共働きで犬を飼う

 2012-08-21
17DSC07548.jpg

飼い主さんの中には共働きで、
家を長時間、留守にされる方も多いと思います。
「長時間、犬にお留守番をさせるなんて可哀想・・犬を飼う資格がない・・」
と言う人も多いですし、それが問題行動の原因だと考える飼い主さんも多かったりしますが、
では、専業主婦で常に犬と一緒に暮らしているご家庭の犬はストレスが無いか?、
何の問題行動も起こさないか?と言うと、必ずしもそんな事は無かったりします。

もし、留守中の問題行動があったとしても、
どちらかと言うと、長時間、留守にしていまう事への罪の意識から、
飼い主さんがついつい、犬を甘やかしてしまう事によって
問題行動を起こしてしまう事も多いのではないかと思います。
そう言う意味では、
逆に「仕事」をしている方が良かったりする事もあるそうです。
専業主婦で犬と過ごす時間が長くなると、
ついつい、ダラダラとした接し方をしてしまう為、
飼い主さんと犬との関係もダラダラとしてしまい、
飼い主さんと一緒に居ても面白くない・・
マンネリと退屈でストレス顔の犬も多いですし、
飼い主さんが「完璧主義者」や「上昇志向の強いタイプ」の場合、
自分の全エネルギーを犬に向けてしまう事で犬を疲れさせてしまい、
関係性を悪化させてしまう事も多かったりするそうです・・

人は必ずしも犬中心で生きて行けるわけではありません・・
犬と長く暮らしていれば、
長時間、家を留守にしなければならない時もあると思います。
短期間なら犬用ホテルや友達に預けると言う事もできますが、
何日も・・となると金銭的にも交友関係的にも難しいです。
ーかと言って犬中心に考えるあまり、
飼い主さんの暮らしが不安定になってしまえば、
結果として犬の暮らしも不安定になってしまうので難しい所です・・

勿論、多くのケアが必要な仔犬をいきなり長時間、お留守番させたり、
犬を「癒しの存在」とか言って
自分が暇な時は構い、忙しい時は長時間、放っておくような
自分勝手な飼い方は違うと思いますが、
問題は「留守番」の時間では無く、
いかに時間を有効に使い、濃密な時間を犬と過ごし、
良い関係性を作れるか?ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫