きさらちゃんと海老名運動公園

 2017-11-30
01DSC00877.jpg
紅葉がキレイだったので厚木の方へと行こうと思ったものの・・
トラック渋滞が酷かったので「海老名運動公園」へ行ってみました!

02DSC00893.jpg
以前、ここに来たのは圏央道ができるよりもずっと前だったので、
凄く久しぶりと言うか、色々と変わっていて違う公園みたいです。

03DSC00923.jpg
喫煙所・・
最近はタバコを吸える場所も減っているそうなので、
公園内にあるこぅした喫煙所も段々と姿を消して行くのでしょうね?

04DSC00952.jpg
キレイ

05DSC01011.jpg

06DSC01107.jpg
圏央道が見えます。

07DSC01117.jpg
偶然、出会ったお散歩中の子とごあいさつ

08DSC01121.jpg
きさらちゃんは少し興奮気味ですが、
ご挨拶をする事ができました。

09DSC01124.jpg
まだまだ、鼻挨拶止まりですが、
犬を怖がっていた頃と比べたら物凄い成長です。

10DSC01137.jpg
さらに歩いて行きます。

11DSC01205.jpg
圏央道の下の駐車場を越えて川の方へ・・
凄く広いです。

12DSC01227.jpg
再び先ほどの道へと戻り・・

13DSC01316.jpg
さらに進んで行きます。

14DSC01319.jpg
再び、ごあいさつ
今度は興奮する事もなく
上手に近づいてご挨拶をする事ができました。

15DSC01324.jpg
チャミもご挨拶

16DSC01325.jpg
それを見ていたら、
もう一度、ご挨拶がしたくなったみたいですが、
一度にご挨拶に来られても相手の子が嫌がると思うので、
なるべく1人ずつ・・順番に・・
と言う感じでご挨拶をさせて貰いました。

18DSC01384.jpg
さらに歩いて行くと・・

19DSC01401.jpg
ポニーのスケジュール表などが
飾られていました。

20DSC01406.jpg
ポニーが引く馬車で大人も乗れるそうです。(^▼^)ノ

21DSC01431.jpg
その後は芝生の広場へ

22DSC01434.jpg
早朝なので広場には誰も居ません(^^)

23DSC01484.jpg
そろそろ帰ります。
急遽、行き先を変更して向かった海老名運動公園でしたが、
園内は広くてキレイでしたし駐車場も500台以上がとまれて
さらに無料だったので、
今度、お散歩練習会も兼ねてみんなで遊びに来るのも良いかな?
と思います! (^▼^)ノ

24DSC01583.jpg
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

横浜港シンボルタワーと本牧山頂公園

 2017-11-29
01DSC09114.jpg
きさらちゃんを連れて
「横浜港シンボルタワー」に行ってきました!

02DSC09088.jpg
この日は柴犬を中心としたイベントが行われており・・

03DSC09070.jpg
きさらちゃんもフレンドリーな柴犬さんとご挨拶をさせて貰いました。
・・と言っても、実際はご挨拶までは行けなかったのですが、
それでも「相手の子とコミュニケーションをしよう」と言う
前向きな気持ちを持てた事は凄いと思います。

04DSC09137.jpg
勿論、柴犬だけではなく・・

05DSC09140.jpg
色々な子が居ましたが、不安になっても吠える事もなく、
目線を逸らして上手にスルーできていたのも凄いと思います。

06DSC09434.jpg
その後は「本牧山頂公園」へ

07DSC09442_2017120320212970d.jpg
ドッグランがある芝生の広場に行く途中でご挨拶のチャンス!

08DSC09445_20171203202128094.jpg
でも、途中で怖くなってしまったみたいです。

09DSC09477_20171203202127457.jpg
まぁ、怖くなってもそこまで引きずらないのが
きさらちゃんの良い所で、
芝生の広場に行ったら元気に走っていました!

10DSC09578_2017120320212788d.jpg
その後はドッグランでフェンス越しにごあいさつ

11DSC09579_2017120320212691e.jpg
フレンドリーな子達ばかりだったので
ちょっとビビリながらもご挨拶をする事ができました。

12DSC09697_2017120320222884b.jpg
再び移動して・・

14DSC09924_2017120320222786e.jpg
展望台がある丘の方へ

15DSC00118_20171203202226ab0.jpg
帰りに会った小さな子には
自分から積極的に行く事ができました。

16DSC00120_20171203202225acf.jpg
相手が自分よりも小さいから
気持ちが大きくなっているのでしょうか?

17DSC00123_20171203202224543.jpg
でも、相手の子が顔を逸らして移動しようと言うしぐさを見せたので、
ご挨拶はここまでにしてきさらちゃんを呼び戻して、
ご褒美のおやつを与えます。

19DSC00452_20171203202223017.jpg
最後に再びドッグランがある広場に行く途中で・・

20DSC00454.jpg
ご挨拶のチャンスがありましたが・・

21DSC00456.jpg
今度は強気に行き過ぎて
相手の子に引かれてしまいました。

22DSC00692.jpg
まぁ、そんな感じで、
怖くて相手の犬に近寄れなかったり、
逆にしつこく行き過ぎて相手の子に嫌がられたり、
調子に乗って直線的に相手に近づいた事で
相手の犬に逃げられてしまったり・・と、
上手く行かない事の方が多かったですが、
最初はそんなものなので、
犬が怖がっている時はオヤツで気持ちを盛り上げてあげ、
自分の犬がしつこ過ぎる時は「そうではないよ」と、
リードを引いて「引き際」を教えてあげ、
相手の犬に対して調子に乗っている場合は、
リードを伸ばすのを止めて
「そんな接し方をするようならご挨拶はさせないよ」と、
犬の行動に対してこちらも対応を変えて
自分の犬に対して「どうしたら良いか?」の
ヒントを与えてあげるのも良いと思いますし、
それで、自分の犬が良いご挨拶ができたとしたら、
それを、当たり前だとは思わずにしっかりと褒めて
「正解」を分かりやすく提示してあげるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

愛情を持つ事を義務にしない

 2017-11-28
02DSC00267.jpg

ボランティア団体などから成犬を迎えた時
ペットショップやブリーダーなどから仔犬を迎えた時と比べると、
大きく違うのがその子の歴史の長さではないかと思います。

その子がそれまで、どんな人間関係や環境の中で育っていたのか?
どう言う育てられ方や接し方をされていて、
どう言うルールの中で生活をしていたのか?
そうした事によって、その子に対する接し方やしつけの仕方を
変えてあげる必要もあると思います。

例えば、虐待を受けていた子と何のルールや制限も無い、
甘やかされて育ってきた子とでは、
オヤツやおもちゃに対する思い入れの強さや
排泄の失敗などに対する反応なども違ってきますので、
先住犬や過去に育ててきた犬と同じように育てようと思っても、
上手く行かない事もありますので注意が必要です。

飼い主さんは「前の犬はこうして育ててきたから・・」とか、
「こうして教えてきたから」と
上手く行った記憶を持ち出して教えようとしますが、
迎えられた子からしてみれば、
「前の家ではこれで良かったのに・・」とか
「優しくしているけど、何かあれば叩くに決まっている」など、
これまで育ててきた犬の記憶と
これまで育てられてきた家での記憶が
お互いの認知をズレさせ、
相手の行動を歪めてしまって悪い方向に考えてしまったり、
そうして、相手が思ったような行動や反応を示さない事で
よりイライラやストレスがたまって
お互いに「相手がこうしてくれれば」と、
自我のぶつかり合いになってしまう事も多かったりします。

そんな風に成犬を迎えた後、「しつけ」が上手く行かなかったり、
先住犬との折り合いが悪かったりすると、
「この子を迎えた事が間違いだったのでは?」などと考えてしまう事もありますが、
全く違う環境やルールの中で育った存在同士が一緒に暮らす事になるのですから、
最初はうまく行かなくて当たり前・・
むしろ、それが普通だと思った方が気持ちが楽になって
良いのではないかと思います。

また、
「先住犬と団体から引き取った犬は平等に愛して当たり前」と言う考えと言うか、
”そうでなければならない”みたいな考え方になってしまいがちですが、
「愛情」は「こうであるべき」と言った「義務感」で育つものでは無く、
お互いの関り合いから少しずつ育っていくものだと思いますから、
変な義務感を持つ事で重荷になるぐらいなら、
先住犬を優先してあげた方が新しく犬が増えても
変わらずにたっぷりの愛情が貰えて先住犬も安心すると思いますし、
そうする事で下の子に対しても変な嫉妬心が生まれず、
優しくしてあげられるのではないかと思います。
また、引き取った子が予想以上に行動の問題を抱えていて思い通りに行かず、
イライラが増えて、なかなか、愛せない・・と言う事もあると思いますが、
そう言う気持ちを持ってしまう事を否定せず、
問題を見ないようにしたり、後回しにしたりせず、
信頼できる犬友達やトレーナーさんに相談して
時間をかけて取り組んでみるのも良いと思います。

「迎え入れた子を幸せにしてあげよう」とは思っていても、
実際にはそれなりに問題は起きると思いますが、
犬同士の関係性の悪さを「相性」や「性格」のせいにするのではなく、
一緒に暮らす犬達の自信を育みつつ「ルール」を徹底し、
コミュニケーションスキルを高めてあげつつ穏やかな環境の中、
「新しく犬を迎えた事で世間からどう見られるか?」よりも
犬達の気持ちに目を向けてあげるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

独立心が強くなったり、依存が強くなったり

 2017-11-27
01DSC00153.jpg

子供が学校の先生の悪口を言ったり、
お友達の悪口を言ったりした時、
「そんな事を言ってはダメでしょ!」と、
叱られた経験を持つ方も多いと思いますし、
自分もまた、子供がそう言う事を言った時に
「そんな事を言っではダメでしょ」と
叱ってしまう事もあるのではないかと思います。

しかし、そんな風に子供の感情を否定し、
「こう言う風に思いなさい」とか
「こう言う風に感じなさい」と、
自分の「理想」を押し付けてしまっていると、
子供は親に対して自分の感情を表現する事を怖れるようになり、
嫌な事や辛い事があっても
親にだけは隠すようになってしまう事もあるのだそうです。

また、社会に出た時の基準や生き方を教えてくれるはずの親が
自分の中に自然に湧き上がる気持ちや感情を
否定するような事ばかりを言っていると、
子供のその後の人生観にまで影響を与えるようになり、
他者に対して自分の気持ちを表現する事を怖れるようになり、
自然な感情表現ができなくなってしまう事も
あるそうですから注意が必要です。

自分の不安や心の痛み、悲しみや怒りを表現したら
親の機嫌を損ねるのではないか?
そんな風に考えると、どんなに辛くても、
悲しくても怒っていても、その感情を隠した方が
他者と揉める事はなくなる・・と考えてしまいがちですが、
そうした考え方では、人を信用できなくなりますし、
自分も他者に対して知らず知らずのうちに
不機嫌になる事で相手の気持ちや感情を操ろうとしてしまう事もあるのだそうです。

親と子供が同じ気持ちや考えを持っているとしたら素晴らしいですが、
だからと言って、子供の気持ちを無理やり親に合わせるようとすると、
子供は自分の気持ちを偽るようになり、
自分を犠牲にして親を喜ばせるようになったりしますし、
そうした事が続くと、自分が本当に感じている事が
分からなくなったりする事もあるそうですが、
成長すると段々と自分の気持ちを聞いてくれない・・
気遣って貰えない事に怒りを感じるようになり、
大人になった時に「独立心」が強くなりすぎて
人とのふれあいを殆ど持たない人生を送ったり、
逆に常に誰かに愛されていたい・・必要とされたい・・
と強い「承認欲求」を持つようになってしまったりするそうそうですから
子供が自分の気持ちを表現する事を否定するのではなく、
感情を整理し、対処できるようにサポートしてあげるのが良いそうですし、
自分もまた、自分の気持ちをきちんと表現するようにするのも良いそうです。

子供の行動に対して怒りを感じていても、
「私は怒っている」と主語を「自分」にするようにして、
「あなたが怒らせた」とは言わないようにする・・
また、自分の感情の表現をオーバーに表現するのでも・・
過小に表現するのでもなく、適切に表現をし、
その感情は自分で対処ができると信じる事が大切だそうです。

犬の飼い主さんの中にも
犬が怒って吠えたり、不安になったりすると、
「大した事では無いでしょ?」とか
「そんな事で怒らないで優しくしなさい」と、
犬の怒りや悲しみ、不安などの感情を否定し、
自分の望む行動を取らせようとしてしまいがちですが、
犬の自然な感情表現に対して、
「否定」や「自分の考えの押し付け」ばかりをしていると、
犬は「飼い主さんは分かってくれない」と思うようになって
気持ちが離れてしまう事も多いですから注意が必要です。

飼い主さんは自分の親のそうした態度に対し、
自分を犠牲にして親を喜ばせるようにしていたかもしれませんが、
犬も最初こそ、そうした態度をするものの
すぐに飼い主さんから気持ちを離してしまい、他者に期待しない・・
誰とも深いつながりを持とうとしない独立心の強い犬になってしまうか、
飼い主さん以外の人や犬に愛想を振りまいて、
愛情を受けようとするような「愛情不足の犬」になってしまう事もありますので、
自分の犬にそうした問題が見られた時は犬のせいにするよりも
自分の接し方を見つめなおして
犬の気持ちや感情をありのまま、受け入れようとしていたか?
自分の気持ちや感情をありのまま、犬に伝えようにしていたか?
と考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

きさらちゃんと新横浜公園へ

 2017-11-26
01DSC03355_2017112521270766e.jpg
きさらちゃんと先住犬を連れて
休日の「新横浜公園」に行ってきました!

02DSC03405_20171125212706707.jpg
sideWANのお客さんつながりのノーフォーク君と・・

03DSC03447_20171125212705d9e.jpg
お預かり中のチョコラブちゃんを連れたsideWANのオーナーさんとも合流、
二人ともご挨拶が上手です。

04DSC03449_20171125212704d09.jpg
大きな身体で匂いを嗅がれていますが・・

05DSC03453_20171125212703589.jpg
怖がったり、吠えたりする事もなく、
上手に匂いの嗅ぎ合いができていました。

06DSC03520_20171125212702b8e.jpg
その後はみんなでお散歩へ・・

07DSC03521.jpg
先住犬もご挨拶

08DSC03548.jpg
休日の新横浜公園は人も犬も多かったのですが、
中でも走っている人やスケボーをする人・・
自転車の練習をしている子供など、誘惑がとても多い為、
吠えたり、走って追いかけたくなる気持ちを
犬自身がコントロールする練習にはピッタリだったと思います。

11DSC03837.jpg
ドッグランの横も通りましたが意外と落ち着いていました。

12DSC03883.jpg
犬を見ても興味がなかったきさらちゃんですが、
通りすがりのわんちゃんに・・

13DSC03885.jpg
ご挨拶をしに行く事ができました!
(^▼^)ノ「凄い!」

14DSC03898.jpg
犬に対して少し不安を抱えているきさらちゃんですが・・

15DSC03899.jpg
チョコラブちゃんは全く平気みたいです(笑)

16DSC03917_20171125212915a31.jpg
子供を発見!

17DSC03918.jpg
突然、子供に向かって走り出しました。
興奮なのか?確認なのか?
興味なのか?威嚇なのか?
どちらにしても経験値がなくて、
「どうしたら良いのか?」が分からない事から来る行動だと思いますので、
して欲しくない行動には「イケナイ!」と叱りつつ、
上手にスルーできた時は「そうだね」と言って
オヤツをあげて、正解と不正解を伝えるようにしました。

18DSC03942.jpg
再び、すれ違の子に近寄って行きますが・・

19DSC03943.jpg
きさらちゃんの近づき方も直線的なので、
相手が驚いて避けられてしまいます。
一応、リードを調整してゆっくりと近づけるようにしているのですが、
きさらちゃん自身が「素早く直線的に行くと相手に威圧感を与えてしまうから
 ゆっくりと円を描くように近づこう」と思ってくれるまでは、
しばらくこんな感じが続くと思います。

20DSC04002.jpg
でも、みんなとのお散歩が楽しいみたいで・・

21DSC04006.jpg
走っていました(^^)

22DSC04064.jpg
大きな芝生の広場です。
キャッチボールやサッカーをしている人も多いですが、
きさらちゃんはボールには興味がないみたいですね。

23DSC04068.jpg
人と犬が多い場所なのでどうかな?と思ったけど、
楽しんでくれているみたいで良かったです。

24DSC04516.jpg
その後は、sideWANさんのお客さんのお散歩練習へ・・

25DSC04520.jpg
その子の練習を見ようと近所を歩いていたのですが、
お散歩中のわんことご挨拶ができました。
きさらちゃんが怖くなって、
途中で「ガウガウ」とするかな?と思ったのですが、
怖くなる前に呼び戻したのが良かったのか、
上手にご挨拶をして終わる事ができました。

27DSC04557.jpg
他にも遠くを歩いている子を見たりしていましたが・・

28DSC04559.jpg
吠えて呼ぶ事もなく、
落ち着いてスルーする事ができていたので良かったです。

30DSC04568.jpg
その他にも・・

31DSC04571.jpg
色々な子とご挨拶をする事ができて、
お散歩練習を見に来たつもりが、
きさらちゃんの良いお散歩練習ができたと思います(^^)

34DSC04599.jpg
シュナちゃんです。

35DSC04601.jpg
きさらちゃんも自分から進んで近づいて行きますが・・

36DSC04602.jpg
途中でちょっと怖くなってしまったみたいです。

そんな感じで、新横浜公園を歩いたり、
お友達のわんこの家のご近所を歩いたり・・と、
きさらちゃんも大変な一日だったとは思いますが、
最初は犬を見ても見ないフリをして、
近寄ろうともしなかったきさらちゃんが、
まだまだ、未熟とは言え積極的にご挨拶に
行こうとするようになったのですから
大きな成長の姿を見られたと思います。
今後は他の犬との上手な近づき方やご挨拶の仕方など、
良い経験をさせてあげつつ、
教えて行ってあげられたら良いな・・と思っています。(^▼^)ノ
カテゴリ :きさらちゃん トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫