輪投げをする犬

 2012-03-06
ちょっと感動した!

ーで、何に感動したのかと言いますと、
犬に感動しました(^^)

ちょっと前からクリッカーを使って
輪投げ(輪入れ?)の練習をさせているのですが、
まぁ、そのうち入れば良いや・・
と思っていたら、あっと言う間に理解したようで
「自分で考えて、きちんと棒に入るように
 調整して輪を入れている」
のです!
(画面から消えているのは、
 画面外でオヤツを与えているから)

勿論、輪投げだから輪を棒に入れるんだよ。
なんて常識は犬にはありませんし、
言っても理解はできません。
(無理にやらせようと思ったら
 こんなに尻尾を振ってせかすように
 輪をいれたりはしないでしょう)

だからクリッカーを使って、
輪を棒のそばまで持って行ったら正解・・・
輪を棒にぶつけられたら正解・・
と徐々に輪を棒に通す事が正解だと
導いて行ったのですが、
こんなに早く理解するとは思ってなかったので
こちらが逆にビックリでした。
犬って頭が良いんだな(笑)
ーとか、今更ながらに思ったり・・

でも、犬が頭が良いと言うのもありますが、
自分の教え方も上手かったと思っています(笑)
犬の良し悪しでは無く
飼い主の教え方が良かったと思う事で
どんな犬にでも基本的な事から教えて行けば
同じように輪投げができるようにさせてあげる事ができるのでは?
ーと言う自信にもなりましたし、
自分の経験をもとに教えてあげれば、
他の飼い主さんにも同じように
輪投げを教えてあげる事ができるのでは?
と思えるようになりました。

ちょっと自分でも犬の限界・・
ここまでしかできないだろう・・
ーと心のどこかで決め付けていた部分もあったと思います。
この辺が独学の難しい部分でもあり、楽しい部分でもありますが、
犬の独学=「犬学(ドッグガク)」
でも、自分は犬に楽しいと書いて
「犬楽(ドクガク)」だと思っています。

勿論、色々な方のお話や教えを受けて
今の自分がありますので、完全な独学だとは思っていませんし、
独学だけでは限界も多いと思いますが、
犬の学問なんてまだまだ始まったばかり・・
既存の説や常識にとらわれて思考を停止させるよりも
色々な事をやってみて、犬と自分の可能性を
追求した方が面白いと思っています (^▼^)ノ

01DSC03732.jpg
↑これが使用した輪投げ

02DSC03735.jpg
↑結構、輪が小さいです。

03DSC03738.jpg
↑こんなに小さい輪を入れる事なんて無理だろう?
 と思っていたのですが、犬も細かい作業ができるんですね(^^)
カテゴリ :クリッカー トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫