しつけをしたいけど時間が無い

 2017-03-13
02DSC08405.jpg

「犬に何かを教えたい」
と思っていてもうまく教える事ができない・・
と言う飼い主さんの中には、
犬がまだ、教えた事を覚えていないうちから、
「これもできるようにさせなければ」とか、
「あの犬と同じように」と、次から次へと教えようとしてしまって、
結局、全ての事が中途半端・・となってしまう事もあるそうです。

でも、そうした事は
犬との暮らしに限った事ではなく、、
「録画した番組を見たい」とか「溜まった本を読みたい」とか
「部屋の掃除をしたい」とか「買い物に行きたい」とか
「ゆっくり休みたい」など、
次々とやりたい事が湧き上がっては来るけど、
結局、時間が無くて無理だったり・・

しかし、そうしたタイプの人は、
1日が24時間から30時間になったとしても、
同じように色々とやろうとして抱え込んでしまい、
時間が足りなくなってしまうそうです。

では、どうすれば良いか?と言いますと、
まずは「やらない事を決める」のが良いそうです。

時間があると、
つい、「これもやろう」とか「あれもやりたい」と、
欲張ってしまいますが、
少ない時間を効率的に使う為にも
「やるべき事」に優先順位をつけてみる・・

「ノルマ」を決めたにも関らず達成できないと罪悪感がありますが、
最初から「やらない」として候補にあげなければ罪悪感はありませんし、
その分、「やろう」と思った事に時間が使えるので、
終わった時の満足感や充実感は大きなものになると思います。

しかし、自分の事はともかく、犬の事になると、
つい、「時間が無いから」と言う理由をつけて、
「時間をかけて犬と向き合う・・」と言う事から避けてしまったり・・

そこには、
「少ない時間を犬の為に使って結果が出なかったら・・」
と言う想いや、
「頑張ったのに、結果が出なかったら・・」
など、やる前からあきらめてしまったり、、
やらない為の理由として「時間が無い」と言い訳を作ってしまっている・・
と言う事もあるかもしれませんが、
いくら時間が無いとは言っても、
犬が病気になったら、全てを後回しにして、
直ぐにでも、病院に連れて行くと思いますから
「犬に教えている時間がない」と言う前に
「犬に教えたい事」を紙に書いて一覧表にしてみてみるのも良いと思います。

一覧表を客観的な視点であらためて見てみると、
意外とすぐに教える必要がない事や
自分の子に教える必要が無い事などもあったりすると思いますから、
そうして教えなくて良い事・・
つまり、「やらない事」を省く事で
今、本当に教える必要がある事も明確になってくると思いますし、
そうして、「やるべき事」や「教えるべき事」に優先順位を決めて、
段取りを用いて実行に移してみると、
忙しい中でも結果につながって行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫