FC2ブログ

常に振り返ってバランスを保つ

 2019-06-01
R0012067.jpg

犬を迎えた時、
良い子になって欲しい・・
良い子になるように育てよう・・と思うのは普通ですし、
他者に迷惑をかけないように・・
一緒に楽しく暮らす為にしつけを行う事は
悪い事では無いと思うのですが、
問題は犬が言う事を聞いてくれない時や
教えている事を全く理解しない・・
理解しようとしない時にどう対応するか?
ではないかと思います。

犬も分かるように教えて貰わなければ理解できませんし、
そもそも、「学ぶ」と言う事に興味があるのか?
学ぶ事にメリットがあると理解しているか?
と言った根本的な部分から考えてあげないと、
飼い主さんの一方的な押し付けに
なってしまう事もあるのではないかと思います。

だから、「分からない」とか「やりたくない」と言った
犬の気持ちを汲んで対応をしてあげられるか?
それとも、「とにかく言う事を聞きなさい!」と、
とにかく言う事を聞かせようとするか?は大きな違いだと思いますし、
「分からない」とか「やる気が起きない」と言う気持ちを
尊重されて対応して貰えるか?
それとも、強引に言う事を聞かせられるか?
と言う部分でその後の犬の育ち方も変わってくると思います。

犬も自分の気持ちを大切にされて育つとおおらかになり、
他者に対しても攻撃的な行動を取らなくなる事は多いと思います。
なぜなら、吠えたり、唸ったり、
噛んだりと言った攻撃的な行動をしなくても
気持ちを察して貰えるから・・

さらに、自分の気持ちや考えを表現する事に対して自信を持ち、
かつ、飼い主さんに気持ちや考えを理解して貰っているからこそ、
飼い主さんから「ダメ」と言われた時は、
逆に「どうしてダメだったのだろう?」と考え、
飼い主さんの意図を考えてくれるようにもなると思います。

逆に「ああしなさい」とか「こうしなさい」と指示や命令ばかりで
犬は自分の考えや気持ちを尊重して貰えない・・
自分で選択すると言う経験が少なくなると自信が育たず、
自信が育たないから飼い主さんに依存し、
常に分からない事が多くて不安だらけになって、
何かあると、吠えて不安を解消しようとしたり、
唸って噛んで、怖いモノや嫌な事を
遠ざけようとする子になってしまう事もあるみたいです。

まぁ、飼い主さんの多くは、犬の気持ちを理解しようとし、
犬の気持ちや考えを尊重してあげていると思いますが、
ただ単に犬の気持ちや考えを尊重するだけで
「分からない事を教えてあげよう」とか
「犬が自分の感情をコントロールできるように
 サポートをしてあげよう」とはならない事もあったり・・

なぜなら、分からない事を分かるように教えてあげると言うのは、
とても大変な作業だからです。、
「教え方」が分からないと苦労ばかりが増えて
結果がなかなか、ついてこず、
飼い主さんの方がイライラして、
教えるよりも自分でやった方が早いとなってしまって
教える事を諦めてしまったりしますが、
それも、犬の気持ちや考えを尊重しているとは言いにくいと思いますし、
犬も分からない事が多い・・
問題を解決する方法が分からない事が多いと不安になり、
不安で怖いから、何か問題が起きた時に、
吠えまくったり、攻撃行動をすると言った
過剰な防御反応をしてしまうと思いますので、
犬の「分からない」や「自分でやりたい」と言った
気持ちや考えをしっかりと理解してあげて、
それを解決する方法を一緒に考えてあげるのが良いと思います。

まぁ、そう言うと日本の場合、
「オスワリ」や「リーダーウォーク」などの
「訓練」になってしまったりしますが、
人間の子供がピアノや野球を習ったからと言って
日常生活の不安や対人関係の問題点が解消されないように
日常生活の問題は日常生活の中で・・
あるいは、対人関係や対犬関係の問題は
日常における飼い主さんとの関係を考え、
共感や肯定の気持ちの中から
自信やルール、我慢、積極性を
学んで行くのが良いのではないかと思います。

犬と飼い主さんの関係がうまく行かないケースとして多いのは、
飼い主さんが自分の気持ちや考えばかりを尊重して、
犬の気持ちや考えを理解してあげようとしていない時や
逆に犬の気持ちや考えばかりを尊重しようとして
飼い主さん自身の気持ちや考えを
伝えようとしていない時が多いように感じます。

飼い主さんが自分の気持ちや考えばかりを
押し付けようとすれば犬は段々と委縮してしまったり、
反発して攻撃行動に出てしまう事はありますし、
飼い主さんが犬の気持ちや考えを尊重ばかりしていると、
犬はワガママになって他者の気持ちを考えない子に
なってしまう事もありますので、
犬が自分の気持ちや考えに自信を持つように育てつつ、
他者の気持ちや考えも尊重してくれるように育てる・・
その為にも犬の気持ちや考えを理解してあげつつ、
飼い主さんは自分の気持ちや考えを自覚してコントロールし、
バランスよく育ててあげられるように
考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫