FC2ブログ

恐れ・回避型愛着障害

 2018-11-19
05DSC06153.jpg

犬が何も無いのに、突然、外に向かって吠え出したり、
天井に向かって吠え出したりする事はあると思います。
そうすると、飼い主さんは
「人間には聞こえない音が聞こえたのか?」
「人間には見えないものが見えたのか?」と考えて
「どうしたの?」と犬に聞いたりしますが、
そう言う犬の中には、普段から飼い主さんが過干渉気味で
自分が放っておかれる状態が長く続く事に耐えられなくなって
「静寂」を壊す事で注目を得ようとしてしまう子も居るそうです。

なので、犬が吠えても「要求吠え」だとして
「無視をする」と言う方法を教わったりもしますが、
では、なんでもかんでも無視をしていれば良いか?と言うと、
「求めても無視をされる」と言う状況が続くと、
犬は飼い主さんを求める事を止めてしまう事もありますから、
「こうであるべき」と決め付けずに
犬の気持ちに合わせて、こちらの対応を変えて行く事も
必要になってくると思います。

また、そうして、飼い主さんに無視をされ続けると、
今度は飼い主さんが近寄ってきても無視をしたり、
自分が困った状況に置かれた時も
飼い主さんに助けを求めないようになってしまう事はありますが、
逆に飼い主さんに一方的に指図され、
干渉されて自分の意思が通らない経験を繰り返すと、
他者は「自分の自由を奪うわずらわしい存在」と思うようになり、
周囲の人や犬との物理的、
心理的な距離を取ろうとしてしまう事もあるみたいです。

人間でも親が決定権を持ちすぎていた為に
自分の気持ちや意思に従って行動をする事ができず、
結果、自分の気持ちや意思が自分でも分からなくなったり、
他者に対して「自分の自由を奪う存在」として
親密な関係や情緒的なつながりを持つ事を好まない一方で、
親に依存し、また、「良い子であろう」と周囲の顔色をうかがう・・
などの愛着スタイルになってしまう事もあるみたいです。

そうした愛着スタイルを
「恐れ・回避型愛着障害」と言うそうですが、
「回避型」は”子供時代など関係が無い”と言う態度を取るものの、
実は深い所に傷をしまいこんでしまっている事は多いみたいです。

飼い主さんの中にも、犬の行動に問題が起きていて、
「その要因が自分にある・・」とは分かっているものの、
自分を見つめ直すのが嫌で問題を先延ばしにしたり、
新たな知識やスキルを身につける事で
愛着の問題から目を逸らそうとしたり・・
と、飼い主さんが過去と向き合わない為に
犬の行動の問題が変化しない事もあるのではないかと思います。

ーとは言え、愛着の問題は特別な事ではなく、
成人でも三分の一もの人が何かしらの愛着の問題を抱えているそうですから
「自分だけが・・」と悩まずに自分の中の愛着の問題と向き合い、
犬との関係における「愛着のズレ」を見直す事で
少しずつ、犬との関係性も良くなって行くのではないかと思います。

ーとは言え、愛着の問題は一対一が基本ですので、
愛着のズレで悩んでいる場合は、
友達など誰かしら信頼できる人に協力して貰うのが良いと思いますし、
そうして、信頼できる人から自分の考え方や言動のズレを教えて貰うと、
自分では気づけない部分の修正も可能だったりしますので、
飼い主さんが1人で問題を抱えている場合よりも、
奥さんや旦那さんなど、協力的なパートナーが居る人の方が
飼い主さんの愛着のズレも収まってきて
犬の行動の問題も良くなって行く事は多いみたいです。

しかし、「恐れ・回避型愛着障害」の場合、
他者を信用・信頼できない上に「良い子であろう」としてしまうので、
頼みたくても頼み事ができなかったり、弱みが見せられなかったり、
あるいは、分かっていても自分の内面を
見つめるのを回避しようとしてしまうので難しいとは思いますが、
そうした部分が他者とのズレを生み、
また、犬の行動の問題を引き起こしてしまっているかもしれませので、
まずは、問題を回避せずに「自覚をする」と言う所から
はじめてみるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :愛着 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫