「怒るよ!」ではなく

 2017-03-26
01DSC00030.jpg

親が子供を叱る時「怒るよ!」と言う事は多いです。
子供からすると「もう怒ってるじゃん?」と思っているでしょうけど、
そんな事を言おうものなら火に油を注ぐようなものなので黙って従いますが、
子供が黙って従うのは「親が怒ると面倒くさいから・・」であり、
なぜ、その行動がダメなのか?までは
分かっていない事も多かったりするそうです。

また、公共の場だと大声で叱る事ができない為、
「運転手さんに怒られるよ」とか
「ほら、あのおじさんに怒られるよ」と、
言ってしまう事もあるかもしれませんが、
子供が公共の場で騒いではダメなのは、
運転手さんやおじさんが怒るからではなく、
ルールやマナーを守らなくてはならないから・・

子供が万引きをしようとした時、
「ほら、店員さんが見ているから止めなさい」とは言わないように、
「誰かが見ているから・・」とか「誰かに怒られるから・・」と言うのではなく、
これから、社会の一員として暮らして行く為にも、
「どうしてダメなのか?」と言う理由を教えてあげると共に、
したくなくてもしなくてはならない事や
したいけどしてはいけない事などを学び、
我慢を覚える事も大切だと思います。

犬も小さい時は、飼い主さんが威圧的な言葉や態度をするだけで
行動をコントロールできる事は多いです。
しかし、犬が成長し、自我が強くなってくると、
段々と威圧的な言葉や態度だけでは行動をコントロールする事ができなくなり、
力で抑えつけるようになったりする事は多いですが、
そうして力でコントロールされ続けた犬が成長し、
吠えたり唸ったり、噛みつくなどの威圧的な態度をする事で、
飼い主さんの行動をコントロールできると気づいた途端、
吠えたり、噛んだりして自分の身を守ろうとしたり、
自分の言う事を聞かせようとしてくるようになったりもしますので
注意が必要です。

頭ごなしに叱っているだけでは、
「して良い事」と「してはいけない事」は分かりません。
結果、いつまでも、叱られないと正しい行動ができない犬になってしまいますし、
「人が怖い事をするから・・」と言う理由で行動をコントロールされ続けてきた犬は、
逆に自分が怖い事をする事で相手をコントロールしようとしたり、
逆に、強い人間不信になって心を閉ざしてしまい、
飼い主さんが自分の教え方をあらためて褒めて伸ばそうと思っても、
なかなか、心を開いてくれない・・と言う事もありますから、
なぜ、そうして欲しいのか・・そうしなければならないのか?を
犬にも分かるように教えてあげるのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

できるハズがない・分かるハズがない・こうであるべきと思うから手や口を出したくなる

 2017-03-25
DSC00026_2017032519510553e.jpg

親が子供の友達を見て、
「あの子とは遊んじゃダメ」
と言ってしまう事もあるそうです。

万引きなどの前科を持っていたり、
親同士の仲が悪かったり、
あるいは、実際のその子の事を見もしないで、、
噂話の方を信じてしまったりする事もあるかもしれませんが、
そうして「自分の子供にふさわしいかどうか?」と、
親が友達を見極めて遠ざけるようにしたとしても、
クラス替えなどで、また、自分の子供には
相応しくないと思えるような子供と一緒になったり、
あるいは、自分の子供が苦手とするような友達と
一緒の班になるかもしれません?

でも、だからと言って、
その度にクラス替えや班替えを要求しても、
世の中には自分とは合わない人間や
苦手とする人間は必ず居ますから、
親として、どこまでが「助け」が必要な問題で
どこからが子供に「任せる」べき問題かを
考えてあげる必要があると思います。

そして、それは犬を育てる時も同じだと思います。
でも、そうは言っても、
実際に目の前で自分の犬が困っていた時、
どこからが助けるべき問題で、
どこからが任せるべき問題なのか?
と悩まれる飼い主さんも多いと思います。

だから、そう言う時は自分の犬を見て、
その問題を解決するスキルがまだ無かったり、
あるいは、まだ、問題をクリアーできるだけの知識や勇気がない・・
と言う時は飼い主さんが代わりにやってあげたり、
助けてあげる必要がありますが、
自分の犬を見て、
頑張れば自分で問題を解決できるスキルがあり、
また、問題をクリアーできるだけの知識や経験があると思えた時は、
自分の犬に任せてみて、
その中で、まだ、上手くできない部分だけを
支持・支援してあげるのが良いそうです。

自分の犬がそんなに苦手でもないのに、
「頑張りたくないから」と「怖い、怖い」と
飼い主さんに助けを求めて来る事も多いです。
でも、そうやって助けてばかりいると、
段々と頑張れるのに頑張ろうとしない子になってしまったり、
目の前の問題を避けてばかりいる子になってしまう事もありますから、
飼い主さんとしては、
生きていれば大変な事は沢山、あるし、
「やりたくなくてもやらなくてはいけない事」もあると
伝えてあげるのも優しさだと思います。

まぁ、意外と飼い主さんの方が不安と心配で一杯になり、
「こんなにドキドキするんだったr
 自分が代わりにやってあげた方が楽」
となってしまうかもしれませんが、
自分の緊張や不安、心配を解消する為に
自分の犬の課題を横取りしてしまうとしたら、
それは、犬の問題と言うよりも
飼い主さん自身の問題だと思いますから、
自分の考えや気持ちをコントロールし、
ガマンして見守ると言う事を必要になってくると思います。

だから「犬を育てる」と言う事は
「自分を育てる」と言う事につながって行く・・

それに飼い主さんが病気をした時や犬が病気になった時など、
入院して離れ離れになり、飼い主さんが
直接、助けてあげられないケースもこの先、あるかもしれません?
でも、そんな時でも、どんな風に問題を解決して行けば良いか?
他者とのコミュニケーションはどうすれば良いか?など、
解決の為の知恵やヒントを沢山、犬に与えておいてあげれば、
自分で問題を解決する事もできるかもしれませんから、
その為にも、自分の言動は自分の犬の自立につながるのだろうか?
役立つのだろうか?と言う視点から、
前の前で起きている犬の問題に対し、
助けるか?
任せるか?
を決めてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

第03回(19回)「ピクニック部(生田緑地 01)」

 2017-03-24
2017年03月の「ピクニック部」は、
神奈川県川崎市多摩区にある
「生田緑地」にみんなで行ってみる事にしました!

01DSC00036_20170318203442a6a.jpg
駐車場から「生田緑地」の入り口へ・・

02DSC00041_20170318203441352.jpg

03DSC00054_2017031820344080e.jpg
「生田緑地(いくたりょくち)」と読むそうです。

04DSC00062.jpg
今回のメンバーはノーフォーク君・・

05DSC00095.jpg
チワワちゃん

06DSC00113.jpg
バセコギちゃん

07DSC00115.jpg
アイシャちゃん

08DSC00117.jpg
sideWANさんの
のあちゃんとあすりーちゃん、
そしてチャミです。

09DSC00108.jpg
「日本民家園」を見つつ坂を登って行きます。

10DSC00164.jpg
「古民家一覧 川崎市立日本民家園」
凄く興味深いですけど、
犬連れだと入れないのが残念です。

12DSC00143.jpg
緩やかな登り坂・・

13DSC00148.jpg
チワワちゃんも元気に歩いてくれています。

20DSC00211.jpg
平日にも関らず、多くの人とすれ違いましたが、
みんな上手にスルーできていました!

21DSC00218.jpg
オヤツを待っています(笑)

22DSC00223.jpg
坂道を真っ直ぐに進むと「中央広場」に行きますが、
ここは右に曲がってさらに坂道を登って行く事にします。

23DSC00231.jpg
アイシャちゃんも楽しそう

25DSC00241.jpg
ノーフォーク君も嬉しそうに歩いてくれています。

26DSC00243.jpg
チワワちゃんの尻尾が上がってきて、
匂い嗅ぎも楽しんでくれているみたいです。

27DSC00245.jpg
のあちゃん達も嬉しそう!

28DSC00252.jpg
一番、年下のバセコギちゃんですが、
落ち着いてみんなの動きを見ています。
カテゴリ :ピクニック部 トラックバック(-) コメント(-)

第03回(19回)「ピクニック部(生田緑地 02)」

 2017-03-23
29DSC00274.jpg
そんな感じで坂道を登って行くと・・

31DSC00285.jpg
そば処「白川郷」さんが見えてきました。

32DSC00295.jpg
凄く食べてみたいけど、
残念ながらこの中はペットNGだそうです。

33DSC00315.jpg
さらに進んで行きます。

34DSC00327.jpg
ノーフォーク君・・
可愛いお顔です。

35DSC00346.jpg
チワワちゃんもカワイイですし・・

36DSC00348.jpg
のあちゃんもカワイイです。

37DSC00358.jpg
そこから階段を登ります。

38DSC00381.jpg
ノーフォーク君・・

39DSC00383.jpg
やる気を感じますね!(^▼^)ノ

40DSC00399.jpg
チワワちゃんも頑張って階段を登ってくれています。

41DSC00406.jpg
アイシャちゃんも頑張ってます!

45DSC00456.jpg
階段を登った後は林の中の道を歩きます。

46DSC00466.jpg
前日まで雨が降ったり、気温が急激に下がったりと
安定はしていませんでしたが、
この日はとても良いお天気になったので本当に良かったです。

47DSC00472.jpg
そのまま歩いて行きます。

48DSC00500.jpg
のあちゃん達も楽しみながら
みんなの様子を後ろから見守ってくれています。

49DSC00490.jpg
何かが見えてきました!?

50DSC00506.jpg
立派な門です。

51DSC00518.jpg
チワワちゃんが・・

52DSC00519.jpg
軽やかにジャンプして先へと進みます。

53DSC00522.jpg
「枡形山広場」に到着!

54DSC00532.jpg
門をくぐって・・

55DSC00535.jpg
中に入ると目の前には「展望台」が・・・

57DSC00551.jpg
一つ目の目標地点に到着です(^^)

58DSC00561.jpg

59DSC00562.jpg
カテゴリ :ピクニック部 トラックバック(-) コメント(-)

第03回(19回)「ピクニック部(生田緑地 03)」

 2017-03-22
60DSC00574.jpg
平日ですが、子供が多くて、
ちょっと騒がしかったものの・・

61DSC00582.jpg
みんな落ち着いていました。

62DSC00586.jpg
チワワちゃんも緊張がとけてきたみたいで
表情が柔らかくなっています。

63DSC00595.jpg
あすりーちゃんが
お散歩に来てた子とごあいさつ

64DSC00623.jpg
展望台です。
高台の上にある展望台なので
凄く景色が良いらしいですが、
残念ながら犬連れだと入れないそうです。

66DSC00639.jpg
この展望台・・
エレベーターで上まで行けるみたいです。
見た目以上に近代的!(^^)

69DSC00680.jpg
そんな感じで広場を少しウロウロ・・

70DSC00683.jpg
バセコギちゃん・・

71DSC00682.jpg
良い笑顔です(^^)

72DSC00685.jpg
アイシャちゃんもやって来てくれました!

73DSC00703.jpg
少し休憩したので、
先へと移動する事にします。

74DSC00707.jpg
匂い嗅ぎも楽しそう

75DSC00713.jpg
バセコギちゃんは、
まだまだ好奇心が旺盛なので、
先へ先へと進みたいみたいです(^^)

76DSC00719.jpg
でも、道幅も狭いですし
自分のペースでのんびりと歩きます。

77DSC00721.jpg
ここから下りみたいです。

78DSC00724.jpg
チワワちゃんは「抱っこ」を
せがむのかな?と思ったら・・

79DSC00727.jpg
みんなに追いつこうと
頑張っていました! (^▼^)ノ

80DSC00736.jpg
のあちゃんもまだまだ、元気です!

81DSC00742.jpg
階段が終わって再び平坦な道が続きます。

84DSC00792.jpg
林の中の道を歩き・・

85DSC00794.jpg
今度は登りの階段です。

86DSC00804.jpg
道は凄く良く整備されています。

88DSC00814.jpg
柵もしっかりしています。

89DSC00815.jpg
カワイイ!
何か見えるのかな?(^^)

90DSC00822.jpg
のあちゃんとあすりーちゃん

91DSC00824.jpg
二人で仲良く歩いてくれています。
カテゴリ :ピクニック部 トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫