人はなぜ、無視をされると悲しいのか?

 2017-02-10
DSC00821_2017021019013077e.jpg

マンガや小説・・映画などを見ていると、
主人公の行動動機の多くが、
「自分の存在を認めて欲しい」
「自分の存在を愛して欲しい」
「自分の存在を必要として欲しい」だったり・・と、
「自分自身の存在意義」が
作品のテーマとなっている事は多いように感じます。

恋愛作品などは好きな人に
私の事を知って欲しい・・
必要として欲しい・・愛して欲しい・・
と言う感じだったりしますし、
バトルモノやヒーローモノなども、
強くなって自分の事を見直して欲しい・・
自分を必要として欲しい・・と、
頼られる存在になりたい・・
他者の評価を得たい・・
が為に頑張り始める事は多いです。

海外ドラマなどでも家族の中での
自分の存在価値や存在意義がメインで描かれ、
自分の存在価値が低く扱われば扱われる程、自信を失い、
悲しい展開になって行く事は多かったりします。

そんな感じで「他人から認められたい」と思う
感情の事を「承認欲求」と言うそうですが、
「承認欲求」は誰にでもあるものなので、
すぐに「承認欲求を手放せ」と言われても難しいと思いますので、
まずは「他者から認められたい」と言う気持ちを
どれだけ自分でコントロールする事ができるか?
が大切になってくるのではないかと思います。

しかし、
人はなぜ、他者から拒否や拒絶をされると悲しむのか?
人はなぜ、他者から認められたり、受け入れられたりすると嬉しいのか?
それは、人間が「群れ」で生きる動物だからではないかと思います。

だから、もし、人間が単独で狩りをし、生活をする動物であったとしたら、
「他者からの承認」に対してここまで悩み、
苦しむ事もなかったかもしれません・・

勿論、「群れ」で生きる動物が全て
強い承認欲求を持っているか?と言うとそうとは限りませんが、、
「群れ」で狩りをしたり、生活をして行く為には、
「仲間から認められる」と言うのも
大切になって来るのではないかと思います。

ちなみに人間が怒ったり、悲しんだりする理由の大半は、
「他者が自分の存在を軽く扱った事」だったりする事は
多いように感じます。

無視をされたり、下に見られたり、冷たくされたり、
言った事を忘れられたり、適当に聞き流されたり・・
そんな風にぞんざいな扱いを受けたりすると「ムカッ」と来ますが、
逆に自分も他者を傷つけようと思った時、
無意識に相手の存在価値を否定するような事を言ったり、
やったりしてしまう事は多いのではないかと思います。

相手の行動が間違っていると思った時は、
「感情」と「直して欲しい行動」は別物として、
相手の「行動」の部分だけを注意するようにする・・

それは、犬に対しても同じで、
犬がして欲しくない行動をした時は、
暴言を吐いたり・・と、犬の心を
傷つけるような行動をするのではなく、
犬の「して欲しくない行動」だけに着目し、
新しい・・して欲しい行動ができるように
教えてあげるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫