主張をするのもされるのも怖いのは?

 2018-04-30
05xDSC00047.jpg

仕事中に意見がぶつかる事はよくありますが、
単なる意見交換のつもりが話をしだした途端、
険しい顔をして強い口調で自分の主張を押し通そうとしてくる人は多いです。

長く一緒に仕事をしている仲間でも認識の違いはあって当たり前なので、
その差を会話によって埋めようとしているのに、
話が「誰が悪いのか?」とか「どっちが正しいのか?」となってくると、
面倒臭くなって「はい、分かりました」と言っておこう・・とか、
あまり自分の意見は言わずに黙って従っておこう・・となりがちですが、
それでは根本的な問題解決にはなりませんし、
それこそ、相手の思う壺だったりしますので、
「相手は自分の主張を通す為に「怒り」と言う感情を用いて
 こちらをコントロールしようとしている・・」と考え、
険しい顔や強い口調を無視するようにしてみると、
残るのは「相手の単なる意見」だけなので、
それだけを聞いて、自分はどう思うか?と意見を述べるのが良いそうです。

同じ仕事をしても「知っている事」と「知らない事」に差はありますし、
「仕事の優先順位」に差があったりする事は多いです。
なので、お互いにどう考え、どう言う意図で行動をしていたか?
を話し合う事でお互いの理解力と仕事の効率を上げられると思うのですが、
相手が自分の意見を素直に受け入れないからと言って怒るのは違うと思いますし、
逆に必要以上に意見を言ってくる相手に対してプレッシャーを感じてしまうのも、
考えるべき点ではないかと思います。

人が二人居れば「主張」が起こります。
でも、主張をする事もされる事も「怖い」と感じるとしたら、
それは、相手を中心に考えすぎているからかもしれないそうです。
相手を中心に考えると相手の気持ちや感情に振り回される事になり、
必然的に「支配」や「コントロール」の影響を受けてしまって苦しくなる・・
そんな風に「支配関係」に囚われて考えてしまう・・と言う事は、
逆に言うと、自分もまた、相手に対して「上下」や「勝ち負け」の意識を持ち、
コントロールしようとしまっている可能性は高いみたいです。

勿論、怖がりな人は相手に勝とうとか上になろうとは思いませんが、
「自分が下だと理解している・・」と言う事を
相手に分かって貰えるように相手をコントロールしようとしたり、
自分の事を気に入って貰えるように場の雰囲気を支配しようとしたり・・
と、自分が攻撃を受けないよう、
精神的に相手を支配してコントロールしようとする事はあると思います。

しかし、そうした「支配」と「コントロール」に囚われた思考だからこそ
対人関係に恐れを抱いてしまうのかもしれませんから、
まずは、自分自身が相手を支配しようとしたり、
コントロールしようとする事を止める事で、
他者との関係性をより良くできるのではないかと思います。

勿論、最初は上手く行かないかもしれませんが、
それは、これまで自分の意見を言ってこなかったから
相手と自分との認識にズレが生じてしまっていたり、、
コミュニケーションスキルのレベルが低いからかもしれませんが、
そうした事は、これから、沢山、話し合う事で差は埋まると思いますし、
コミュニケーションスキルも上がっていくと思いますので、
まずは、スキルでは埋められない
「気持ち」や「意識」の部分から変えて行ってみるのも良いのではないかと思います。

そうした事は犬との関係においても同じで
犬の世界はまだまだ「上下」や「勝ち負け」で犬を支配しようとしたり、
コントロールしようとする考え方が多いですが、
その結果、人間に対してすごく怯える犬を作ってしまったり、
逆に犬に怯えたり遠慮をして
何も言えなくなってしまう飼い主さんになってしまうかもしれませんので、
「支配」や「コントロール」の意識を捨てて
自分の気持ちや考えに沿って犬と暮らしてみると、
犬もまた、自分の気持ちや考えを伝えてきてくれると思いますので、
それから、お互いにとってどうすれば快適な生活が送れるか?と、
「主張」と「我慢」をしながら一緒に「ルール作り」をして行くのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

自分に甘く、他人には厳しい?

 2018-04-29
xDSC00033.jpg

仕事はともかく町内の清掃作業などのボランティア的な集まりとなると、
一生懸命に働く人が居る一方ですぐにサボる人も居たりします。

「指示や命令ばかりをして自分は動こうとしない・・」なんて人も居て、
「自分には甘いけれど、他人には厳しい人だ」なんて陰口を言われたり・・

でも、実際は
自分に甘い人は他人に対しても甘く、
自分に厳しい人は他人に対しても厳しい・・
と言う感じみたいです。

では、どうして自分に厳しい人が自分に対して甘くなってしまうのか?
と言いますと、人は物凄く集中して何かをやったり、
精神的に張り詰めている時間が長く続いてしまったりすると、
強いストレスを感じて休息が欲しくなってしまうそうです。

つまり、「こうでなければ」とか「こうならないようにしなければ」と、
自分を厳しく追い込んで行くうちに肉体的にも精神的にも疲れてしまい、
休日になるとベッドに寝たまま動けなくなってしまう事もあるみたいですが、
そうして、休日をムダに過ごすと罪悪感を感じて
「このままではいけない」とますます、自分を追い込んでしまい、
休日まで自分を追い込んでしまう事で疲れが取れずに月曜日に突入してしまい、
結果、自分を労わりながら、うまく行かないイライラやストレスを
他者にぶつけてしまう・・
と言う感じになってしまう事はあるみたいです。

町内の清掃作業もそんな感じで、
動きたいけれど動けないお年寄りほど口ばかり達者だったりしますが、
それはみんなが一生懸命に働く中、
自分も同じように働きたいけど働けない負い目などから
せめて口だけは・・と思っているのかもしれません?

反対に「自分に甘い人」と言うのは他人に対しても甘いので、
他人がズルをしたり、サボったりしていてもその気持ちが分かるのか
イライラしたり文句を言ったりはしない感じがしますが、
仕事をする上で考えると、手を抜く事ばかりを考えている人も問題なので
休息が必要な時は充分に休み、エネルギーを蓄えたら、また、頑張る!
と言うのが良いのではないかと思います。

人間は皆、自分なりの基準や価値観、ルールに沿って生きています。
そして、それは他者を見る時や判断する時も同じで、
他者が自分の基準や価値観、ルールを無視したりはみ出したりした行動をすると、
「嫌悪感」を抱いて嫌いになったりしますが、
だからと言って「嫌い」と言う態度をしていれば、
今度は相手からも「嫌い」とされてしまう為、
そうならないように相手の気持ちを考えようとしたり、
自分の基準や価値観を緩めたりしますが、
それは「~べき」とか「~ではない」と言った自分のルールを曲げている事になりますので、
少しずつストレスが溜まって行きますし、
「自分が許せない範囲」まで相手がルールを曲げようとしてくれば、
やっぱり、許せなくなって喧嘩になってしまったりはすると思います。

そして、それは自分の犬に対しても同じで、
お散歩中、犬が自分の中のルールを守らないからと言って、
すぐに感情的になってしまうとしたら、
「自分に厳し過ぎるかも?」と考えてみて
自分の中のルールを緩めてみるのも良いと思います。

そして、その為にはどうしたら良いのか?と言いますと、
単純に「疲れた」と思ったら休憩をするのが良いそうです。
そうして、休憩をすればイライラも収まり、
次に活動をする為のエネルギーも補給できますので、
「休憩している事」に罪悪感を感じないようにしたり、
あるいは、気分転換の為に犬の事を考えないように他の趣味を見つけたり、
犬を少しの間、預けておでかけをしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。

休息をした事による回復力は、
自分を責めるか?責めないか?で変わってくるそうですから、
自分の犬の為にも積極的に気分転換をしてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)b
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

かながわグルメフェスタ2018in厚木

 2018-04-28
ゴールデンウィークと言う事で
「おでかけドットコム」の方も頑張って更新してみました!

普通にオススメなのは「あつぎこどもの森公園」なのですが、
個人的には「太陽の公園」のインパクトが強かったですね(笑)

最初は「Google Map」を何気なく眺めていたら見つけたのですが、
「太陽の公園」と言うぐらいだからこんな感じかな?
00太陽の塔
・・なんて思っていたら全く違いましたね。
まぁ、太陽と言えば太陽ですが、
あんまり公園っぽくはありませんのでこちらは特にオススメはしません(笑)

01aDSC09506.jpg
ちなみに先週は「かながわグルメフェスタ2018in厚木」に行ってきました。

01bDSC09510.jpg
折角なので犬連れでお散歩ついでに・・とも思ったのですが、
人が多そうなので置いて行ったのですが、入り口に
「ペット同伴での入場は遠慮していただいています」
と書いてあったので良かったです。

02DSC09514.jpg
ゆるキャラも沢山、来ているみたいです。

03DSC09520.jpg
飲食店も沢山、出ていて気になります。

04DSC09528.jpg
早速、「ゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ」の
「ゆたぽんイエロー」こと「たん平」クンが居ました。

05DSC09542.jpg
そして、このカワイイのが佐野市の「さのまる」だそうです。
ちなみに頭の丼は「佐野ラーメン」のだそうです。

06DSC09557.jpg
埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」のグッズ売り場です。
神奈川県のゆるキャラばかりかと思ったら
県外のゆるキャラも来てくれていたんですね。

08DSC09572.jpg
海老名市の「えび~にゃ」
意外と頭身が高いんですね。

09DSC09576.jpg
地元、厚木市の「あゆコロちゃん」

10DSC09585.jpg
郵便局のゆるキャラ「ぽすくま」

11DSC09592.jpg
陸上自衛隊の迷彩服の試着コーナー
無料でしたが、残念ながら子供のみ(^^;

そんな中、凄く歩くのが大変そうなゆるキャラが・・


そして、テントに入れないさのまる・・・

色々とカワイイ(^^)

13DSC09617.jpg
厚木のシロコロ・ホルモンが売っていたので
買ってみました!
以前から食べたいと思いつつ
なかなか、食べる機会がなかったのですが、
凄く美味しかったです。

その後は、オレンジレンジっぽい名前の
湯河原の「オレンジメンチ」を食べました。
商品を購入すると箸がついてきて、
それをそのお店専用のボックスに入れるとカウントされて
順位が決まって行くみたいです。

他にも相模原の「揚げたて カレードーナツ」を食べ・・

平塚市の「湘南こっこからあげ」を食べていたら

16aDSC09657.jpg
ステージでゆるキャラのイベントが始まりました!

神奈川県公園協会のゆるキャラ、
「コーちゃん」と「エンちゃん」
そして、シラサギのユウちゃんです。
この日はかなりの暑さでしたが一生懸命に踊っていました。


ユウちゃんは「県立 境川遊水地公園」のキャラクターだそうです。

あの公園はよく行くけれどこんなキャラクター居た?
と思ったら、イラストだとこんな感じなんですよね。
「シラサギのユウちゃん のキャラクタープロフィール [ご当地キャラカタログ]」

16dDSC09702.jpg
これがなんで立体的になるとこうなってしまうのだろう?
まぁ、ステージ外でも踊りまくっていて
面白かったですけど(^^)

17DSC09671.jpg
深谷市のふっかちゃん

18DSC09688.jpg
先ほどのバランスの悪いゆるキャラ・・
名前は分からず(^^;

ーと言う感じでゆるキャラ祭り・・じゃなくて
「かながわグルメフェスタ2018in厚木」でしたが、
実は同じ日にちょっと離れた公園で
厚木市内の人気菓子店舗が一堂に会するスイーツイベント
「あつぎスイーツランド2018」も行われていたみたいで、
そっちに行きそびれてしまったのは悔いが残りますね・・
まぁ、「かながわグルメフェスタ」は来年も行われると思いますので、
その時はしっかりと下調べをしてから行ってみようと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

職場の飲み会

 2018-04-27
04xDSC00045.jpg

仲間意識の向上や仕事に対するモチベーションを上げる為に
「お酒の席」を設ける職場や上司も居たりしますが、
飲み会の場では盛り上がったとしても
次の日になったら、みんな、いつも通りのテンションで
仕事に対する意欲も特に上がるワケでもない・・
と言う事は多いのではないかと思います。

では、どうして「飲み会」が「仕事に対するモチベーション」の
向上につながらないのか?と言いますと、
飲み会が仕事に対する動機付けになっていないからだそうです。

勿論、「お酒の席」を設ける事によって、
それまで、話をした事が無い人と話したり、
それまで、挨拶をする程度だった人と深い話ができる事で
人間関係が深まる事はあるかと思いますが、
それが、「仕事を頑張ると言う行動」に結びつくか?と言うと、
逆に「早く仕事を終わらせてまた、飲みに行きたいな~」
と言う方向性になってしまう事もあるのではないかと思います。

最近ではトレーナーさんの指導の下、
犬の飼い主さんが集まってお散歩の練習をしたり、
犬同士のコミュニケーションを行うイベントが増えているみたいですが、
意外と「トレーナーさんが居るから大丈夫」と言う感じで、
「トレーナーさんが居てくれるならできるけれど、
 自分1人では怖くて行動に移せない」と言う飼い主さんも
多いのではないかと思います。

そんな風にみんなで集まって練習するのは楽しいし、
飼い主さん同士の仲は良くなって嬉しいけれど、
では、それを実践に移せるか?
行動する頻度が高まるか?と言うと
そうはなっていない・・と言う場合、
折角、そうしたイベントに参加したとしても
自分の目的の為の「動機付け」には
結び付けられてはいなかったりする事は多いみたいです。

勿論、他の飼い主さんと仲良くなれて
自分の犬の経験値も上がるとしたら、
決して無駄な事では無いと思いますが、
「そうしたイベントに参加さえしてれば、
 犬もやる気を出すだろうし色々な問題も解決するはず」
と考えているとしたら、
「飲み会」と一緒で、その時は楽しいかもしれないけれど、
「継続の為のモチベーション」にはつながっていないと思います。

そもそも、飼い主さんが「犬が頑張る為のイベント」と考え、
自分の「動機付け」にしていなかったとしたら、
そうしたイベントに何回、参加したとしても
「その時だけ・・」になってしまう可能性は高いように思います。

「動機付け」には「ニード(必要性)」と「メリット(利点)」が必要だそうです。
だから、
「トレーナーさんが居て、
 他の飼い主さんと一緒のお散歩をすれば安心できるし楽しいから参加する」
と言う考え方だと、
「必要性」は「飼い主さんの寂しさを埋める為」となり、
「利点」は「楽しくて寂しい気持ちが埋められるから」となってしまって、
1人で寂しく地道に練習する為の
「動機付け」には結びつかない可能性が高いです。

なので、「目的」を「自分の犬に経験と正解を教えてあげる為」とし、
「その為にトレーナーさんや他の飼い主さんの
 動きを見る「必要性」がある為に参加する」とか
「分からない事や上手く行かない部分を聞く事ができる と言う
 「利点」の為に参加する」と言う風に持って行ってみると、
犬と二人で地道に練習する為の「動機付け」になると思いますし、
そんな風に「やる気が起きない」と言う時は、
自分の「目的」を再確認し、それを行う為の「必要性」や
その目的が達成できた時の「利点」などをしっかりと考えてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

目的に結びつく為の具体的な行動を起さなければ変われない

 2018-04-26
03xDSC00042.jpg

最近では動物病院だけではなく、
ドッグカフェやトリミングショップなどでも
犬のお預かりをしてくれたりしますが、
多くの場合、店内フリーだったり、
サークルの中で預かりをしていたりする事は多いです。

吠える事で飼い主さんを動かしてきており、
その行動に自信を持っている犬だったりした場合、
人が動いたり、目が合う度に吠える事は多いですし、
人が居なくても「吠えたら来てくれるのでは無いか?」と言う期待を込めて
吠え続けているケースは多かったりします。

クレートの中に入れて布をかけておけば、、
視覚情報は失われますので、
吠えても視覚的には何の変化も起きず、
しばらくすると飽きて静かになる事は多いので、
そのタイミングで「オヤツ」を与えて
「静かにしていた方が良いのだ!」
と言う事を教える事もできるのですが、
サークルだと視覚情報は沢山、ありますので、
「吠えたら角から飼い主さんが現れるのではないか?」
と期待して吠え続けてしまうのではないかと思います。。

ーとは言え「狭いサークルは可哀相」と考える飼い主さんは多いですし、
店員さんもサークルの中で犬が吠えているとうるさいので
「もうすぐママが来るわよ」と言って犬の吠えに反応し、
犬の「吠える」と言う行動にメリットを与え続けてしまったりもするのですが、
結局、犬も人も「どう言う目的を持って行動をするか?」なので、
例え、そのお店の人やその犬の飼い主さんに
「クレートに入れた方が静かになりますよ」と言ったとしても
店員さんは「お客さんの希望があるから・・」となり、
飼い主さんは「可哀相だから」となって、
「犬の吠え声がうるさい」と言う問題を二の次にしてしまい、
いつまで経っても、犬の吠え声が収まらない・・
と言う事は多いです。

つまり、周りの人がどんなに良い助言や苦言を伝えたとしても、
その人自身が心の底から「その通りだ」と思って自分の目的にできるか?
が今後の行動を変えて行く為の分岐点になると思います。

そして、それは犬の行動を変えたい時も同じだったりします。
犬が吠えて困るのであれば、犬が「吠える」と言う行動をしても
「何も良い事が起こらない」と言う風にし、
そうした経験を「犬が納得するまで」繰り返す事で
犬も「吠えても無駄なんだ」と感じて、
吠える長さや声の大きさが段々と小さくなって行くと思いますし、
その後は静かにしている時にオヤツを与える事で
「吠えない方が良い事がある」と言う事を
同じく犬が気づいて「その方が良いんだ」と納得するまで
続けて行くのが良いと思いますし、
逆に言うと、そのぐらいしないと犬の行動は変わらない・・
と言う事ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫