他者中心と自己中心

 2017-05-14
10DSC00904.jpg

世の中には色々な人が居ます・・
すぐに不機嫌になって怒り出したり、
理不尽な態度や文句を言ってきたり・・

でも、理由もなく人間は「怒る」と言う行動はしないそうです。
つまり、その行動をする事で何かしらのメリットを受けたり、
これまで、メリットを受けた経験をしてきたから、
何か問題があるとすぐに「怒る」と言う行動を「選択」しているのだそうです。

実際、不機嫌に怒っている人が居たら、
周りの人は「これ以上、怒らせないように・・」と気を使います。
なんとか怒りを鎮めて貰おうとその人の言う事を聞いてあげ、
気持ちを察してあげて配慮する・・

そうして、その場はその人が中心になり、
その後も「あの人は怒りやすいから・・」と気を使ってくれて、
気持ちに配慮をして貰えますから、その人は
「怒れば怒るほど周りの人は自分に注目し、優しくしてくれる」
と解釈してしまい、怒る頻度が増えてしまう事もあると思います。。

だから、簡単に「怒る」と言う選択をする人に対しては「無視をする」など、
メリットを与えないようにする事が大切になってくると思うのですが、
どうしても、怒っている人に対しては
「私が何かしてしまったのだろうか?」と考えてしまう事は多いと思います。

しかし、常に「私が悪いのかも?」と言う発想をしていると、
「怒らせた私が攻撃されるかも?」となり、
結果、自分を守る為に相手の怒りをおさめようと頑張ってしまう為、
相手はますます、調子に乗ってしまう事も多いそうです。

それは、実際には「相手の事を考えている」のではなく、
「自分を守っているだけ」なので、
本当の意味で「なぜ、怒っているのか?」を考えている事には
ならないからだそうえす。

この問題は、犬の「吠え」などの行動の問題にも通じる事だと思います。
犬が吠えている・・怒っている・・と飼い主さんが思った時、
反射的に「私が悪いのかも?」と言う発想をしてしまう事で、
犬がワガママで吠えていたとしても「私のせいで吠えている」となり、
自分を守る為・・・世間体を守る為に
何よりも犬の怒りをおさめよる事を第一に考えて頑張ってしまう・・
そうすると、犬ははますます、調子に乗ってワガママを増長させ、
何かあると、すぐに吠えるようになったりする事も多いのですが、
それも「犬の事を考えているから・・」のではなく、
飼い主さんが自分や世間体を守っているだけで、
本当の意味で「なぜ、犬が吠えているのか?」を考えてはいない・・
本当の意味で犬の気持ちを理解しようとはしていない為、
どんなに飼い主さんが頑張っても本当の意味で犬の為にはならない・・
と言う事もあるのではないかと思います。

勿論、犬が吠えると言う事に対して、
「嫌だな」とか「困ったな」とか「怖いな」と思う事はあって良いと思いますし、
普通の事だと思います。
でも、だからと言って「私が悪いハズ・・なんとかしてあげよう」
と自己中心的に考えたり、行動していても、
お互いに気持ちを理解しあえる仲にはなれませんから、
犬が吠えていても気にし過ぎないようにして、
犬がどうして吠えているのか?を冷静に観察してみるのが良いと思います。

犬が近寄ってきていたり、
怖がっていたりしたら、その場から移動してあげて、
犬も自分も頑張り過ぎないように気を付けてみる・・
そうして、犬に対して「心理的な距離」を取れるようになると、
犬も自分の要求が通じなくなってきますから、
段々と吠えて要求して来る事が減ってくると思います。

「あの人の為」とか「犬の為」と言った
「他者中心的の考え方」も
「あの人の為にやってあげなければ」とか
「犬の為になんでもしてあげたい」など、
行き過ぎてしまうと「自己中心的な考え方」となってしまい、
かえって、相手を振り回してしまう事もありますから、
犬との心理的な距離は勿論、自分自身との心理的な距離を
考えた距離感をとるようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫