人間は怖い?

 2017-05-08
04DSC00675.jpg

知らない人から「かわいい~」と言われているのに、
吠えたり、唸ったり、逃げたり、怯えたり・・
目の前にオヤツを差し出されても横を向いて食べない・・
と、人に対して心を開いていないような犬を見る事も多いです。

飼い主さんからすると「可愛くない」と、
怒りたくなってしまうかもしれませんが、
犬が「カワイイ」と思えないような態度をしたり、
困った行動をしたりする場合、
実は、
「僕は人から十分な愛情を貰っていない」とか
「安心できる存在が身近に居ない」と言う
メッセージだったりする事もあるそうですから注意が必要です。

犬が人間に対して強い不信感を持つ場合、、
「人間って良いな」と言う実体験が少ないから・・
と言う事も多いそうです。

人間は温かくて優しい・・
飼い主さんがそばに居ると安心できる・・
いざと言う時は必ず守ってくれる!
そして、自分の事を本当に大切に思ってくれている!
と言うような想いの積み重ねがあるからこそ
「人間って良いな」と思えるようになる。

しかし、虐待や厳しいしつけを受けていたり、
過干渉・・あるいは、放任をされて育っていたりすると、
「人間って良いな」と思うどころか、
「人間には興味がない」とか
「人間は怖い・・」と思ってしまいますから、
人を信じる力が育たず、
見知らぬ人との距離が近くなると怯えたり、
逃げようとしたり、人間を遠ざけようと吠えたり・・・
と言うような行動をするようになり、
その結果、相手の人は「怖い」と言って遠ざかり・・
飼い主さんからは怒られてしまうので、
ますます、「人間って良いな」と言う体験からは
遠ざかってしまう・・と言う事もあるそうです。

そんな状態では、
いくら「人間を見ても怯えるな」と言っても、
余計に怖くなってしまうだけなので、
「ルール」や「我慢」を優先した「しつけ」よりも
まずは笑顔で話しかけたり、オヤツをあげたり、
楽しい事を一緒にしたり・・と、
「情動的な部分」を満たしてあげるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫