ご挨拶の途中で怒り出す

 2017-07-17
02DSC07027.jpg

「犬同士のご挨拶が苦手・・」と言う子は多いです。

でも、犬を見て吠えてしまったり、
犬を見ると逃げてしまったからと言って叱っていると、
ますます、犬の事が嫌いになってしまう為、
「褒めて伸ばすしつけ」を始めた所、
少しずつ、ご挨拶ができる回数が増えて行く事は多いです。

「褒めた方が良い結果が出る」と、
ご挨拶ができたらとにかく、沢山、褒めるようにして行ったら、
段々、ごあいさつができなさそうな犬は避けるようになり、
ご挨拶ができる子とはより上手にご挨拶ができるようになり、
飼い主さんも自信がついてお散歩も楽しくなってきた!と思ったら、
今度は、犬同士のご挨拶の途中で
自分の犬が急に怒るようになってしまった・・
と言う事は多かったりします。

飼い主さんは
「褒める事で良い結果が出ているのになんでだろう?」と考え、
褒める時に使っているオヤツが気に入らないのかな?とか、
褒め過ぎた事で調子に乗っているのかな?と、
おやつを高級なモノに変えてみたり、
吠えた時は叱るようにしてみたり・・と、色々とやってはみるものの、
ご挨拶の途中で吠えてしまう行動はあまり変化しなかったり・・

犬同士のご挨拶の途中で吠えてしまうのには色々な理由がありますので、
「こうすれば良い」と言う事ではなく、
「怖がってはいないか?」とか「ストレスがかかってはいないか?」とか、
逆に「相手の犬を怖がらせていないか?」とか「ストレスをかけていないか?」
など、自分の犬と相手の犬の様子や表情などを観察して、
犬の「吠えなくてはならない」と言う理由や原因を探してあげる事も大切ですが、
意外に気づき難いのが
「飼い主さんから褒められたい」と言う理由から犬が吠えてしまっている・・
と言うケースです。

犬同士で上手にご挨拶をすると褒められてオヤツが貰える・・
この一連の流れを犬が理解すると、
犬を見つけた時に「ご挨拶をして褒められたい」と言う気持ちが生まれます。

そして、相手の犬のそばに行き、ご挨拶をしようとしたものの、
相手の犬が怖がりさんだったり、ご挨拶に不慣れだったり、
あるいは、自己中心的で思うようなご挨拶ができなかったりすると、
犬は「上手にご挨拶ができないと褒めて貰えないしオヤツも貰えない!」となって、
相手の犬に「ちゃんとしろよ!」と怒ってしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

でも、これは「褒めるしつけ」が悪いと言っているのではなく、
「きちんとできなければ褒めない・・」
「結果を出さないとご褒美をあげない・・」
と言う「結果主義」の教え方の影響からではないかと思うのです。

飼い主さんが「結果」を見て、褒めたりオヤツをあげたり・・
あるいは、「結果」を出させる為に、
褒めたり、おやつを見せたりして犬を誘導していると
犬も「結果」ばかりを重視するようになって、
結果が出ない事はやらない・・
あるいは、結果が出ないと不機嫌になる・・
と言う事もあったりします。

まぁ、人間でも仕事で思い描いたような結果が出そうにない・・
と分かった途端、やる気を失ったり、
不機嫌になって周りに当り散らす人も居ますけど、
そうした行為をする事で周囲との関係性が悪くなって、
余計に結果が出せなくなる事もあると思いますので、
犬が「結果」を重視するあまり、
他の犬に対しても吠えて結果を求めるようになったとしたら、
まずは結果主義を止めてみるのが良いと思います。

ごあいさつが上手にできたか?できないか?で判断するのではなく、
「ご挨拶に行った」と言う前向きな行動を褒めるようにし、
勿論、ご挨拶に行けなくても
ガッカリした顔をしないようにしてあげるのが良いと思います。

人間だって、誰とでも仲良くなれるわけでは無いですし、
仲良くしたいわけでもないと思いますから、
基本、犬の自主性に任せ、相手の犬がしつこいな・・
自分の犬が嫌がっているな・・と思ったら、
相手の飼い主さんがもっとご挨拶をさせたい・・
と思っていたとしても「じゃあ、また」と言って、
自分の犬が吠える前に距離を離してあげるのも良いと思います。

自分の犬には誰とでも仲良くなって欲しい・・
誰とでも上手にご挨拶ができるようになって欲しい・・
と願う飼い主さんは多いと思いますが、
それも最初からは無理なワケで、
犬同士のご挨拶を何回も繰り返す中で
少しずつ上達して行くものだと思いますから、
まずは、結果に対して褒めやオヤツを与えるのではなく、
犬とのコミュニケーションが楽しくなるような
サポートをしてあげてみるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫