FC2ブログ

「真面目さ」や「努力」を押し付けない

 2019-03-04
DSC00029.jpg

「人に対して期待をしない」と言うと、
「冷たい」と言われたりしますが、
「期待をする」と言う事は
自分の中の勝手な望みを相手に背負わせる事になるし、
「期待をしない」と言うのは見限る事ではなく、
自分が何か特別な想いを寄せなくても
その人は自分の力だけで良くなって行くと思っているから・・
何か相談を受けたら全力で応えるつもりはあるけれど、
そうでなければ「期待をしている」と告げて
変なプレッシャーは与えるよりも、
黙って信じてあげるのが良いと思うから、
「期待をしない」と言っています。

まぁ、そう言う意味なら「期待をしていない」と言うよりも
「信じているから大丈夫」と言ってあげた方が
良いのかもしれませんが、
それはそれで、プレッシャーを与えそうなので、
「何かあったらサポートをするから
 自分の信じた道を歩め」とか言った方が良いのかな?
と思っています。

あと、誤解されやすいのがポジティブな考え方ですね。
良くない出来事や結果の中から良い部分を探したり、
結果は悪かったけど、逆に考えると、
また、チャレンジをする機会を得た・・などと、
前向きな発言をすると、
意外と「きちんと反省をした方が良いですよ」とか
「そんな事では、また、失敗しますよ」と
釘を刺してくる人は多かったりします。。

最初から神頼みをするのではなく、、
自分なりに考え、全力で取り組んだ結果、
最後は運任せ・・と言うのが良いとは思うのですが、
結果だけを見て「努力不足」と決めつけるのって、
結構、危険な思考だと思うのですが、
自分の考えを押し付けてきて、
それに気が付かない‥と言う人も多かったりします。

「努力」は確かにステキですし、
やるだけの価値はあると思います。
ただし、他人に強要されたり、強制したり、
自分の主観で「努力が足りない」と指摘するのは
違うのではないかと思いますし、
他者に対して「努力が足りない」と思うのは、
自分の方が上だと思っていて
相手を見下している意識が隠れていたりしますので、
言われた方は、それを敏感にキャッチして
反発したくなる部分はあるのではないかと思います。

まぁ、他者に対して努力を促してしまうのは、
その人自身、親から努力をする事を促されてきたから・・
できない人には言ってあげなければならないし、
それが正しいと思うから言うのだと思いますが、
努力は自分で目標を立て、自分ができる範囲の中で
小さなゴールを設定し、それをクリアーして
小さな達成感を積み重ねて行く事でできるようになって行きますし、
そうした過程が楽しく、また、重要なのであって、
「嫌な事を言われたくないから努力をする」と言うのは、
嫌な事を言われるのを回避する為・・
マイナスを減らす為の行動ですから、
嫌な事を言う人が居なくなったらやらなくなる程度のもので、
「努力」とは真逆の動機付けになってしまうのではないかと思います。

まぁ、努力を促す人は真面目で、
努力をした事によって今の地位や結果を掴んできたのだとは思いますが、
残念ながら努力の楽しさを人に伝えるのは
下手だったりするように思います。

努力をする事は大切ですが、
「努力をする事」を目標としても続きませんので、
努力をした結果、良い事があったと言う経験をさせてあげるように、
努力をする事を求める事よりも、
まずは、その人に行動をさせてみて、
良い結果が出せたら、褒めてあげる・・と言うのが、
努力の楽しさを教えてあげる為には良いのではないかと思いますし、
それは、犬のやる気を伸ばす為にも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫