葛藤が自律の為には必要

 2017-08-31
05DSC09408.jpg

犬の「しつけ」と言うと、
叱ったり怒ったりしてやらせる事・・
指示や命令で言う事を聞かせる事・・
と言うイメージが強い気がしますが、
いつまでも叱られたり、怒られたりしなければやらない・・
飼い主の指示や命令を与えられなければできない・・
と言うのでは「しつけができている」とは言えませんので、
「しつけ」とは、自分からはやりたがらない事を
自発的にやるようにする事だと言えるそうです。

勿論、そうは言っても、すぐにできるワケではありません。
「もっと遊びたい」と「帰らなくてはならない」と言った気持ちのぶつかり合い・・
「やりたい事」と「やめなくてはならない状況」の中で「葛藤」が生まれ、
その中から自分の心と行動をコントロールする術を少しずつ
学ばせてあげるのが良いそうです。

勿論、だからと言って犬の欲求を全て否定するのではなく、
なるべく欲求を満たしてあげる方が良いそうです。
「自分のしたい事をする」
「誰かに自分の気持ちを理解してもらい、受け止めてもらう」
そうした事が「豊かな心」を育てて行くためには必要になってきますが、
だからと言って、欲求を全て満たしてあげる事は不可能です。

「遊びたい」と言う気持ちがあっても、
時間になれば帰らなければなりませんし、
「我慢して帰る」を自分で選択する為には、
最初は周りの援助が必要になってくるそうです。

しかし、多くの場合、「もう、帰るよ」と言った後、
犬が「逃げたり」「聞こえないフリ」をしたりすると、
「できるまで待つ」と言う行動を選択するよりも、
「コラ」と怒って犬を追いかけたり、
「じゃあ、お母さん、帰っちゃうわよ」
と言った行動を選択してしまう事はあると思います。

「教えて、待つ」と言うサポートをするどころか
「脅し」で言う事を聞かせようとしてしまえば、
そこから犬が学ぶ事は「言う事を聞かないと脅される」です。

犬自身が「帰りたくない」と「帰らなければ」と言う
葛藤の中から自分で正解を選択するのではなく、
飼い主さんの「脅し」によって仕方なく言う事を聞く・・
と言う事を続けていれば、
いつまでも、犬自身が「正解」を選択する事はできませんし、
ある意味「脅されたなら言う事を聞きなさい」と言う
「しつけ」をしているとも言えると思います。

犬の嫌がっている姿を見た時、
犬の気持ちを理解して「嫌だよね」なんて言ってしまうと
犬の嫌がる気持ちを肯定し、反抗を許してしまう事になりそう・・
とか、犬の「嫌だ」と言う気持ちを理解しているのに、
それを受けとめてあげないのは可哀想だと思ってしまったり・・

でも、「あなたの気持ちが分かる」と言う「共感」は
「同意」とは違いますので「犬の気持ちを理解しているよ」とした上で、
「正解」を選択できるようにサポートしてあげるのが良いと思いますし、
その為にも「この子はいつか正解を自分で選ぶ事ができる子」なのだと信じて、
長期にわたって根気よく教え続けてあげる事が大切みたいです。

飼い主さんの中には、
犬に「葛藤」を与える事を避けようとする人も多いです。
「葛藤して悩み、苦しんでいる犬を見ているのが辛い」とか
「葛藤から来る「要求吠え」や「ワガママ行動」などの問題行動を
 見ていられない」と言う事もありますが、
そうして「外からの干渉」によって犬をコントロールしていると、
犬は自分で自分の気持ちや感情をコントロールするスキルが伸びませんから
「ワガママ」になってしまう事もありますし、
危険な事に無防備なまま足を突っ込んでしまったり、
逆に自分の足で一歩を踏み出して世界を広げて行く・・
と言った内的な気持ちから行動も
あまりできなくなってしまう事もあるみたいです。

「しつけ」とは「飼い主さんの思い通りに動く犬」にする為ではなく、
心の揺れ動きの中でも自分なりに考え、
判断し、行動ができる犬に育てる事だと考え、
「過干渉」でも「無関心」でもなく、
その場、その場で正しいと思ったリアクションを返してあげるようにする。

「怒る」とか「可哀想」など、
自分の感情だけで判断し、行動するのは子供でもできます。
でも、幼い犬の心を育ててあげる為に犬を「できる存在」と認め、
犬なりの結論が出せるようになるまで教え、見守り、
困った時は「すぐに助けるよ」と言うメッセージを
送る事ができるのは「大人」なので、「その先」を見据えた対応をしてあげるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

何を教えたいのか?

 2017-08-30
04DSC00495_201708312013555e0.jpg

子供の学習をサポートしようと思った時に大切なのは、
教える方が「何の為の学習なのか?」を理解している事だそうです。

例えば「美術」でお母さんの絵を描く事になった時、
大切なのは「絵を描く事の楽しさを教える」だと思うのですが、
子供が描いた絵を見て「そうじゃないでしょ?」とか
「もっとこうでしょ?」と親が子供の絵に指摘ばかりをしてしまっては、
子供の「描きたい」と言う気持ちを萎えさせてしまう事にもなりかねませんし、
漢字の練習などでも「漢字を書いて覚える」為の練習なのに、
「字が汚い」とか「書き順が違う」などと、
いちいち言われたら、やる気を失ってしまい、
「親の前で勉強なんてしなければ良かった」と
なってしまう事もあると思います。

また、こうした事は犬との日々の中にもあるのではないかと思います。
お散歩中、犬とご挨拶をしてくれるだけで良いと思っていたのに、
いざ、相手の犬と飼い主さんを前にした途端、
「ほら、相手の匂いばかりを嗅がないで
 自分の匂いも嗅がせなさい」などと、
余計な指示や命令をして、
結果、ご挨拶ができた事を褒め忘れてしまったり、
ご挨拶自体に嫌な印象を与えてしまったりする事もあるみたいです。

そんな風に、ついつい、「できている事」よりも
「できていない部分」に目が行ってしまう事はありますが、
最初から完璧を目指して、あれもこれもと教えた結果、
「やる気」を失わせてしまう事も多いですから、
目標を持って何かを教える時は教える順番を段階分けして、
一つ、一つ、順番に教えて行くのが良いそうです。

つまり、「相手の犬とのご挨拶」を教えたいのなら、
それ以外の行動まで同時に教えようとはしない・・
勿論、相手の犬が迷惑をしているのなら、
「その行動は違う」と言う事を教える必要もありますが、
「相手の犬に自分の匂いを嗅がせる」と言った
より良い正解まで教えようとはせず、
まずは、相手の犬とのご挨拶の経験を重ね、
それがある程度、できるようになったら
もう少し、軽いステップアップ・・
とつなげて行くのが良いのではないかと思います。

飼い主さんとしては、
つい、「もっと、もっと」と求めてしまいたくなりますが、
そうした横やりが犬のやる気を削いでしまう事もありますので、
焦らずに教え、見守ってあげるるのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

過去への質問 未来への質問

 2017-08-29
02DSC00168_20170829203928f43.jpg

犬の行動の問題で悩んでいる飼い主さん・・

「本当は○○したかったんですけど
 旦那が可哀想だと言うので・・」

など、「こうしたい」と思っている事と実際の結果が異なり、
そして、その問題をどうしたらよいか?が分からない場合、
「自分も悪いんだけど、でも自分だけが悪いわけではない」
と言うような言葉が出てしまう事は多いと思います。

そんな時、つい、「やる気」を出させようとして
「気持ちは分かるけどなんでやらないの?」とか
「本気でやろうと思っているの?」とか
「やらないとどうなるか分かっているの?」
などと言ってしまう事はあると思います。
でも、こうした言葉は全て「過去の出来事」に目を向けた質問だそうです。
「できなかった事」に対してその理由や原因を探そうとすると、
質問をされた方は
「旦那には逆らえないから」とか、
「可哀想と言われてしまうとどうしようもない」とか、
「口論になると、犬が怯えるので・・」など、
「言い訳」が出てきてしまう事は多いです。

それは何故か?と言いますと
「できなかった」と言う事に「負い目」を感じ、
また、自分の事を「責められている」と思ってしまうからだと思います。
「なんで?」とか「どうして?」と過去の出来事を責められても、
今の自分にはどうする事もできませんから、
「できなかった理由」を伝えて許して貰おう・・
となってしまう。

勿論、過去を振り返る事によって問題が明確化し、
改善することで次はできるようになるかもしれません・・
でも、そんな簡単に解決できる問題では無いからこそ
犬の行動の問題が長く続いてしまっているのだと思いますので、
過去を責めて「言い訳」の言葉を聴いても仕方がありませんし、
あまりにも「責められている」と感じさせてしまうと、、
「頑張ろう」と言う気持ちまで失わせてしまいかねないですから、
「過去」よりも「これから」を考えて、
質問の仕方を変えてみるのも良いみたいです。

「犬と家族とこれからどう言う暮らしをしたいのか?」
「今、できている事は何か?」
「以前と比べて良くなっている点はどこか?」
などは、全て「未来」に向けた質問です。
今、できている事・・
今までできなかった事ができた事・・
そして、これからできる事について語る・・

旦那さんとの問題も旦那さんが一方的に言っているようでいて、
意外と奥さんの方も自分の考えを伝えていない事も多いみたいです。
旦那さんの中に「こうであるべき」とか「こうでなければ」が強くあり、
その視点からしか物事を判断したり、発言したりしないと、
奥さんの方も「言ってもムダ」とあきらめて何も言わなくなってしまう・・
でも、旦那さんが「こうであるべき」とか「こうでなければ」を強く思えば、思うほど、
他の可能性が見えなくなってしまう為、
奥さんが「こうしたい」とか「こうありたい」と思っていても
それが簡単には理解できなかったり、納得できなかったりする事はあると思います。

だからこそ旦那さんは奥さんに対して
無理にでも自分の考えを押し付けようとしてしまうのかもしれませんが、
それで、奥さんが伝える事を諦めてしまえば、
旦那さんも奥さんが何を求め、どう考えているのか・・を知る事はできませんから、
お互いに相手の事を理解しようとしないし、
自分の考えている事も伝えようとしなければ、
今後も平行線のままになってしまうと思います。

だから、まずは、旦那さんの考えや理想を聞き、
その上で自分の考えや理想を話してみるようにしてみるのも良いと思います。

飼い主さんも子供の頃は親から
「なんでできないの?」とか「どうしてやらないんだ?」と
「過去の出来事」に対して言われ続けてきたのではないかと思います。
頭ごなしに命令され、拒否しようとすると、さらに強い口調で言う事を聞かされてきた為、
自分もまた、相手に言う事を聞かせる為の技術として、
そのやり方を選んでしまう・・・

でも、今後、「より良い未来」を築いて行く為には、
「これからどうなりたいか?」とか
「どうして行きたいか?」を一緒に考え、相談して行く事が大切ですし、
その為にも「お互いに理解し合う」と言う努力を忘れないようにして行くのが、
より良い暮らしを築いて行く為にも必要では無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「もう遅い」を理由にしない

 2017-08-28
01DSC00078_20170829202749b5b.jpg

「臨界期」とは、生物の発達過程において、
その時期を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界の時期
だそうです。

例えば、「絶対音感」などは
4歳までが重要で(色々な説があります)、
それまでに「絶対音感」を身につけさせてあげないと
一生に一度のチャンスを失ってしまう・・
などと言われていますが、
今は「臨界期」がきっちりと決まっているワケではなく、
「この時期を逃しても習得はできるがより難しくなる」
と言う風に考えられているそうです。

「臨界期の根拠」とされている代表的な研究として、
生まれたばかりの子猫の片目を遮蔽し、
数週間、そのままにしておいたら、
遮蔽された目は目に映ったものが
何であるかを認識する機能が失われていた・・と言う実験があります。
この実験はインパクトが強く、
このエピソードばかりが取り上げられますが、、
実際は「片目を交互に遮蔽する」とか「両目を遮蔽する」とか
「片目or両目の遮蔽実験を臨界期の前・中・後で行う」など、
その他にも様々な実験が行われていたそうです。

結果、臨界期はその期間に沢山の刺激を与えれば機能が増し、
与えなければ機能が低下する・・と言った単純なものではなく、
臨界期に与えられる刺激が量的に少なくても何の障害も起こらない事もあるし、
一旦、視力低下が起こったとしても、
その後の刺激の与え方によっては回復する事もある・・
と言う事が分かったそうです。

つまり、「臨界期」は固定的なものではありませんし、
「その時期を逃したら手遅れになる」と言うような決定的な時期ではないそうです。
だから現在では「臨界期」と言う言葉は誤解を招くとして、
「敏感期」や「感受期」と呼ばれるようになったそうです。

「乳幼児の「かしこさ」とは何か」より)

人間の脳はまだまだ、分かっていない事が多いみたいですが、
記憶できる量は有限なので、重要度の高い刺激はより強く記憶され、
記憶を呼び出すパイプも太くなりますが、
重要度の低い刺激はポイプも細く・・つながりも弱くなってしまうので、
昔のあまり必要の無い記憶ほど思い出せなくなってしまうのだと思いますが、
そうして重要度の低い記憶領域を消去するからこそ
重要な知識や経験をより多く記憶できるのだと思います。

だから、例え「敏感期」に重要な能力を会得したとしても、
それを伸ばし、必要とする環境でなければ、
その能力は「不必要」とされて消えてしまうかもしれないし、
「才能」と「環境」が整っていたとしても、
「やる気」を持たせてあげたり、持続できるようなサポートがなければ、
その能力が開花する可能性は低くなってしまうかもしれないみたいです。

結局の所、世間で言われているほど「臨界期」は絶対ではなく、
多少、時間はかかるものの、
後からでも能力を得る事ができると言う事で、
それは、犬の場合も同じだと思います。
「ペットショップの子だから」とか「保護犬だから」と言う理由で
成犬になったら可能性が無くなってしまうワケでは無く、
「環境」を整えてあげたり、
必要な刺激を得られるようにサポートしてあげたり、
その行動にメリットを与えてあげるなど、
「やる気」を持たせてあげるのが大切だと思いますが、
気質的な影響から習得が難しい・・無理に近い事もあると思いますので、
その子に合った能力を伸ばしてあげるのが良いと思います。

しかし、「もう○歳だから手遅れです」と
「臨界期」を理由にして犬のしつけやトレーニングを断る人も多いみたいです。

1歳を過ぎて、犬の行動に問題が出た時、
「どうにかして欲しい」とお願いをしに行ったら
「仔犬からじゃないと教えられない」と断られたり・・

「才能があって、反抗期をまだ迎えてなくて、、
 他の楽しい事を知らない犬だったら教えられる」
と言う事でしょうか?

人間だったら、そんな事を言われた途端、
さっさと他の先生の所へ行くと思いますが、
犬の場合は飼い主さんの方がその言葉を受け入れてしまい、
「もう、手遅れなのか」と諦めてしまう事は多いみたいです。

それだけ、犬の年齢で判断する人が多いのかもしれませんが、
犬も環境を整えてあげたり、
「新しい学び」を「楽しい」と思えれば、
何歳からでも大丈夫ではないかと思います。

飼い主さんだって幼い頃から犬を飼っていて、
適切な刺激を受けていなければもう手遅れで、
成人した後では犬の事なんて分からなくなる・・ワケではなく、
何歳になっても「犬の事を知りたい」と言う気持ちがあり、
その知識欲を満たしてくれたり、
正しい経験を与えてくれる人や環境が整っていれば、
何歳からでも犬の気持ちに共感できると思いますので、
「もう○歳だから」と言った年齢を理由に
犬と自分の可能性の広がりを閉じてしまうのは勿体無いと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「肯定+提案」

 2017-08-27
08DSC00199.jpg

犬の行動の問題で悩む飼い主さんの中には、
問題が解決して心配事が無くなった時、
「よし、この調子でもっと頑張ろう」
と思う人も居れば、
「運良く問題が解決できた!良かった~」
で終わってしまう人も居たりします。

まぁ、飼い主さんからしてみれば、
困った行動の問題がなくなったのですから、
「もっと頑張ろう」とは思わないのが普通かもしれませんが、、
どうして「良い結果」が次につながらないのか?
と言いますと、その結果が
「自分の持っている力を発揮して解決した結果」では無く、
「誰かのおかげ」であったりした為に「自信」へとつながらず、
その場、限りの「良かった」で終わってしまうのかもしれません?

トレーナーさんとしては、良い結果を出してあげて次につなげてあげたい・・
次につなげて欲しいと思いますし、
実際、そうして「良い結果」が出る事によってトレーナーさんを信用し、
「もっと教えて下さい」となる事は多いですが、
そう言う人はトレーナーさんに教えて貰いながらも
自分なりに「頑張った」と思えており、
「教えて貰えれば自分にもできる」と自分を信じているから
「もっと頑張ろう」と思えるのではないかと思います。
しかし、「良い結果」が出ても
「自分ではなくトレーナーさんが居たから」とか、
「トレーナーさんに任せておけば大丈夫」など、
「自分も頑張ればできる」とは思えていなかったりすると、
「良い結果」と「自分の行動」を結びつけられず、、
なかなか、次のモチベーションへとつながらない事も多いみたいです。

また、自分に自信を持てない飼い主さんは、
犬の行動に問題が起きても他者に相談をする事を躊躇してしまったり、
「申し訳ない」と遠慮して、自分なりにやってはみるものの、
それが、マイナスに働いてしまっている事も多いです。

アドバイスをする側からすると、
つい、「その教え方はあまり良くないのでこうした方が良いですよ」
と言ってしまいたくなりますが、
最初に「良くない」と言う「否定」の言葉から入ってしまうと、
悩みを持つ飼い主さんからしてみれば
「いきなり否定された」となって心に壁を作ってしまい、
その後の「こうした方が良い」が入ってこなかったり、
「もう、やりたくない」となってしまう事もあるみたいですから注意が必要です。

人間、自分の事を否定してくる相手の言葉は受け入れ難いですから、
その後、どんなに建設的なアドバイスを言われたとしても、
つい、否定したくなってしまう事も多いです。
なので、「否定」からは入らずに
「肯定から入って提案を述べる」にとどめるのが良いみたいです。

具体的には、
「~はダメ だから ~をした方が良い」(否定プラス提案)
から
「~は良いね あと ~も良いと思うよ」(肯定プラス提案)
と伝え方を変えてみる。

勿論、飼い主さんの中には
「つい、言いたくなってしまう」と言う人も居たりします。
犬が吠えた後におやつを与えて黙らせようとしている人などを見ると、
「それは逆効果ですよ」と言いたくなってしまいますが、
そこをグッと我慢し、「肯定」はできませんから、
その行為はスルーして犬が静かにしている時に
「今、静かにしてますよね。
 おやつをあげて正解だと伝えてあげてみると良いと思いますよ」
などと飼い主さんに伝えてみると、
否定から入るわけではありませんので、
飼い主さんも新しい犬の褒めポイントに対して
抵抗無く同意してくれるのではないかと思います。

勿論、人間同士の事ですから、そんなに思ったようには行かないと思いますが、
少なくとも、相手に嫌われて距離を置かれてしまい、
こちらの伝えたい事を聞いて貰えない・・
と言う状況にはならないと思いますので、
まずは「肯定+提案」で伝えるようにしてみたり、
飼い主さんの行動を肯定できない時は「スルー+提案」を用いて
飼い主さんの選択肢を広げてあげてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫