FC2ブログ

「与える」と「引き出す」

 2018-06-04
DSC00101.jpg

犬が苦手な犬が他の犬と仲良くなって行く様子を見ていると、
犬に対して「ああしなさい」とか「こうしなさい」と
指示や命令を出さなくても、良い環境の中で
「してはいけない事」だけを教えつつ、後は見守るようにして行くと、
段々と他の犬に対して自分なりのアプローチをして行くようになり、
沢山の失敗をしつつも、少しずつコミュニケーションスキルを
伸ばして行ける事は多かったりします。

勿論、最初から全く他の犬に対して興味が無い・・
他の犬と仲良くするだけのメリットは感じていないし、
他の犬と仲良くしなくてもデメリットは何もない・・
と言う考えの犬だったりすると、
変化を起そうと言う気持ちすら湧きませんので、
その考え方からアプローチをして行く必要はありますが、
基本的には犬同士の関係性を教える・・とか、
コミュニケーションの為の発想力を養う・・と言うよりは、
犬の中に元々、あるコミュニケーションスキルや発想力を引き出す・・・
と言う感じになるのではないかと思います。

勿論、知識が何も無い状態・・選択肢が何も思い浮かばない状態では、
引き出すものが無くて行動ができない事もありますが、
犬を教える時において、「与える」ばかりではなく
「引き出す」を考える事はとても重要になってくるのではないかと思います。

しかし、以外と「引き出す」が苦手な飼い主さんも多いです。
犬が「気づく」まで待てずに、つい、手や口を出してしまったり、
犬がちょっとでも困っていると放っておけず、
すぐに抱き上げて助けてしまったり・・

それも飼い主さんの優しさだとは思いますが、
「こうしなさい」とか「こうすれば良いんだよ」と
飼い主さんが与えるばかりで、
犬の考えや判断、行動力を引き出してあげられなければ、
犬はいつまで経ってもできるようにはなりませんし、
すぐに飼い主さんが与えてくれる・・となれば、
自分から頑張って答えを引き出そうとは
思わなくなってしまう事も多いのです。

しかし、そうして犬が自分の中の答えを引き出すまで待てないのは、
飼い主さん自身、間違っていると思いつつも
自分の中の「新たな答え」を引き出すよりも、
「何か違うな・・」とは思いつつもいつも通りの答えに
手を出してしまっているから・・かもしれないそうです。

犬がもし、困っていたら「何に困っているのだろう?」とか、
「どうしたら犬自身が答えを出せるように導いてあげられるか?」と考え、
自分の中の新たな答えを引き出すようにしてみると、
犬と飼い主さんの可能性を大きく伸ばせるのではないかと思います。

勿論、いつもいつも、犬が答えを出すまで待つ・・
と言うのは難しいのかもしれませんので、
まずは時間的な余裕を持って犬と接するようにしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫