散歩中の問題行動

 2012-08-19
15DSC07439.jpg

散歩中の「引っ張り」で悩まれる飼い主さんも多いと思いますが、
そう言う時の犬の様子は?と言うと、
他の人や犬が大好きなので探しながら歩いている・・
逆に外が苦手なので、帰りになると家に帰ろうと早足になる・・
ーと、興奮状態な事が多いのではないかと思います。

興奮度が高いと、ちょっとした事ですぐに吠えてしまったり、
引っ張ってしまう事は多いと思いますので、
そう考えると、散歩中の問題行動は
「興奮度が高すぎる事」が原因なような気がします。

ですから、興奮しがちな子はなるべく興奮度を上げないよう、
人や犬の少ない所を選んで歩くか、
人や犬の少ない時間帯を選んで散歩に行く事で、
落ち着いたお散歩の習慣をつけるのが良いのではないかと思いますが、
犬が喜ぶから・・とか、
他の人や犬に慣らそうと、
あえて人や犬が多い時間帯を選んで歩かれる方は多いと思います。

こう言う風に散歩中に吠えたり引っ張ったりする犬を
「ストレス度の高い犬」と言われる事は多いですが、
実は「興奮度が高い犬」も「ストレス度の高い犬」
と考えられるそうです。

確かに興奮している犬は楽しそうに見える事が多いです。
散歩中、犬が喜ぶからと走らせたり、
犬が喜んでいるからとボール投げを続ける飼い主さんも多いですが、
そう言った行為もある程度までならストレス発散になるものの、
度が過ぎると逆にストレスになってしまうで注意です。

散歩中の引っ張り防止の為に、
「イージーウォークハーネス」などの道具に頼る人も多いですが、
道具に頼ると、犬も「セルフコントロール」をする能力が育ちませんので、
散歩中の興奮度が高くなってしまった子は、
なるべく静かな所で匂い嗅ぎをさせ、
ゆっくりと歩く習慣を作ってみるのも良いのではないかと思います。
結構、「散歩中は匂いを嗅がせない」と言う人も多かったりします。
「マーキングをしてしまうから」とか「自分勝手に歩くから」とか
草むらが「汚い」とか農薬が付いてるから「危険」とか
「虫が付く」とか「草を食べる」とか色々な理由があるとは思いますが、
匂いを存分に嗅がせてあげると犬は匂い嗅ぎに集中し、
匂い嗅ぎの楽しさに目覚めて
段々と歩くのがゆっくりになると思います。

そうやって匂い嗅ぎに集中すると興奮度も低くなりますし、
興奮度が低くなりますと、急に猫や犬に会っても、
すぐには興奮状態にならず、
吠えや引っ張りと言う行動を起こすまでに
時間がかかるようになりますので、
その間に飼い主さんがUターンをするか、
おやつを使って犬の気を逸らしてあげれば、
犬が吠えたり引っ張るなどの経験をさせずに済むと思います。

あと、多頭飼いをされている場合は
1頭ずつ散歩をする。と言うのも興奮度を上げない方法の一つだと思います。
他の犬が一緒だと、どうしても競争して歩きがちですし、
行きたい方向がバラバラだとストレスになり、
お互いに興奮しあってしまう事も多いです。

ついついお散歩と言うと「運動」とか「ストレス発散」と思いがちですが、
興奮させるような散歩の仕方が、
結果として散歩中の犬の問題行動を引き起こす原因に
なっている事も多いと思います。
ですから、ゆっくりと穏やかな散歩を心がけるのも良いのではないかと思います(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫