FC2ブログ

目標設定の大切さ

 2018-09-13
20180829_183917.jpg

何年も通っているドッグトレーナーさんの所では結果が出ないので、
違うドッグトレーナーさんの所へ行ったら、
あっと言う間に犬が良くなったので、
「もう大丈夫です」と言って
トレーニングを止めてしまう飼い主さんも多いです。

犬と飼い主さんの問題は一つだけでは無かったりするのですが、
飼い主さんが一番、問題としていた犬の行動の問題が無くなった為、
「もうお金を払う必要は無い」と考えてしまうのは当然の事だと思いますが、
仕事として考えた場合、「結果を出すと顧客を失う」となれば、
それはそれで問題ではないかと思いますが、
結果が出せるトレーナーさんなら顧客も増えると思いますし、
「学び」は一生、続くと思いますので、
一番、大きな犬の行動の問題が無くなったとしても、
その後も学び続ける飼い主さんも多いのではないかと思います。

塾の先生でも教える内容が同じで、
生徒の実力も最初は同じぐらいだったのに、
いつの間にかクラス全体での平均点数で大きな差が
生まれてしまう事はあるみたいです。

そう言う時、「教えるのが上手だから」とか、
「知識やスキルを沢山、持っているから」と考えてしまいますが、
勿論、そう言う部分もあるでしょうけど、
最大の差は「生徒のモチベーションをいかに高める事ができるか?」
だったりする事は多いみたいです。

「受験に向けて」と言うのは、大きくて最大の目標だと思いますが、
そこに至る為のゴールを明確に意識させられるかどうか?
テストをして小さなハードルを飛び越えさせて
自信をつけさせる事も大切ですが、
生徒自信に目標設定をさせ、目的意識を持たせて意識改革をすると共に
生徒との話し合いをして、生徒の気持ちや考えを確認し、
それを用いて「では、どう指導をして行けば良いか?」と
先生自身も指導方針を考える土台とできるから、
ただ、頑張っているだけの生徒や先生が居るクラスよりも成績が高まる・・
と言う事はあるみたいです。

犬のトレーニングでも、飼い主さんが
「自分の犬が犬を見ると吠えるのを直して欲しくて来ているのに、
 なんで脚側の練習をさせられているのだろう?」と言う感じで、
飼い主さんの「こうしたい」とか「こうなりたい」があっても、
トレーナーさんが「では、こうして下さい」と言うだけで、
それをやる意味やそれがどう結果につながるか?を伝えないので、
飼い主さんも自分の行動を理解できていない・・
と言う事も多いみたいです。

でも、それでは、明確な目標設定も目的意識も芽生えませんから、
そのうち、「もう、いいや」となって止めてしまうと思いますし、
トレーナーさんはトレーナーさんで「やる気が無い」としてしまえば、
「犬の行動の問題を止めさせたい」と言う目標は同じなのに、
途中で気持ちや行動に大きな差が生まれてしまいますから
「話し合い」は大切だと思いますし、
飼い主さんに「目標」を書いて貰ったりすると、
飼い主さん自身の心の動きや目標も分かりますし、
目標に対する飼い主さんの行動を見る事で
現状の知識や理解度、スキルなども分かるのではないかと思います。

だから、「頑張ればわかってくれる」とか
「頑張れば結果はついてくる」ではなく、
「どう頑張るか?」の方に意識を向けてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫