占いのからくり?

 2012-08-05
11DSC04785.jpg

最近は占い師や霊能力者が
「アニマルコミュにケーター」の資格を取る事が多いそうですが、
そもそも、一世紀以上にわたって数々の研究者が
占い師や霊能力者の実力を検証し、
「あまり当たらない」
「霊能力者の実力はまぐれ当たり以上ではない」
と言う結論を出しているそうですが、
それにも関わらず「占い」を信じている人が
多いのは何故でしょう?

実は「占い」や「霊視」は「自分の事を言われている」と思う為、
「無意識に合っている部分を探してしまう」からだそうです。
だから、占いの本などでは占いの結果だけを先に読み、
どの占い結果が自分の為に書かれた文章なのか?
を選んで貰うと、正解率はガクンと落ちてしまうそうです(^^)

そう言う感じで、実は「占い」と言うのは、
霊能力や星の流れ・・
パワーを宿した水晶や宝石によって結果が左右されるわけでは無く、
「心理的な部分」が強いと言うか、それが「全て」だそうです。
「占いの極意」は「占い師養成講座」に数週間参加して、
自分の「内なる目を開く」と言う事では無く、
霊能力者は心理的トリックやテクニックを使って
自分には「過去、現在、未来を見通す力がある」と
相手に思わせる事だそうです。

まず、たいていの占い師が、
「曇りガラスを通して見ているようなもの・・」とか、
「暗闇で声を聞くようなもの」などと言って、
占いの言葉は完全な形を取らない事をお客さんに伝えます。

その上で占い師や霊能力者はあいまいな言葉を口にしますが、
人間と言うのは「意味の無いものから意味を見出す事が得意」ですし、
わざわざ占いに行くような人は占いが大好きですし信じていますから、
占い師の言葉の意味を見つけようと懸命に努力します。
実は占い師のあいまいな言葉に意味を持たせのはお客さん自身なのだそうです。

そうして、あいまいな言葉を並べつつも、
お客さんの外観を観察し、会話の中から言葉に対するお客さんの反応を伺う中で
相手の悩みを言い当て、
相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる
話術の事を「コールド・リーディング」と言うそうです。
(ちなみに「コールド」とは「事前の準備なしで」で、
 「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味だそうです)

ーとは言っても、相手との会話を通してその人の趣味や思考を探っていく技術自体は
会社の営業の人なども使う特別なモノでは無いそうですが、
占い師や霊能力者はこの技法を最大限に活用するそうです。

自分の考えは言わずに探りをいれ、
相手の反応を見ながらメッセージの内容を変える・・
お客さんの反応は様々な形を取るそうです。
占い師はお客さんがうなずく、微笑む、身を前に乗り出す、
あるいは急に身を固くするかどうかを確かめ、
その都度、自分の言葉を変えて行く・・
自分のベッドの大きさに合わせて泊り客の手足を強引に切り落としたり、
引き伸ばしたりしたギリシャの人物から、
この現象を「プロクルステス効果」と言うそうですよ(^^)

人間の興味の対象は限られているので、
「旅、健康、仕事、金、恋愛、将来、夢」
の話題をランダムに提供し、反応を伺う・・
また、占い師のもとを尋ねる人の悩みも
実際はかなり種類が限られていて、
健康、恋愛、旅行、仕事、金銭などが殆どだそうです。

一つの例で言うと、
占い師はこれらの問題を一つ、また一つと口にし、
こっそりとお客さんの反応を観察するそうです。
お客さんが見た所、健康そうだったり、、
痛みや病気について口にしてもあまり反応しなかったら、
話題を仕事や旅行についてに変えるそうです。
それでもお客さんの表情は変わらなかったが、
恋愛に話が移った途端、客の態度がガラリと変わり、
突然、顔つきが深刻になったそうです。
占い師は即座に手応えを感じ、
この話題をさらに掘り下げる・・
手相を見て家族の死を意味しているのか、
破れた恋を指すのか、よく分からないと言うと、
お客さんは死と言う言葉には無反応だったが、
破れた恋と言う言葉にはとっさにうなずいたそうです。
占い師はその反応を見逃さず、先へ進み、
十分後、占い師は前と違うタロットカードを手に取り、
自信たっぷりに「あなたが最近、恋人と別れたとここに出ています」
と告げると、図星を指された客はショックを受けたそうです。

占いに大切なのは相手の気持ちをくすぐり、
どちらにもとれる言葉を使い、
表現をあいまいにし、探りを入れ、
誰にでもあてはまりそうな事をいい、
失敗を成功に変える事だそうです。

ーと言う事で、「コールドリーディング」の手法を理解すれば、
占い師が科学的な実験で能力を実証できない理由が分かるそうです。
お客さんから遮断されると、
占い師は相手の服装やしぐさ、反応から情報を集める事ができません。
また、実験の参加者たちに
全員の占い結果を先に見せてしまうと、
参加者は占い師の言葉にみずから意味づけする機会を
与えられていない為、自分に対する占い結果と
他の参加者に対する占い結果とを識別できず、
正確に自分の占い結果を選ぶ事ができないそうです。

まぁ、個人的に「占い」を信じてはいませんが、
これらの技術は日常会話に応用すると素晴らしい効果が期待できそうです。
「旅、健康、仕事、金、恋愛、将来、夢」と言う、
人が興味を持ちそうな話題を提供し、
相手の反応を見ながら相手が興味を示した会話を進めて行けば、
どんな人とでも楽しく会話ができそうですからね! (^▼^)b
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫