FC2ブログ

「自分の方が動物に優しい」アピール

 2019-06-10
R0012257.jpg

格闘技の世界で競争をし合っていると、
あまり相手の事を悪く言ったり、
陰口を言ったりする事は無い感じがします。

なぜなら、「あいつは俺よりも弱い」とか言っても、
実際に戦えばどちらが強いのかがハッキリしてしまうので、
迂闊に「どちらが強いか?」なんて言えないですし、
ヘタな事を言ったら、すぐに「じゃあ、やってみよう」となって、
ボコボコにされてしまう可能性があるからだと思います。

さらに、「ボコボコにやられる・・」と言う事は、
練習不足が露呈してしまったり、
思い知らされるわけですから言い訳ができませんし、
「強い=絶対的な正義」では無いのですが、
「強さ」は、
練習をどれだけしているか?
練習をどれだけ頑張ったか?
の目安にはなるので、
粋がっていても、
実際にやったらすぐに息が上がってヘロヘロ・・
技術も体力も無い・・なんて人は
「口ばっかり」とされてしまう事は多いです。

「格闘技をやる人」と言うと、
不良で元々、喧嘩が強い人と言うイメージがありますが、
実際は大人しくて気が小さかったり、
子供の頃、病気がちで身体が弱かったり・・と、何
かしらのコンプレックスを抱えていて、
その裏返しでコツコツと努力をして強くなろうとする人の方が多いです。

だから、自分の中に劣等感があり、
それを強くなる事で補おうとしますが、
練習をして努力をするのが嫌だと、
簡単な方法として、弱い人としか戦わなかったり、
相手の選手の悪い点を指摘して
自分は色々と知っている・・自分は強い・・
とアピールをしたくなりますが、
そこは、完全実力主義の世界なので、
「自分よりも弱い相手ばかりじゃなくて
 自分よりも強い人人とも戦いなよ」とか
「じゃあ、戦ってあげるから弱点を突いてみてよ」とか
「そんなに強いならスパーリングをしてよ」と、
言われてしまうので、ほぼ、全くと言っていいほど、
言葉でのハッタリが通用しないので、
口ばっかりの人はいないし、
居ても嫌われて相手にされない事の方が多かったりします。

まぁ、テレビの格闘番組だと挑発的な事を言う人も多いですが、
あれは、演技だったり言わされていたりしている事も多く、
実際は格闘技をしっかりと練習している人ほど腰が低く、
うかつな事は言わないです。
でも、逆に言うと、みんながみんな、そんな感じなので、
その分、しっかりと「相手がどのくらい強いのか?」
と観察していたりして、
凄く強いんだけど、実はまだ、気が小さいまだ・・・
なんて人も少なくは無いと思います。

強い人は「自分の練習量」や「苦労」が分かるから、
相手の強弱にかかわらず、
練習をしている人に対しては敬意を払います。
例え、相手がまだまだ・・だったとしても、
それは、今、現在の話なだけで、
1年後、2年後・・
凄い選手になる可能性はみんな持っていますから、
今、現在の「弱さ」に対して貶めたり、
辱めるなんて事はしないと思います。

つまり、自画自賛をしたり、
相手にマウンティングをして優越感に浸りたい人は、
努力や苦労を知らない人・・
あるいは、努力や苦労を知っていても、
それをやりたがろうとしない人・・
努力や苦労をしたくないし、しないから劣等感が強まり、
その劣等感を覆す為に自分の凄さをアピールしたり、
相手を貶めたりしてしまうのかもしれません?

だから、
「そんな事も知らないの?」とか
「そんな事もできないの?」などと言って、
自分を基準にして相手を批判したり、評価をする人に対しては、
「ああ、この人は劣等感が凄く強いんだな・・」
「大変なんだな」と思って相手にしないのが良いと思います。

犬の世界だと「どっちが強いか?」と言うよりは、
「どっちの方が愛情深いか?」みたいな感じで、
特定の人や団体に対して「可哀想」と指摘したり、
批判する事は多いように感じます。

勿論、そうした指摘も大切だとは思いますが、
「可哀想、可哀想」と指摘して相手を追いつめるだけだったり、
遠回しに「私の方が優しい」「私の方が愛情深い」と
アピールするだけだったりするのも動物の為ではなく、
自分の為のように見えてしまうので、
動物が可哀想だと思うのなら、
どうしたら、その子が幸せになれるのか?をゴールにして考えたり、
サポートをするべきですし、
その為には、その飼い主さんも幸せになる必要があり、
そこまでを考えてサポートをする覚悟も必要ではないかと思います。

できない飼い主さんを批判して、私ならできるのに・・
と言っても仕方がない事なので、
「どうしたらできるようにさせてあげられるか?」
を考えてあげる必要があると思いますし、
その為にはまず、自分が努力をし、色々な経験をして
サポートをできるだけの実力を
手に入れる必要もあるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫