犬の中の「幼児的万能感」

 2018-06-15
000DSC00500.jpg

「完璧主義」の人は「0か100か」と言う思考が強いような気がします。
問題が起きた時に全力で問題に取り組み、
完璧な解決を目指しますが、その反動からか、
休日は家の中で何もせずに一日中、ゴロゴロ・・とか、
自分が得意な事・・勝てそうな事には前向きだけど、
苦手な事・・勝てそうにない事は後ろ向きでチャレンジしなかったり・・
苦手な事を避けていれば失敗する心配は無いかもしれませんが、
新しい学びや経験を得るチャンスを失い、
成長する機会を無くしてしまう事にもなりかねません。

まぁ、「完璧を目指す」と言うのは
「理想の自分を目指す」と言う事ですから、
それはとても素晴らしい事だと思いますが、
それが「ミスや失敗は許されない」となってしまうと
行動する事に臆病になってしまいますし、
理想を求めつつも、そうではない自分を見て、
かえって自分の価値を低く見てしまう事にもなりかねないと思います。

そして、「理想の自分」を目指して頑張り続けて燃え尽きてしまったり、
「理想の自分にはなれない」とあきらめて、努力する事を止めてしまったり、
「理想の自分」でなければ受け入れてくれない(と勝手に思い込み)親や大人、
友達などに対する不信感を増大させて、自分の殻にとじこもってしまったり・・

だから、「0か100か」ではなく、
とりあえず「1」を目指して歩み始めてみる・・と言う事が大切だそうですし、
「100」と言う結果では無く「1」を歩み出せたこと・・
そこから一歩ずつでも良いので歩き続けている「過程」を大切にし、
自分で自分を認めるようにしてみると、
「0か100か」以外の価値観で自分を見れるのではないかと思います。

「何もしない事で自分を守る」
「結果を出せないと”本気を出していない”とアピールをする」
「自己中心的である」

ーと言うのは「幼児的万能感」の特徴だそうですが、
特に「自己中心的である」と言うのは難しく、
誰も何も言っていないのに
「みんなは私の事を嫌っているに決まっている」など、
他者の気持ちや考えなどコントロールできないのに、
「みんながみんな、そう思っている」
と勝手に決め付けて、それを信じて疑わない・・
と言うのも、ある意味で自己中心的であり、
「幼児的万能感」が強まっているのかもしれませんので、
それを弱める為にも、実際に色々な人とお話をして
他者と自分の境界線をしっかりと分け、
「自分の考えは所詮、自分の考えでしかない」と言う認識を
強めて行く事も大切だそうです。

人は自信を育てようとする時、
競争で勝ったり、資格を得たり・・と、
他者から何かしらの評価を得ようとしますが、
そうした「根拠のある自信」は、
他者からの評価を失う事で無くしてしまう程度の
儚い自信だったりしますので、
そうではなく、自分で自分を認める気持ち・・
「根拠の無い自信」を持つ事が「万能感」の源であり、
それは、大切で必要なものだと思いますが、
「万能感」はあり過ぎても困りますので、チャレンジをして
ミスや失敗をする事で調整をする必要もあるそうです。

また、必要な経験を得ようとせず、
知識も独りよがりで偏っていて
他者の意見や考えも受け入れようとせずに膨れ上がらせている万能感は
「幼児的万能感」と言うそうですので、
それを小さくする為には、自分で考え、選択して行動し、
成功や失敗を繰り返す中で
物事の難しさを理解して行く必要があるのだそうです。

子供の頃はみんな、強い万能感を持っています。
それは、親からの愛情があるからだと思いますが、
ある時期を過ぎた辺りから、親も厳しくなり、
思い通りに行かない経験を沢山し、
願いを叶える為には努力が必要である事を学びますが、
親が子供を甘やかして「我慢」などの必要な知識や経験値を与えず、
叱られた経験もほとんどなくて、
なんでも自分の思い通りになると勘違いをさせ、
実際に思い通りになる成功体験ばかりをさせて、
挫折の経験がなかったりすると「幼児的万能感」が膨れ上がりますが、
社会に出たら、突然、思い通りにならなくなったりしますが、
膨れ上がった万能感から他者に頭を下げる事ができず、
うまく行かない精神的なストレスから「依存症」になったり、
「過度な承認欲求」を抱えてしまったりするそうですから注意が必要みたいです。

しかし、犬の中にも、知識も経験値もなく、
独りよがりで、他者の気持ちや考えも読み取ろうとしない
「幼児的万能感」で一杯の子が居たりしますが、
それは、ある意味、飼い主さんが甘やかして必要な知識や経験値を与えず、
叱られた経験もほとんどなくて、
なんでも自分の思い通りになると勘違いをさせ、
実際に思い通りになる成功体験ばかりをさせて、
挫折の経験がなかった・・と言うのも要因ではないかと思いますので、
なんでも自分の思い通りになる・・なって当たり前・・
と勘違いしてオモチャや食べ物に強く執着して、
飼い主さんや他の人や犬に対して攻撃的な行動をしても当たり前・・
と思ってしまわないように、
我慢や挫折を教えてあげたりしつつ、
膨らんだ万能感を小さくしてあげる必要も
あるのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫