現代医療と代替医療

 2012-08-04
03DSC04733_20120804232553.jpg

犬の為に何をしてあげているか?
Twitterを見たり、色々な人のブログを読んでみると、
多くの女性が「ホメオパシー」に「レメディ」、
「アニマルコミュニケーション」や
「アニマル・レイキ」などを行っている事が多い・・
と言うか、ほぼ、全ての人が
試してみた事があるのではないかと思われます。

まぁ、それらの多くは、
効果が無くても影響の少ない
「おまじない」程度のお手軽さが
受ける理由なのかもしれませんが、
「ホメオパシー」などは本来、
シャーマンの呪術的な流れから来ているので、
「おまじない」と言うのも
本質的には間違いでは無い気がします。
では、なぜ、人はそう言ったモノを信じるのか?
当たっている、効果があると思ってしまうのでしょうか?
それは「人は自分の見たいものを見る
 自分の信じたいものを信じる」
と言う傾向が強いからかもしれません?

医師の「ドナルド・レーデルマイヤー」と
心理学者の「エイモス・ツヴェルスキー」が、
関節炎の痛みと天候の関連性について調べた所、
何千年も前から人々は関節炎の痛みが
気温、気圧、湿度の変化に左右されると信じていたが、
「慢性関節リウマチ患者」の
グループに痛みの度合いを月に2回、
一年以上にわたって記録して貰った所、
同時期の気温、気圧、湿度のデータと比べても
痛みの度合いと天候との間に
関連性は見られなかったそうです。
つまり、リウマチ患者は
天候が特定のパターンを取った時に
襲われた激しい痛みだけを記憶し、
それ以外の事は忘れ、
天候と痛みの間に関連性があると
誤って信じていたと言う事だそうです。

そう考えると、不意に訪れた不安に対し、
気持ちを落ち着かせる「レスキューレメディ」と言うのも、
「レメディ」を使って気分が落ち着いた時の事は覚えているけど、
「レメディ」を使わなくても気持ちが落ち着いた時の事や、
「レメディ」を使ったけれど、
気持ちが落ち着くまでに時間がかかった時の事は
忘れてしまっている為、
効果があると思ってしまう人も多いのかもしれません?

ちなみに「アニマル・レイキ」とは何かと言うと、
「気功」みたいなモノだそうです。
ペットに触れる事で「癒し」を与えたり、
「不調」を起こしている部分を発見したりするそうですが、
ペットは何も言いませんので、
ペットの姿を見て、体調に心配があるようでしたら、
素直に動物病院に行った方が良いように思われますが、
飼い主さんがそう言ったモノにすがる時は、
現代医療に失望し、不信感を抱いている事が多い為、
なかなか、難しいみたいです・・・

それでは、なぜ、多くの人が現代医療に疑問や失望、
不信感を抱くようになったのか?を考えると、
昔のように安心させてくれるようなお医者さんが
減ったからでは無いでしょうか?
最近の動物病院では昔のように獣医さんが自信たっぷりに
「大丈夫ですよ」とか「治りますよ」と言うような事を
言ってくれる事は減ったように思われます・・
逆に死亡率などのリスクを説明された後で
飼い主さん自身に診療方針を決めて貰う事が
多くなったように思えます。

それは、倫理的に「飼い主さんに嘘をつかない」と言う事と、、
後で裁判沙汰になった時の事を考え、
うかつな事は言えないからだと思います。
飼い主さんに充分な情報を与える事と、
最善の診療方針を提供すると言う流れは良いと思うのですが、
それが飼い主さんに混乱や不安を与え、
医師への不信感を増大させているとなると
ちょっと問題かもしれませんね?(^^;

そう言う意味では「ホメオパシー」や「レメディ」、
「サプリ」などの「代替医療」の方が、
様々な本や雑誌で紹介されていますのて安心感が高いのかもしれません?
でも、実際に「サプリメント」の効能・・
「グルコサミンは関節炎に効く」とか
「抗酸化物質には癌や心臓病の予防効果がある」とか、
「魚油に含まれるオメガ3脂肪酸は頭を良くする」などと言う事が
商品や広告に明記されている事が少ないのは不思議ですよね?
殆どが記者が雑誌などで書いているだけ・・
でも、それはなぜかと言いますと、
広告や包装には法律によって厳しい規制がかかっているものの、
記者が書く文章への規制は殆ど無いと言っても良いからだそうです。
だから、メーカーはお金を払って記者に記事を書いて貰う・・
と言う、賢い分業が行われており、
それが代替療法産業の特徴の一つと言うお話もあるそうです(^^;

その点、獣医さんが使う医薬品は
臨床試験により効果が確認されたものですから
薬効効果は期待できます。
まぁ、とは言っても、無口で無愛想だったり、
お金儲けに走る獣医さんも多いのが現実ですし、
良い獣医さんかどうかは実際に治療を受けてみないと
分からないので大変ですが、
まずは信頼する獣医さんを探し、
信頼関係を構築する所からはじめてみるのも
良いのでは無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫