・
プロのトレーナーさんや有名な訓練士さんになると、
簡単に自説を曲げられないかもしれませんが、
もし、犬が強いストレスサインを出している場合は、
その理論や手法の方を見直してみるべきでは無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫