たまたまです

 2017-07-22
DSC08173.jpg

犬の行動の問題と向き合い、
頑張っている飼い主さんに対し、
「いつもだったら吠えている状況なのに、
 今は吠えませんでしたよね!」とか
「犬が怖かった子なのに、
 今、他の子の匂いを嗅ぎに行けましたよね!」と、
犬の行動の変化をお伝えすると
「本当ですね!凄く嬉しいです!!」と言う反応をするよりは、
「たまたまです」と言って、喜びをガマンするような・・
自分と犬の頑張りを認めてはいけない・・
と言うような口調と表情で言葉を返される事も多かったりします。

「他の子と比べたら・・」と言う謙虚な気持ちや
「まだまだ、調子に乗ってはいけない・・」と言う自戒の気持ち・・
「この程度で喜んではダメ」と言った上を目指す気持ちなどから
そうした言葉が出てくるのかもしれませんし、
「今、上手くできた」と喜んでしまうと
次にできなかった時にガッカリしてしまったり、
ガッカリさせてしまう・・と思うと、つい、
そうした言葉になってしまうのかもしれませんが、
そうした言葉が出てきてしまう心の動きの中には
「ウチの犬にできるハズがない」と犬の事を信じてあげられていない・・・
と言う気持ちもあるのかもしれません?

でも、そんな風に飼い主さんから「過小評価」されていれば、
犬がどんなに頑張っても「たまたま」となってしまい、
褒めてもらえる機会が減って、
犬のやる気を失わせてしまう事にもなりかねないと思いますから、
「たまたま、上手く行った」としても、
そこで飼い主さんがしっかりと褒めてあげる事で、
それがキッカケとなって、次も上手くできるかもしれないですし、
自信がついて前向きに行動してくれるようになるかもしれませんから、
しっかりと褒めて、頑張りを認めてあげるのが良いと思います。

また、飼い主さんが「たまたまです」と答えてしまうのは、
自分に対する自信があまり無いからかもしれないそうです。

それは、犬の行動の問題で悩み、苦しんで
自信がなくなってしまっているからかもしれませんが、
そうして、飼い主さん自身に自信が失われると、
犬の事を褒めたりする事ができなくなり、
また、自分の方が「上」でいなければ・・
「上」で居たい・・と言う気持ちが強くなって、
犬の頑張りを認められない・・
それよりも犬の「あら探し」をして、
犬に対して常に優位に立とうとするような
変な意識が働いてしまう事もあるのだそうです。

でも、他者の短所を探したり、失敗を見つけて安心したり・・と、
相手が自分よりも劣っている部分・・
自分の方が優れている部分を探してしまうのは、
自分に自信がない事の裏返しです。

そして、そんな風に犬の頑張りや成長を認めない事は、
自分の成長を止めてしまう事にもつながるそうですから、
「たまたまです」とか「いつもはもっと悪いんです」と、
犬を否定する言葉を使うのではなく、
「嬉しい」とか「良かったね」とか「やったね!」など、
犬の努力や成長を認め、応援する言葉を使うようにしてみると、
段々と自分自身の頑張りや成長も認められるように
なって行くのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫