かわいい・かっこうよい

 2017-01-31
DSC06069_20170131210441c3b.jpg

sideWANさんでは犬達への「肯定」や「共感」の言葉として、
「かわいい」を用いる事は多いです。

他の犬に対して優しい態度をした時など
「○○ちゃん、かわいいね~」と言って優しい気持ちを肯定したり、
内気で行動が消極的な子に対しては、
「○○ちゃん、かわいいね~」と
みんなでその子に伝える事で、
自分に対する自信が持たせてあげて、
行動の積極性を伸ばしてあげたりもしています。

人間の女性も3歳ぐらいから「欲しい」や「好き」の基準が
「かわいい」になって行くそうですが、
さらに成長して行くと、
「可愛いから一緒に遊びたい」とか
「可愛いからお世話をしたい」など、
「かわいい」が親近感や養育本能を刺激し、
小学生に入る頃には、
可愛い服を着た女の子の絵を描いたり、
カラフルで可愛らしい色合いを好むようになるそうです。

そんな風に「かわいい」は
女の子同士の共通や共感の言葉になるそうですが、
家族の中で男子の割合が多かったり、
男の子と遊ぶ機会が多かったりすると
活発な傾向が強くなって、「かわいい」に鈍感になってしまい、
小学校に行ってから女の子の文化になじめなかったりして、
浮いてしまう事もあるそうですから、
小さい頃から女の子グループに入れてあげるようにして、
「かわいい」のセンスを身につけさせてあげたり、
大人が積極的に「かわいいね」と声をかけてあげる事で
「かわいい」を意識させてあげるようにしてみる事も大切だそうです。

また、「かわいい」を基準とした育てられた女の子は
怒ったり、騒いだりした時に「それは可愛くないよ」と注意すると、
「かわいい」と思われたいが為に「自制心」を身につけて行くそうですが、
それは男の子も同じで、「○○君、かっこうよい!」と言うと、
「かっこうよい」と周囲から思われるような行動を多くするようになり、
「かっこうわるい」と言われてしまう行動を恥ずかしいと避けるようになったりします。

でも、だからと言って、子供に望むような行動をとらせたいからと、
「かわいい」や「かっこうよい」を利用していると、
親が見ていない時は良い行動をしなかったり、
「かわいい」や「かっこうよい」を言って貰えないと
優しい態度ができなかったりと、
本当の意味で「かわいい」や「かっこうよい」子にはなれませんので、
「かわいい」や「かっこうよい」と言った言葉でコントロールしようとしない・・
と言う事も大切だそうです。

勿論、犬には「かわいい」も「かっこうよい」もないかもしれませんが、
それは、先ほども書いたように人間の子供も一緒だと思いますので、
そこに、どれだけ「意味」や「価値」を持たせてあげられるか?
が大切だと思います。

自分が「かわいい」と言って育てられた子は、
飼い主さんが他の犬を見て「かわいいね」と言った時、
「かわいいは良い言葉だからあの子は大丈夫」と思ってくれたりしますし、、
「かわいい、かわいい」と優しく育てて行くと、
自分よりも小さい犬に対して、
同じように「かわいい」とお世話をしたり、
優しくしてあげられたりする事は多いです。

飼い主さんの中には「良い子」の基準が分からない・・
と悩まれる方も多く、その理由として、
自分が「良い子」と言われて育てられて来なかったから・・
と言うケースもあったりしますが、
そう言う時は自分の中の「かわいい」や「かっこうよい」と言った基準を用いて、
犬の行動を肯定・共感してあげてみるようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「変わりたい」と言いつつ変わりたがらない

 2017-01-30
DSC00125.jpg

犬との生活に対し、
「自分を変えたい」と頑張っている飼い主さんは多いですが、
実は「変わりたい」と願う一方で、「変わる事」に対して、
もの凄く「恐れ」を感じている飼い主さんも多かったりするみたいです。

「変わりたい」と願っていて
実際に頑張っているのに、心の中では「変わりたくない」と思っている・・

そんな人は居ない・・と思うかもしれませんが、
今、犬の行動の問題で悩んで苦しんでいる飼い主さんは、
「犬が変わった後」の世界がどうなるのか?を知りません。

「犬の行動の問題がなくなったら、
 犬友達を作ってどこかに遊びに行きたい」とか
「犬と楽しめる趣味を見つけてそれを一緒に頑張りたい」とか、
「困っている飼い主さん達の力になりたい」など、
今の問題が解決したらどうしたいか?を語る事はあっても、
今、現在、そうなってはいないのですから、
その目標がはるか先のように感じてしまい、
そこに至るまでの「努力」を考えると、
なかなか「やろう」と言う気持ちになれなかったり、
飼い主さんに応用力が無い為、
良きにつけ悪しきにつけ犬が行動を変化させる事を嫌ったり、
逆に問題が全て解決し、
そう言う事ができるようになった時、
「犬友達を作らなければならない」と言うハードルや、
「犬と楽しめる趣味を見つけなければならない」と言うハードル・・・
「困っている飼い主さんにアドバイスをしなければ」と言った
ハードルが目の前に置かれる事になるので、
そうした「しなければならない事」を考えると、
今の状況でも良い・・となってしまう事も多いみたいです。

まぁ、学校の勉強でも
頑張れば成績が上がって親や周囲から褒められますが、
それと同時に「期待」も大きく降りかかってきます。

頑張れば、頑張るほど続いていく期待・・
そして、少しずつ高くなっていく期待が重みになりますし、
その期待に応えられなかった時の「失望」を考えると
「努力」をする事が嫌になって躊躇してしまう・・

そんな風に
「自分の「頑張り」を認めて欲しいけど「期待」はして欲しくない・・」
「「失望」はされたくないけど「できない人」だとも思われたくない・・」
と言う気持ちが強い飼い主さんほど、
「変わりたいけど、変わりたくない」とか、
「やりたいのだけれど、やりたくない」と、
自分の頑張りにブレーキをかけてしまったり、
やりたくはなくても「やりたくない」が言えずに頑張ってしまったり・・と、
他者の「期待」と「失望」を基準に自分の行動を決定付けているケースもありますから、
もっと、自分の気持ちを大切にして、
他者に期待されても「したくない事をしたくない」と言える人間・・
他者に失望されても「したい事をしたい」と言える人間を
目指す事が自分の自信にもつながって行き、
「変わりたいけど、変わりたくない」と言った気持ちを
少しずつ無くしていけるのではないかと思います。

勿論、人間は誰しも「承認欲求」がありますから、
「期待」には応えたいですし、「失望」はされたくありません。
でも、それだけでは「自分」がなくなってしまいますから、
自分を「より良い自分」に変える為に頑張る・・
自分の人生の「舵」は自分で握る・・
そうではないと、犬も困ってしまうと思いますからね (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

気にしない、考えない?

 2017-01-29
DSC00153_201701302025564be.jpg

「飼い主さんの気持ちが犬に伝播する・・」

そう書くと「テレパシー」みたいですが、
犬は飼い主さんの表情や動きなどを観察していますから、
飼い主さんがイラついていたり、焦っていたり、
不安を感じていたりするとそれを敏感に感じ取って、
自分も怖がったり、不安になってしまう事は多いです。

でも、そう言うと、
「じゃあ、私が気にしなければ良いのですね!」
とか「考えないようにすれば良いんですね」
と言う飼い主さんも多かったりしますが、
そうした返答がすぐに出てしまうのは、
もしかすると、物事の判断が「感情」よりも
「思考」に囚われてしまっている可能性も高いみたいです。

「気にしなければ良い」とか、
「考えなければ良い」と言っても、、
実際にそんな事はできません・・
普通は「気にしてはダメ」とか
「考えてはダメ」と意識すればするほど、
考えてしまいます。

でも、「気にしてはダメ」と言われると
「気にしてはダメなんだ」と考え、
「考えてはダメなんだ」と言われると、
「考えてはダメなんだ」と言われるがまま、
「そうしなければいけない」と思ってしまうのは、
「こうでなければならない」と言う思考で
頭が硬くなってしまっているかもしれません

同じように
「前向きに考えましょう」とか
「プラスの面から見て褒めてあげましょう」
などと言われると、
「あぁ、そうだな」とは思うものの、
実際には、そんなにすぐに前向きになれるわけではありませんし、
行動の問題をプラス思考で見る・・
なんて事もできないと思います。

そんな風に今の自分とはかけ離れたアドバイスや考え方は、
なかなか受け入れられないですし、
反発したくなってしまうのが普通ですから、
まずは、分からなければ「分からない」で良いと思いますし、
そう言う時は「ゆっくりと・・少しずつ・・」
と自分に言い聞かせてみるのも良いのではないかと思います。

しかし、自分自身に対して
「ノルマ」を課してしまいがちな飼い主さんや、
「アドバイスをくれた人の為にも頑張らないと・・」と、
他者に対して「認められない」とか「嫌われたくない」
と言う気持ちが強い人ほど、
「ゆっくりと・・少しずつ・・」と言う自分の言葉に対し、
「それではいけない」と罪悪感を感じて焦ってしまう事もあるみたいですが、
そう言う時は、そうした「焦り」や「罪悪感」を口にして
「自分は”ゆっくりと・・”とか”少しずつやろう”と思うと、
 焦りや罪悪感を感じてしまうんだな~」
と言ってみるのも良いそうです。

自分の気持ちに蓋をして頑張り続けてきた人は、
自分の気持ちと向き合ったり、
抑えつけてきた自分の気持ちを表現しようとしても、
それを上手くコントロールするのが苦手だったりしますが、
そうして、少しずつ、自分の気持ちを口にして自覚する事で、
自分の気持ちにすぐに気づけるようになりますし、
自分の気持ちを表現する事も
上手になって行くのではないかと思います。

また、そうして、自分の気持ちに蓋をして抑え込んでいると、
犬にも心を開かない飼い主さん・・となってしまい、
犬も飼い主さんの事を信用してくれなくなってしまいますから、
気づいた自分の気持ちを少しずつ犬にも伝えて行く事で、
犬も安心し、飼い主さんの言動に対しても
いちいち過剰に反応しなくなって行って、
「気にしない」とか「考えない」なんて事を気にしたり、
考えたりしなくても大丈夫になって行くのではないかと思います (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「心」と「思考」のズレ

 2017-01-28
DSC01130.jpg

これまで、一生懸命に勉強をしてきたのに
ある日、突然、
「なんでこんな事をしなくてはいけないのだろう?」
と悩んでしまったり、
一生懸命、「会社の為に・・」と仕事を頑張ってきたのに、
ある日、突然、
「どうして、会社の為にここまで頑張らなければいけないのだろう?」
など、これまで一生懸命にやってきた事が、
ある日、突然、バカバカしくなってしまって、
何にもやる気がしなくなってしまう・・
なんて事もあるかもしれませんが、
それは「心に無理をさせ過ぎてしまったから・・」
かもしれないそうです。

「身体」は疲労がたまってくると、
「だるさ」や「痛み」などのサインを出してくれますが、
「心」は疲れがたまってきても
なかなか、分かりやすいサインを出してはくれませんので、
ついつい、「まだ、頑張れる」とか「もう少し大丈夫」など、
「ノルマを終わらせる」と言う目標の為に
頑張り続けてしまう事も多いのではないかと思います。

しかし、そうしている間にも
「心の疲れ」は溜まっていきますので、
ある日、突然、限界点を越えて
「もう、何もやりたくない」
となってしまう事も・・

では、どうして
「心」は休息を望んでいるのに
それを無視してギリギリまで頑張ろうとしてしまうのか?
と言うと、「心のサイン」よりも
「こうでなければ」とか「こうしなければならない」と言う
「思考」が強くなってしまっているからかもしれません?

「疲れているけど、もう少しだから・・」
「みんなが働いているのに自分だけ休めない・・」
「嫌だと言いたいけど、それを言うと怒られたり、
 嫌われたりしそうだから言えない・・」

そうして、自分の気持ちを押し殺したり、
誤魔化していると、段々と自分を追い込んでしまいますので、
「まだ、やれそうな気がする」と言う「思考」に注意して、
自分の気持ちや心の動きを
見てあげるようにしてみるのも良いそうです。

特に飼い主さんの中には、、
「犬の為に・・」と頑張り過ぎて、
自分を追い込んでしまう人も多いですが、
結果を出す事ばかりを重視してしまい、
理想と現実の差から来る焦りから
自分をさらに追い込んでしまったりすると、
結果として「なんで犬の為にここまで・・」と、
なってしまう事もありますから、
「自分は焦りを感じてはいないだろうか?」と
自問自答してみるのも良いのではないかと思いますし、
心が疲れてくると気持ちは「頑張ろう」と思っても
身体が動かなかったり、
「やる気が出ない」とか「集中力が持てない」とか
「興味が沸かない」などのサインが出てくると思いますので、
そうした気持ちに理由を付けて頑張らせるのではなく、
犬と一緒にゆっくりと休んでみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

第01回(17回)「ピクニック部(四季の森公園 01)」

 2017-01-27
2017年01月の「ハイキング部」は心機一転! 
気持ちも新たに・・と言う事で
「ピクニック部」と名称を変えて横浜市緑区にある
「県立 四季の森公園」にみんなで行ってみる事にしました!

01DSC00007_20170125120029a3f.jpg
今回のメンバーは初参加のチワワちゃん

02DSC00086.jpg
前回に引き続き、二回目の参加のバセコギちゃん

03DSC00033.jpg
常連メンバーのシュナのP君と

04aDSC00091.jpg
シュナのS君

04bDSC00117.jpg
そして、sideWANさんののあちゃんとあすりーちゃん、
そして、りんね君とうちのチャミです。

05DSC00035.jpg
チワワちゃんとシュナのP君がごあいさつ

06DSC00037_20170125120207f93.jpg
チワワちゃんは初参加なので緊張しているのかと思いきや、
積極的にごあいさつができていました!(^▼^)ノ

10DSC00136_20170125120206efa.jpg
出発です。

11DSC00157_20170125120206aa0.jpg
駐車場の前にある「展望広場」・・

17DSC00280_2017012512020516b.jpg
広場に居たトイプーちゃんとごあいさつです。

18DSC00286_20170125120203666.jpg
ママからオヤツが貰えました!

19DSC00293_201701251202037cc.jpg
続いてバセコギちゃんもごあいさつ

20DSC00300.jpg
上手にできました!

22DSC00329.jpg
その後は広場を進んで公園散策へと向かいます。

23DSC00331.jpg
みんな楽しそう

24DSC00333.jpg
次の日が「雪」予報だったのでこの日も寒くなるかと思いきや
意外と暖かかったので良かったです。

25DSC00343.jpg

26DSC00356.jpg
歩道を歩いていると
また、違う子と会う事ができました。

27DSC00365.jpg
みんなで順番にご挨拶
平日の早い時間帯だとあまり犬に会えなかったりするのですが、
さすがは四季の森公園!と言う感じです。

31DSC00414.jpg
チワワちゃんも元気で楽しそうで良かったです。

34DSC00455.jpg
のあちゃん達も楽しそうに歩いています

35DSC00482.jpg
あすりーちゃんは今日も元気そう!

37DSC00508.jpg
のあちゃんは15歳になりましたが凄く元気です。

38DSC00515.jpg
そんな感じで下り坂を進んで行きます。

39DSC00522.jpg
シュナのS君も元気に歩いてくれています。

41DSC00570.jpg
「じゃぶじゃぶ池」まで来ました。

49DSC00650.jpg
ここから階段を下りてさらに先へ・・・

50DSC00655.jpg
階段ですが・・

51DSC00661.jpg
みんな上手に下りられていました。
カテゴリ :ピクニック部 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫