やればできる

 2017-07-20
05DSC07054.jpg

みなさん、
「あなたはやればできるんだから頑張りなさい!」と言ったり、
言われたりした事はあるのではないかと思います。

実力的には充分なのに気持ちが消極的になってしまっている時に
「やればできるよ!」と言って応援したり、
頑張って結果を出した子供に対し、
「ホラ、やればできるんだから!」と頑張りを肯定したり・・

そんな風に「やればできるよ」と言う言葉には、
消極的な気持ちを後押ししたり、頑張りを肯定したり・・と、
ポジティブなイメージがありますが、
簡単に「やればできる」と言う言葉を使ってしまうのは
ちょっと注意が必要みたいです。

そもそも、「やればできる」と言っても、
その子によって「どこまでできるか?」が違ってくると思います。
親はついつい、自分基準で
「このぐらいはできるハズ」と思ってしまいがちですが、
親と子供は別の存在ですので、
同じように勉強をしても同じ結果が出せなかったり、
同じように練習をしても同じような技術が身につかなかったり・・
なんて事もありますので、
「自分は○歳の頃にはもうできていた事なのでできるハズ・・」とか、
逆に「この子は優秀なので自分の時よりも早くできるハズ・・」など、
親の希望や欲目で子供に「期待」をかけ、
結果、子供は「やればできる」と言われて一生懸命に頑張ったのにも関らず
「できない」となった時、強いショックを受けてしまったり、
強い「劣等感」を感じてしまう・・と言う事もあるみたいです。

その結果、「やればできるはずなのにできないのは自分がダメだから・・」と、
頑張る事が嫌になってしまったり、
「やればできる」と言われても、できなかった時の事を怖れて、
やらないまま後回しにしてしまう・・
と言う選択をするようになってしまう事もあるのだそうです。

「やればできる」と言われて行動した結果、
「できない」となれば、残るのは「劣等感」だけ・・
だったら「やらない」と言う選択をした方が、
「自分はやればできる」と言う「期待」にすがる事ができますし、
親に「ダメな自分」を見せる事もなく、
「やればできる子」と言う「期待」をかけ続けてもらった方が
メリットが高い・・となると思います。

そうして、大人になっても「できない」と言う結果を見ないように・・
見せないように・・と、「本気を出せば」と言う理由をつけて
「やらない」と言う選択をし続ける・・
だから、安易な「やればできる」と言う言葉がけは注意が必要みたいです。

ただ、こうした事は犬を育てている時にも言えると思います。
「自分の犬はできない事が多い・・」
「多くの問題を抱えている・・」
と言う現実は飼い主さんとしても、なかなか受け入れ難い事です。
だから、飼い主さんもつい、
「実際にやらせたらできなかった」と言う現実よりも、
「ウチの犬もやればできるんです」とか「家では良い子なんです」と、
やらない・・やらせない理由を付けて、
「この子も本気を出せば」と言う希望に逃げてしまっている事もあるかもしれませんが、
「できる」とか「できない」は良い悪いと言う事では無く、
目標へ向かう為の現時点での確認と考え、
まず、現状をありのまま、受け入れてみて、
そこから「どうすれば良いか?」を考えてみるのも良いのではないかと思います。

また、「やればできる」と言うのは
「やれば結果を出せる」と「結果」を重視している感じが強いです。
だから、やったのに結果が出せなければ意味が無い・・
やっても無駄だし、できなければ否定されている気がしてしまいますので、
「結果」を求めるよりも、まずは「行動する」と言う部分の
後押しをしてあげるのも良いと思います。

勿論、自分の犬に対し「この子はできる子」だと信じる事はとても大切です。
でも、それは「結果」に対してでは無く、
その子自身の「存在」に対して心の中で想う事であり、
その子が失敗をしたり、できなかったとしても、
「あなたの存在価値はなんら変わる事が無い・・」と、
犬自身が感じられるように伝え続けてあげる事が大切だと思います。

犬が「失敗」をしたり「間違い」を起こしても、
最終的に「この子はできる」と信じていれば、
「失敗」や「間違い」も正解に辿り着くまでの途中経過となりますので「結果」を焦らずに、
犬の頑張りを見守るようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫