FC2ブログ

犬の行動の問題にも「アドラー心理学」

 2018-10-30
DSC00106.jpg

これまでの心理学では、
「何か問題があればその原因を見つけて問題の解決を目指しましょう」
と言う感じでしたが、「アドラー心理学」では、
「問題は何らかの”目的”の為に行動をした結果である」
と考えるのだそうです。

例えば、「プライドが高くてすぐに喧嘩をしてしまう」と言う人の場合、
これまでの心理学では、
「どうしてプライドが高くなってしまったのか?」とか、
「プライドが高いとして、どう言う対応をして行けば良いか?」と、
問題の原因を探したり、問題の解決策を見つけようとしたりしますが、
「アドラー心理学」では、
プライドが高いのは、実は劣等感が強いから自分に自信がもてず、
「もう、それ以上、言われたくない」と言う
”目的”の為に攻撃的行動をして黙らせようとしている・・・
とされるみたいです。

つまり、自分に自信が無く、劣等感が強いから
他者から否定されるような事を言われるのが耐えられず、
言われそうになると攻撃行動をして
相手に言わせないようにしているのだけれど、
それを認めるのも、他者に知られるのも嫌なので
「プライドが高い」と言う言葉で、
もっと弱い部分を隠していたり・・

そうして、表向きの行動に隠された”真意”が分かれば、
その解決方法も見つかりますが、
表向きの理由だけを見て「プライドをどうにかしよう・・」
としていたら、いつまでも「プライドが高いから」と言い訳をし続けて、
行動は変わらない事は多いのでのではないかと思います。

「人は変われない」のではなく、
自ら変わろうとしていないだけ・・

犬の飼い主さんで言うと、
「犬が行動の問題を起こすから他の飼い主さんと仲良くできない」
と言っているけれど、実は飼い主さん自身が「人見知り」で
犬がフレンドリーになって、
他の犬や飼い主さんとご挨拶をしたがると、
他の人や犬と仲良くしなければならなくなるので、
実はそれ程、自分の犬が友好的になる事を望んでいない・・
だから、犬のコミュニケーションスキルが成長しない・・
と言う事もあるのではないかと思います。

その場合、「犬が他の犬と仲良くできない」と言う問題は、
実は飼い主さんが
「他の人や犬と仲良くなって欲しくない」と言う
「目的」の為に起きているのですが、
飼い主さんがそうした自分の真の気持ちに気づいてはいない為、
自分の犬は問題だ・・困った・・と言いながら、
真剣に問題を解決しようとしない・・
と言う行動を選択し続けてしまう事も多いみたいです。

「頑張る」と言いつつ、行動が伴わないのは、
頑張って結果が出なかったら言い訳ができないから・・・
「自分だって頑張ればできる」と言う可能性を残しておきたい・・
と言う「目的」が隠されている事も多いそうです。

ただし、そうした「劣等感」は持っていてはダメなわけではなく、
「劣等感」があるからこそ、人は成長ができるし、
成長を望んで頑張る事ができるのだそうっです。
ただし、自分が頑張らずに他の人の足をひっぱったり、
蹴落とそうとするのは、
劣等感が捻じ曲がってしまっているかもしれないので、
他者と比較し、自分を上げる為に他者を下げるのではなく、
他者は他者、自分は自分として、
過去の自分よりもより良い自分を目指して頑張るのが良いみたいです。

犬の行動の問題が改善されないのは、
飼い主さん自身が根気良く、問題改善に取り組まないから・・
と言う事が分かってはいるけれど、
それを他の人に知られるのは恥ずかしいし、
自分でもそれを認めたくないから
「犬が悪い」としてしまう事もありますが、
「できない自分」をこれ以上、下げない為に
犬を下げる事で自分を上げる・・と言うのは、
頑張らない上に自分の犬を陥れる行為ですし、
問題を捻じ曲げて複雑にしてしまったりしますので、
問題がなかなか、解決できない場合、
「自分はどんな目的でこの状態を選んでいるのだろう?」
と考えてみるのも良いそうですし、
それは犬に対しても同じで、
叱っても、叱っても犬の行動が変わらない・・
何の行動の理由がよく分からない・・と言う時も
「行動」の裏に隠された犬なりの動機・・メリットを探してみると、
その行動の真の意味や行動の理由が見えてきますので、
そうしたメリットを与えないようにこちらの対応を変えてみると、
犬はその行動に意味を感じなくなったり、
その行動をする事でデメリットを感じるようになるので、
困った行動が段々と収まってくるのではないかと思います。

犬の行動の問題が収まらないのは、
辛い過去に原因があるワケではなく、
その行動をする事で何かしらのメリットを感じているから・・
と言う風に考えるのは、最初は難しいと思いますが、
犬も「原因」ではなく「目的」で行動をしている・・
と考えてみると、今まで見えなかった
犬の行動の真の意味が見えてくる事も
あるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

自分と対話してみる

 2018-10-29
 DSC00061_20181031211054a5f.jpg

昔は怪我や病気をした時も
「自分の事は自分が一番、よく分かっている」
なんて言って無理をしてしまう人が居たりしましたが、
実際は自分の事を良く知っているようで知らないのが
「自分」だったりするみたいです。

「自分は穏やかな性格で、友達と喧嘩をしても
 何も言わずに黙って耐えているだけ」
と言っている人も他者から見ると
「何も言わないだけで、心の中では不満たっぷりで
 実は勝ち負けに凄くこだわっていて
 相手には好きなように言わせているけど
 実は負けているなんてこれっぽちも思ってはおらず、
 ちっともも穏やかな性格では無くて
 実は不満をすぐに顔に出す「負けず嫌い」」
だと思われている・・
なんて事もあったりするみたいです。

自分では「プライドが高い」と思っている人も
他者から見たら、実は劣等感が強く、
自分に自信が無いから他者から蔑むような事を言われると、
それを受け入れられずに
もう、それ以上、言われないように・・
と、防御の為の攻撃行動に出てしまう人・・
などと思われている事もありますし、
酒を飲むと我を忘れて大暴れしてしまう・・
と反省している人が実は心の中に凄いストレスを抱えていて
そのストレスを普通の状態だと表に出せないので、
酒のせいにして暴れている・・
つまり、酒にのまれているのではなく、
「お酒を呑んだから仕方が無い」とする為に
酒を呑んでいる確信犯だったりする事もあり、
自分の気持ちや考え、行動がどこから来ているか?に気づかないまま、
表面的な部分だけを見て判断していると、
自分の行動の問題や自分の行動がどう言う結果をもたらすか?
が分かっていても、いつまでも根本的な問題の解決ができない・・・
と言う事も多いみたいです。

犬の飼い主さんの中にも
「分かっていても犬のしつけができない」と言う人は多いです。
その理由として「犬に厳しく接っしたら可哀相だから」
と言われたりする事も多いのですが、
実はよくよく聴いてみると、
「犬を叱るほど自分は正しいのか?」とか
「犬を叱って嫌われたらどうしよう?」と言った
自信の無さや「寂しさ」が原因だったりする事もあるのですが、
いきなり、「自分自身に自信がないからです」とか
「不安や喪失感を抱えていて犬に依存しているからです」
などとは言えませんし、言ってしまうと
悩み、苦しみ、自信を失っている飼い主さんを
さらに追い詰めてしまう事になりますから
仲良くなって信頼関係を築いたり、
犬の行動の問題を一緒に改善して行って自信を持って貰い、
ある程度、厳しい事を言われても大丈夫になってきてから
さらなる向上の為に必要だと感じたら伝えてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。

「自分は他者からどう見られているか?」
と言う風に他者の視線ばかりを気にしている人は、
自分の事を気にしているようでいて、
「その不安がどこから来ているのか?」と言った
自分の内面については見ていない事も多いです。

その為、際限の無い「内なる不安」や
他者に対する「承認欲求」に振り回されて、
自分の犬に対して「良い子になりなさい」と
無理をさせてしまう事もありますから
「不安だ・・」と感じた時は
「何に対しての不安なんですか?」と、
自分の「不安」に対して問いかけてみて
「不安の正体」を探ってみたり、
「どう言う時に不安になるのか?」
「いつも、どうしたら不安が治まったか?」
と自分に問いてみる事で、不安が起きる要因や
その解決法なども見つかるかもしれませんから、
犬の行動の問題を犬のせいだけと考えるのではなく、
自分との対話の中で、犬が行動の問題を起こすきっかけや
その解決方法などを探ってみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

結果を変える為に「いつものパターン」を抜け出してみる

 2018-10-28
DSC00087_2018103121024701f.jpg

犬の行動の問題で悩まれている飼い主さんは多いですが、
そうした飼い主さんが犬の行動の問題解決に向けて
日々、どんな事をしているか?と言いますと、
意外といつもと同じ行動・・
いつもの習慣を繰り返しているだけ・・
と言う事は多かったりするみたいです。

例えば、自分の犬は犬同士のコミュニケーションが苦手で、
犬を見るとご挨拶には行くのだけれど、
つい、相手の犬の匂いを嗅ぎ過ぎてしまって嫌われてしまう・・
と分かっているのに、犬とご挨拶をした時に
途中で自分の犬を引き離したりはせず、
自分の犬が満足するまで相手の犬の匂いを嗅がせてしまったり、
「うちの犬は抱っこが苦手」だと分かっているのに、
急に犬を抱き上げてビックリさせてしまっている・・
と言う飼い主さんも多かったりします。

人間は「習慣」で生きていますから、
意識をしないと、知らず知らずのうちに
同じ行動パターンを繰り返してしまうそうです。

勿論、そうする事で日々の決まった行動に対して
いちいち、考えたり判断したりしなくて済むので
楽で効率的だとは思いますが、
ある意味、自分で自分を縛り付けていたり、
制限してしまったりしているので、
犬の行動の問題に対しても「このままではダメだ」と思いつつも、
同じ対応をしてしまうのだそうです。

だから、犬の行動の問題を解決する為の方法として、
「いつもとは違う行動をしてみる」
と言うのも大切になってくるそうです。

「自分の犬が吠えたら抱き上げる・・」
「自分の犬は人も犬もダメなので、
 毎日、早朝や深夜に散歩に行く・・」
と言うばかりではなく
少しずつ、抱き上げないようにして
犬自身に考えさせるようにしてみる・・とか、
お散歩をする時間帯を変えて、
少しずつ、人や犬に慣らしてみる・・
と言う風に「習慣」を変えてみるのも
良いのではないかと思います。

散歩中に犬に会った時に
自分の犬が吠えてしまうので逃げたら
平和的に問題が解決できたので、
以後、その行動を繰り返している事で
「習慣」が作られてしまう事もあると思いますが、
それでは、自分の犬の
コミュニケーションスキルは育ちませんから
最初は、よその犬と正面から会わせるのではなく、
少し後ろをついて行く・・とか
遠くから眺めさせる・・などをしてみると、
自分の犬の中の他の犬に対する印象も
少しずつ変わるかもしれませんし、
その中で犬の飼い主さんとのつながりが生まれれば、
飼い主さんも嬉しいでしょうし、そうした「メリット」が
自分の犬が吠えてしまうと言う「デメリット」を上回れば、
他の飼い主さんと犬と仲良くなる為に頑張る・・
と言う目標の為の動機になると思います。

「自分の犬が吠えてしまうから・・」と
犬も人も避けて誰も居ない所へ行ってしまう飼い主さんは、
そもそも、人間関係に対して後ろ向きで
「頑張れば他の飼い主さんと仲良くなれる」と言うメリットよりも
「リスク回避」を優先させてしまう為、
結果、犬のコミュニケーションスキルも育たない・・
と言う事は多かったりします。

なので、飼い主さんが「対人関係をどう考えるか?」
と言うのも飼い主さん自身が思い描く「理想の未来像」へと
つながって行くと思いますし、
それは、自分の犬の未来像ともつながって行きますので、
もし、理想の未来像の為に何かをしたい!と思うのならば、
いつもの行動パターンから抜け出して、
新たな行動をし、それが良い結果につながったのなら、
成功体験を増やして行って、
良い循環を作れるようにチャレンジしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

「できるとして」「あるとして」で考える

 2018-10-27
DSC00021_201810312054494e7.jpg

職場で後輩から「これはどうしたら良いんですか?」などと
質問や相談を受ける事はあると思います。

最初は「こうしたら良いんじゃない?」と教えてあげますが、
あまりにも質問や相談ばかりが続いて自分で考えないようだと
「ちょっとは自分で考えてみたらどうなの?
 例えばどうしたら問題が解決できると思う?」
と言ってしまいたくなりますが、
この質問だと、多くの場合、「分かりません」とか
「思いつきません」で終わってしまう事は多いみたいです。

それはなぜか?と言いますと、
考えて間違えた答えを言って叱られるよりは、
「分からない」と言って教えて貰った方が楽だし、
「考えてその程度だよ」とか思われなくて済むから・・
かもしれません?

だから、相手に考えさせる方法として
「問題が解決する方法があるとして、
 どうしたら良いと思う?」
と聴くのが良いみたいです。

「~あるとして・・」と言う言葉が含まれると
「ない」とか「できない」と言う逃げ道が無くなりますので、
「ある」と言う前提のもとで答えを
考えなくてはならなくなるそうです。

犬の行動の問題で悩んでいる飼い主さんに対しても
「犬の困った行動を止めさせる為にはどうしたら良いと思いますか?」
とだけ聴くと、自分の知識と経験の中から答えを見つけようとする為、
「分かりません」となってしまうかもしれませんが、
「犬の困った行動を止めさせる方法があるとして
 どうしたら良いと思いますか?」と聴いてみると、
「きっとトレーナーさんの中には答えがあるんだ」となって、
トレーナーさんが思いつきそうな答えを想像して考えるようになる・・
つまり、もう一段階、踏み込んで色々な可能性を
模索して答えを導き出そうとしてくれるようになるそうです。

飼い主さんの思考が後ろ向きで
すぐに「私には無理」とか「できなかったらどうしよう?」
と考えて行動に結びつかない人でも
「解決する方法があるとして・・」と言う前提条件で考えなければならなくなれば、
「私には無理かもしれないけどやってみたとしたら・・」とか
「できなかったらどうしよう?でも、やってみたとしたら・・」
と言った前向きな思考になるかもしれませんし、
トレーナーさんに「やりなさい」と言われてやるのと
「解決する方法があるとして・・」と言う質問に対して
自分で出した答えに基づいて行動するのとでは大きな違いがありますから、
「あるとして・・」と言う前提条件で質問をする事で
「できない理由」を探せなくするのも良いと思いますし、
そうして、自分で出した答えに基づいて行動してみる・・と言うのも、

「問題」→「どうしよう?」→「どうせやっても無理」

と言うネガティブなループから抜け出すきっかけに
なるのではないかと思います。

勿論、そんな簡単には行かないと思いますが、
「ああしなさい」とか「こうしなさい」と指示や命令でやらせたり、
やらないと罰を与えたり、嫌な環境や状況を作って、
相手がやらなくてはならなくなるようにしむけるよりも
相手の「ポジティブな気持ち」を引き出せるような「質問」をしたり、
考えたりしてみるのも良いと思いますし、
そうして飼い主さんが前向きに動き出せば、
それは犬にも良い影響を与えると思いますので、
「できなかった時のリスクを考えたら」とか
「凄く面倒臭そうだな」などとストレスやデメリットばかりを見て
「できない理由」や「やらない為の言い訳」を考えるのではなく、
「できるとしたらどんな方法があるか?」
「やってみたらどう言う風に良くなるか?」
と考えて行動してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

効果的に叱りを用いる

 2018-10-26
DSC00342.jpg

10年ぐらい前までは、
犬のしつけも叱ったり、罰を与えたりして
正しい行動を教え込む・・と言うのが一般的でしたが、
そんな中でも「叱らない」と言う育て方は目新しく、
「犬を叱りたくない」と言う飼い主さん達にも支持されて
広まりかけましたが、やはり、まだまだ、指示や命令・・
叱りを中心としたトレーニングは根強く、
さらに「叱らないしつけ」は効果が出るまでに時間がかかる為、
10年経った今でも「叱らないしつけ」は
あまり広まっている感じはしないような気がします。

そもそも「叱らないしつけ」ってどんなだろう?と思ったものの、
「叱らない犬のしつけ」について詳しく書かれた本などはありませんでしたし、
ネットでも「叱らないしつけ」について書かれているページがあっても
「絶対に叱ってはいけない」と言う感じで、
根拠がいまいち、よく分からなかったりしましたので、
試しに「叱らないしつけ」と書かれた人間の子育て本を読んでみた所、
人間の子育て本だと、子供を叱ってはいけないわけではなく、
叱るなら行動のみを叱り、子供の人格を責めてはいけない・・とか、
過去を蒸し返して叱らない・・とか
親の「イライラ」した感情を子供にぶつけたり、
親の「こうであるべき」や「そうであってはならない」を
押し付け過ぎてはいけない・・
最終的には子ども自身に考えさせるようにする・・
と言う感じで書かれていました。

つまり、犬の「叱らないしつけ」と
人間の「叱らないしつけ」では、
根本的に大きな違いがある感じだったので、
そこから「犬の叱らないしつけ」に疑問や関心を持ったのですが、
それから、約10年・・
色々な子育て本を読んできましたが、
基本的な部分は同じで、叱るなら行動のみとして、
子供の存在を愛し、子供の考えや選択、行動を認め、
共感と肯定の気持ちで接するのが良いみたいです。

そして、そこに書かれている事は
犬と接する時にも共通する部分は多く、
それと言うのも、犬は人間のように言葉は喋れませんが、
人間の2~3歳ぐらいの知能は持つと言われていますし、
相手の気持ちを読む共感の能力や
メリットとデメリットを理解して
自分の行動を変化させられる知能も有していますので、
「心の理論」や「行動学」なども
犬を育てる時には役立つように感じました。

ただ、色々な「理論」や「教え方」などを学んでも、
それを使う飼い主さんの心の問題で
犬の行動の問題が改善されたり、されなかったり・・となると、
また、新たな問題が生まれてしまうのです。

つまり、犬のしつけの知識やスキルをいくら学んでも、
それを、いつ使うか?使わないか?
どれを選択するか?の部分にズレが生じてしまって
適切に用いられない事で問題が改善されない・・
と言う事も少なくないからです。

例えば、犬が飼い主さんに対して依存して、
1人では何もできなくなってしまっていて、
飼い主さん自身もそれが問題だと分かっていても、
その関係性を止められない・・とか、
犬が太り過ぎで病気になり、
動物病院の先生からも「痩せさせて下さい」と言われているのに
犬が求めるとダメだと分かっているのに食べ物をあげてしまう・・
と言うのは、知識やスキルとは違う問題ではないかと思います。

では、その飼い主さんの心理は?となると、
愛情を受けたり、与えたりする部分にズレがある為に、
他者からの愛情を受ける時も「不信感」を持ってしまって、
相手を自分から離れられなくしないと不安になってしまう・・とか、
愛情を与える時も愛情を与える割合が分からなくて、
過剰に干渉をしてしまう・・など、
実は「愛着」の問題ではないかと思うのですが、
そうなると、どこまでが「犬のしつけ」になるのか?
となってしまうと思います。

まぁ、叱る、叱らないの問題で言えば、
「一切、叱ってはダメ」と書かれている子育て本や
部下の育成本は少ないと思います。

ただし、叱ってばかりでもダメで、
叱るのなら効果的な叱り方を学ぶべきですし、
「叱る」のメリットやデメリットを学ばないまま、
「叱るのはダメ」となってしまうと、
相手の間違った行動を正す事が難しくなってしまう事もありますし、
「どうして叱ってはダメなんですか?」と聞かれた時に
明確に答えられないですし、
明確に答えられない事は自分でも疑問を持ちながら行う事になり、
それでは犬を育てる時に一貫性を失ってしまいかねないので、
叱るなら褒めるを増やして、3:7か2:8の割合で褒めを多くし、
さらに「褒める」「叱る」「褒める」と、
叱るの前後に褒めるを入れてみると、
相手にも受け入れて貰い易くなるみたいです。

ただ単に「叱れば良い」とか「叱ってはダメ」ではなく、
相手が自分の過ちに気づき、
前向きなモチベーションに変えていけるような
「叱り方」を用いるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫