FC2ブログ

告げ口と報告

 2018-08-31
20180830_181931.jpg

アメリカの小学校では
「余計なお世話」と「言うべき事」の
線引きをする授業が行われるそうですが、
これって、大人でも難しい問題ですよね?

例えば、職場で誰かが仕事をサボっているのを見てしまった・・
あるいは、職場で上司が特定の部下に対して
パワハラをしている所を見てしまった・・
と言う場合、どちらも上司や
上司の上司に報告するべき事のように思いますが、
他人がサボっているのを、
いちいち、報告するのは違うような気もします・・

では、逆の立場だったらどうでしょう?
部下のBさんが怒って「Aさんがサボっていました」と報告をして来た時、
それに対応をしなければ「サボり」を推奨する事になって
職場、全体の士気や意欲が下がってしまうかもしれませんので、
Aさんを呼び出して注意をしたら、AさんとBさんの関係性が悪くなって、
お互いに会話をしなくなり、職場の雰囲気が悪くなったり、
お互いに相手のミスや問題点を報告してくるようになったり・・・
なんて事も起こるかもしれません

最近ではSNSで誰かのミスや失敗を書き込みする事も
あるかもしれませんが、
職場を良くしようとして行った「密告」が
結果としてお互いがお互いを密告しあう形となり、
誰も信じられなくなってしまうとしたら問題です。
そんな感じで「報告」と「告げ口」の違いや扱いは難しいですが、
例えば、子供が
「○○ちゃんが危険な遊びをしている」なんて言って来た時は、
子供にお礼を言って危険な遊びをしている子供の所へ行き、
すぐに危険な遊びを止めさせて注意する必要がありますが、
「○○君がマンガを読んでいます」
みたいな「告げ口」を推奨したくないのであれば、
その報告に対しての行動はしないのが良いみたいです。

では、「告げ口」かどうか?をどこで判断をすれば良いか?と言いますと、
「報告を受けた事で誰かを困らせるだけ」なら「告げ口」で
「報告を受けた事によって
 誰か困っている人を救える」のなら「報告」と考えてみるのが良いみたいです。

また、「子供がしてはいけない事をして怪我をした」と言う場合は
「困らせる事」と「救う事」の両方があてはまりますので、
その時は「救う事」を優先させて「報告」とするそうです。

子供の場合、先生に「褒められたい」とか
「認めて貰いたい」と言う気持ちから、
ついつい、正義の味方やお姉さん的な役割を担って、
「してはいけない事」をしている友達を注意したり、
それでも、相手が行動を変えないと
「自分は正しい事をしている」と言う意識から
先生に報告してきたりしますが、
そう言う時は、その子に向かって
「それは、相手を困らせること?
 それとも、助けること?」
と聞いてみるのが良いみたいです。

そうすると、その子は少し考えてから
「相手を困らせる事」だと理解すれば帰るそうですが、
実際は、「相手を助ける事」でもありますので、
子供が「分からない」と言った時は
一緒にこの問題について考えてあげるのも良いみたいです。

でも、相手を困らせるだけか?
それとも、救う事になるのか?
と言う視点で誰かに何かを言うかどうか?
を決めた事はなかったので、
これはとても大切な事だと想います。

職場でサボっている人を見つけた時も、
「上司に報告すればあの人も困るだろうし、
 そうすればサボるのを止めるだろう」と言うのは、
一見、職場のみんなの為であるようにも思えますが、
実は自分の「正義」とか「こうであるべき」から
相手をコントロールしようとしているだけ・・かもしれません。
また、そうして、権力を利用して
他者を思い通りにコントロールしようとしていると、
一時的には良い環境になるかもしれませんが
それが続くと周囲の人からは嫌われてしまうと思います。

勿論、誰かを助ける為にはそれが必要だと思えば、
自分が嫌われたとしてもそれを受け入れて
行動をすれば良いと思いますので、
そうした覚悟もなく、
一時的な「正義感」や「その場の承認欲求」だけで
誰かを困らせるような事を言ったり、
その場の裁判官的な事はやるべきではないのかもしれません。

犬の場合、他の犬のミスや失敗を告げ口してきたりはしませんが、
飼い主さんが「告げ口」と「報告」の違いが分からない事で
周囲の飼い主さん達とトラブルを起してしまい、
結果、自分の犬に友達を作って上げられない・・
となってしまうと、それはちょっと困ると思いますので、
「あの飼い主さんは・・」と
個人攻撃になるような事は言わない方が良いと思いますし、
逆に困っている飼い主さんが居るとしたら
「あの飼い主さんはいつも困っているようだけど
 何か手助けはしてあげられないかな?」
と他の飼い主さんに相談をしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

「争い」との付き合い方

 2018-08-30
20180830_175607.jpg

子供に「争い」が起きた時の対処法を教える為には
親としての「お手本」が大切になってくるみたいです。

しかし、多くの親や大人達は何も考えないまま・・
あるいは、感情のおもむくままに相手に怒りをぶつけ、
子供が言う事を聞かなければ、
「今すぐにやらないと叩くわよ!」とか
「言う事を聞かないと夕食は抜きよ」などと、
言葉や暴力を用いて子供に対して「罰」をチラつかせ、
自分の思い通りに従わせようとしますが、
子供がそこから学ぶ事は他者との意見や考えの違いは「争い」を生み、
争いは「勝ち」か「負け」を生む「競争」であり、
相手は「敵」であり、敗者は酷い目に合わされてしまう為、
そうならない為には相手に勝利して負けを認めさせ、
相手を支配する必要がある・・となってしまうかもしれませんが、
「争い」はお互いの「想い」や「考え方」を知り、
お互いにとって良い結果を導き出すためのモノや
「成長の機会」として考えるべきであり、
相手の言う事に一切、耳を貸さず、
ただただ、自分の主張だけを「正解」として押し通していると、
勝者と敗者が生まれてその場は一旦、収まるかもしれませんが、
そこから関係性の亀裂や新たな争いの種を生みかねないので
注意が必要みたいです。

また、ただ単に争いを避けようとして、
「今は機嫌が悪いのだからそっとしておきなさい」とか
「あなたが大人になりなさい」とか
「喧嘩はダメよ、仲良くしなさい」などと仲裁に入ったり、
その場をとりつくろったりするのも
確かに争いを避ける事は大切ですが、
必要な争いまで避けてばかりいると、
他者の言いなりになり、
ひどい目にあわされてもそれを受け入れて抵抗をせず、
結果、そのストレスを自分自身に向けてしまったり、
あるいは、その環境や状況から逃げる事で解決しようとするので
その場に居続ける為には相手と必要以上に仲良くならないようになり、
他者との良好で親密な関係を築き難い・・
なんて事もあるのではないかと思います。

争いはなるべく避けるべきですが、
やるのならば絶対に勝たなければならない・・
などと考えてまいがちですが、
争いは避ける事で問題がより大きくなってしまう事もありますし、
争いを「上下」や「勝ち負け」だけで捉えていると、
「他者との相互理解」と言う大切な部分を見落としてしまいますから
争いが起きた時は自分を含めた
すべての人の考えや気持ちを理解するように
努力してみるのが良いみたいです。

まぁ、争いが起きている時はとてもじゃないですけど、
相手の気持ちや考えを理解しようなんて思えないですが、
普段から大人だけで物事を決めるのではなく、
子供も含めてみんなで意見を出し合い、
お互いの言い分に耳を傾け、
問題を解決する為に協力をし合っていれば、
家族の誰かが絶対に正しくて、、
家族の誰かが絶対に間違っている・・
なんて事は無いと知る事ができますし、
そして、多くの問題が「ただ一つの解決法」で解決されるのではなく、
トライ&エラーを繰り返す中で
正解を見つけて行くものだと気づけるそうですし、
そのような過程を通して、
自分の気持ちや考えにみんなが耳を傾けてくれ、
自分は大切にされている・・と実感できれば、
家の外に出ても、自分の意見に自信が持てますし、
他者の意見や考えに対しても、頭ごなしに否定をするのではなく、
争いを避けるだけでも、上下や勝ち負けに固執する事でもなく、
本質的な解決に向けて行動ができると思いますし、
それは、闘う事や逃げ出す事に勝る解決策なのだそうです。

勿論、犬が相手の場合、話し合いで解決をする事は望めませんが、
争いが起きた時や争いが起きそうな時の
飼い主さんの態度や対応を犬は見ていますので、
例えば、自分の犬が他の犬に対して吠えた時、
「コラ!ダメ!いけない!」と大声を出し、
恐怖と威圧で犬の行動を抑えようとしていると、
犬は問題が起きた時は、
相手に対して恐怖と威圧を与えれば良い・・と学びますので、
相手の犬に不安を感じるたびに吠えて相手の犬を牽制し、
追い払おうとしますし、
「相手の犬が生意気だから教育をしてあげているのね」なんて、
自分の犬が上で相手の犬が下と言う視点で飼い主さんが見ていると、
飼い主さんがいくら言葉で「ダメよ」なんて言っていても、
犬は飼い主さんの態度を見て
「これは良い事なんだ」と理解をしてしまったりします。

また、お散歩中、問題が起きる前から犬を避けていると、
犬は問題が起きた時は避ければ良い・・と学びますので、
嫌な事からはすぐに逃げ出そうとし、
自分の好きな事しかやらなくなったりもしますので、
そうした問題が起きた時は、
まず、犬の気持ちを考え、飼い主さん自身の気持ちを見つめて
自分は「どうしたいのか?」とか
「どうしたら良いのか?」と言う事を
「たった一つの答え」で解決しようとするのではなく、
犬と一緒に模索しながら妥協点を探してみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

争いを終わらせる為には勝つ事よりも協力する事

 2018-08-29
20180814_180422.jpg

今はスマホでもテレビが見られるようになった為、
1台のテレビのチャンネル権を巡って
きょうだい同士が争う事も無くなったと思いますが、
それでも、一冊しかないマンガや
一つしかないおもちゃや食べ物を巡って
きょうだい喧嘩が起きる事もあるのではないかと思います。

例えば、弟が見ていたマンガを兄が奪った・・とか、
兄がゆっくろと読んでいるマンガに対して
弟が「早く、早く」と急かして喧嘩になった・・
などと言う場合、多くの親が
「喧嘩をするならこのマンガは取り上げます!」
と言って問題となる要因を排除して、
争いを解決しようとしますが、
どうしてそう言う事をするのか?と言いますと、
きょうだい間で争いを平和的に解決できるとは思っていないから・・
親が強制的に介入して問題となる要因を取り去るしかない・・
と考えているからかもしれませんが、
そこから子供達が学ぶ事は
「親のように圧倒的な力と権力があれば
 他者を屈服できる」かもしれませんし、、
逆にそうした争いが嫌いな親の場合、
「喧嘩をしないで一緒に仲良く読みなさい」と言うかもしれませんが、
それができないから争いになっているのですし、、
親の提案は何一つ、問題を解決する役には立っていませんので、
単に見せかけだけの平和を望んでいるだけ・・
だったりする事も多いみたいです。

では、どうしたら良いか?と言いますと、
争いとなる大元・・
例えば、マンガならマンガを取り上げ、
テレビならチャンネルを取り上げた後、
親の方を見て文句を言う子供達に対し、
「今、喧嘩中なんでしょ?
 だったら二人でこれからどうしたら良いか?
 を決めたら返してあげるよ」
と問いかけてみるのも良いみたいです。

そうすると、子供達は、
「マンガが読めない」とか「テレビが見れない」のは、
自分達の「争い」が原因だと分かりますので、
単に相手を非難するだけではなく、
「仲良くする為にはどうしたら良いか?」
と前向きに考えるようになるそうです。

中には、兄が弟に暴力を振るい、
弟に「お兄ちゃんの好きにして良い」と言わせる・・など、
「力」で問題を解決しようとするかもしれませんが、
それは、仲介役として「許されない解決法」とするのが良いそうです。

しかし、兄が
「今日、見せてくれたら明日は好きに見て良いぞ」と言って来た時、
実は兄は明日、居なかったり、テレビも面白い番組がない・・
と理解したとしても、
親として・・仲介役として、そこには口を出さないようにして、
弟の判断に任せるようにするのが良いみたいです。

そうして、弟は兄にだまされる中で
「騙されない為には?」を学んでいきますし、
力だけでは解決できない、大人の社会の中での
「交渉力」を学んでいけるのではないかと思います。

そして、その為に必要なのが、
二人に「何が問題なのか?」と言う事と
「問題の解決方法」について考えさせる事だそうです。
二人の意見を聞いても
お互いに相手の悪い所を言い、
自分にとって都合の良い事しか言わないでしょうし、
最終的には親が判決を下さらなければならず、
それだと、結局、自分の思い通りに行かない方の不満が溜まるだけだし、
そこから学ぶ事は結果の為にいかに親を騙すか?であり、
それは人間不信な子にしてしまう要因になるかもしれませんので
注意が必要みたいです。

犬の場合、犬同士での話し合いは望めませんが、
例えば、一つのオモチャを取り合って喧嘩をしてしまう場合、
喧嘩をしたらおもちゃを取り上げ、
落ち着いたらおもちゃを与え・・を繰り返す事で、
犬達も「喧嘩をするとオモチャを取り上げられてしまう」
と学んで、お互いにとって
ベストな解決策を見出すようになるのではないかと思います。

例えば、年上の犬がおもちゃで遊んでいると
年下の犬が何度も何度もちょっかいを出してくるので、
年上の子が怒って喧嘩になり、
その結果、飼い主の介入によっておもちゃが失われてしまうと、
年上の犬が他のおもちゃで遊び出す事で、
年下の犬が思う存分、おもちゃで遊んで疲れ果て、
飽きておもちゃを離した瞬間に
年上の犬がそのオモチャを咥えて、
年下の犬に見えない場所でおもちゃを噛んだり、
年下の犬が届かない場所に移動してオモチャを噛む・・
など、年上の子が可哀相にはなりますが、
平和的な解決法を見つけてくれる事で、
年下の犬が来る度に唸って、吠えて、攻撃的な行動をする・・
と言う行動を強化させずに済む事もあるのではないかと思います。

多頭飼いをしていると、つい、問題の原因を取り上げて終わり・・
とか、そんなに喧嘩になるのなら・・・と、
同じおもちゃを買い与えたりしますが、
犬同士の中で争いを収めさせる・・と言う事を考え、
犬達に問題について考えさせるようにすると、
少し時間はかかるかもしれませんが、
犬も自分の感情をコントロールしようとしますし、
「問題解決の為には他者と仲良くしなければ・・」と言う事も
学べるのではないかと思います。

人間でもトラブルを起こした時に
泣く事で「仕方がない」とされて許されてしまう事はありますが、、
泣いた人は泣いただけで、その後の行動は変わらず、
非協力的なまま行動だけが許され続ける・・としたら、
それは単に問題を後回しにしているだけですから、
泣こうが喚こうが「問題」に向き合って貰い、
泣いて反省を示すよりも「これからについて一緒に考える」
と言う事が重要になってくると思いますし、
犬もそれは、同じでお腹を出そうが、反省した顔をしようが、
「反省のポーズ」を示す事よりも問題を起こさないよう
問題について一緒に考えて行くのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

直感は脳の予測思考?

 2018-08-28
DSC00095.jpg

「ルール」は大切ですが、
「ルール」を重視するばかりに
自分の中の「直感」を封じ込めてしまう人も多いみたいです。

例えば「絵画」を見た時や「音楽」を聴いた時などに、
自分が感じた事、思った事を優先させずに
製作者の意図は?とか、
どう言う気持ちの時に作られた作品なのか?と、
製作者との答えあわせをしようとしてしまいますが、
「どう感じたか?」は自分の中の問題であり、
そこには正解も何もないと思うのですが、
国語のテストで「作者の気持ちは?」と問われた時の様に
製作者の意図や考えのみが正解で、
それ以外の「考え」や「感じ方」は不正解としてしまうと、
自分の中の「直感」や「感受性」を
鈍くしてしまうのではないかと思います。

勿論、「直感」は外れる事も多いです。
「賭け事」などは「直感」に頼っても損してばかりだと思いますが、
でも、それは、知識や情報が足りないから?
と言う理由もあるのではないかと思います。

脳科学によると、脳は思考をする前に
ある程度、答えを出しているそうで、
スマホで文字を入力するときの「予測変換」みたいな感じで
最後まで文字を入力しなくても
これまでの過去のデータを元に「正解」を予測したりしますが
「直感」もそれと似たようなもので、
色々や要素が複雑に絡み合い
「どうしたら良いか?」が分からなくなっている状態でも、
脳の中では正解への道筋を「予測」し、
漠然と「こうすれば良いのかも?」と言う答えが出ている・・
と言う事もあるのではないかと思います。

勿論、パソコンやスマホの文字変換のように、
過去のデータが無ければ予測はされませんし、
間違った予測が出たりする事もあるかもしれませんが、
だからと言って「ルール」や「正解」を探して
自分の直感を捨ててしまうと直観力は伸びませんから、
直感を信じて行動し、そこで失敗をしたとしても、
それが、次に思考をする時のデータになりますし、
そうして、失敗や成功を繰り返して行けば、
より、正確な「予測」も可能になるのではないかと思います。

犬のしつけも「本」に頼るのは、
「正解」を得ようとしているからだと思いますが、
本に頼りきりで自分で考えて行動をしないと、
直観力は養えないと思いますし、
本に書かれている事は一般論であり、
自分の犬にとってのベストではない事の方が多いので、
本を読んで「正解」を求めれば求めるほど、
自分と自分にとってのベストな正解からは遠ざかって行ってしまう・・
と言う事はあるのではないかと思います。

勿論、最初は本を読む事も必要だと思います。
それが「データ」として蓄積され、
思考をする時の「予測」の材料になると思いますが、
人間を相手にした「賭け事」と同じで、
「正解」だと思って行動をしたとしても、
犬がその裏をかいて来たり、
「予測」をして行動をしても、
犬がその一枚、上を行く・・なんて事もありますので、
生き物が相手では本に書かれた「正解」をなぞっているだけでは難しい・・
と考え、「直感」を鍛え、脳に収められた
沢山のデータの中から正解を予測して
行動をして見るのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)

自分でどうするか?を育てられる環境作りをする

 2018-08-27
DSC00022.jpg

子供がコップを落として割ってしまった・・
そんな時、
「何しているの!?
 注意力散漫だといつも言っているでしょう?
 後片付けはママがやっておくから
 あなたは部屋に行っていなさい!」
などと子供を注意した後、
問題から遠ざけようとしてしまいがちですが、
そこから子供が学ぶ事は、
「どうして問題を起こしてしまったのか?」よりも
「問題があるのは自分」だとして自信を失ってしまいますし、
自分が起した問題から遠ざけられてしまうと、
「問題が起きた時にどう対処をするのか?」も学べませんので、
自分1人の時に問題を起こした場合、
「どう対処をしたら良いのか?」が分からなくて
立ち尽くしてしまうかもしれません・・

また、逆に親の方が
「こんな所にコップを置いてしまってゴメンね
 怪我はしなかった?ママが悪かったから気にしなくて良いのよ
 ママが片付けるから違うコップを使ってね」
と子供に謝ってしまうと、
子供事は問題が起きてもそれは他の誰かのせいであり、
自分が責任を負う必要も問題を解決する必要も無いし、
責任の負い方も問題の解決法も分からないから
常に誰かのせい、何かのせいにしたい・・
と思うようになるかもしれないみたいです。

勿論、子供に割れたガラスのコップの片づけを
させるのは危険かもしれませんが、
それでも後片付けのお手伝いをさせるぐらいはできると思います。

問題が起きた時はその解決に取り掛かる前に
「それが誰の問題であるか?」をハッキリさせておく事も大切だそうです。
基本的には問題は起こした人が解決するべきですが、
親が「問題をはやく解決したい」と思ったり、
「子供に好かれたい」と肩代わりしてしまってばかりいると、
確かに問題は早く解決しますし、子供からも好かれるかもしれませんが、
それ以上にその行動によって子供がどう考えるようになるか?
を考える事が重要になってくるそうです。

学校のテストならば「いかに早く正解を出せるか?」が重要になってきますが、
子供の思考の方向性を導いて行く事を考えた場合、
単なる効率や人気のバロメータを重視してしまうのは違うみたいです。

勿論、子供が問題を抱えているのに親が全く関与をしないと言うのも
親としての責任を放棄している事にも
なりかねないそうですから注意が必要ですし、、
子供が本当に困った時に親に頼れないのは問題ですので、
叱るでも助けるでもなく、まずは、問題を起した子供の行動を見守り、
もし、子供が解決法を見つけられなくて動けなければ、
問題解決に向けて一緒に話し合い、
「ママは何を手伝えば良い?」と子供の考えに協力する形で手伝い、
子供が問題を解決する為の行動をサポートするようにすると、
子供は問題を起こしてもそれを隠そうとしなくなり、
誰かの・・何かのせいにするのではなく、
自分で問題を解決しようとするそうですし、
もし、自分の手には余る問題だとしたら、
他の誰かに頼る事ができるようになるそうです。

犬の場合、さすがにそこまでの問題解決能力はありませんが、
犬が問題を起こした時も単に叱ったり、
変わりに問題を解決してあげるばかりではなく、
問題とそれに対する犬の行動を見守り、
犬にその結果を向き合わせるようにして
「自分の問題」だと認識させた上で、
その問題の解決法や回避法について、
一緒に考えて行ってあげる・・
と言うのが良いのではないかと思います。

ナビに頼りっきりの人は地図を覚えようとしないように、
誰かが自分の代わりに問題を解決してくれるとしたら、
人はあえてそこを頑張ろうとは思わない事の方が多いですから、
親や飼い主さんが代わりに問題を解決してあげよう・・
解決してあげなければ・・と思っている間は、
犬はその問題について考えなくなってしまう・・
として、助けは必要最低限にしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫