全くの別人になる必要は無い

 2015-09-30
DSC01238.jpg

犬とステキな関係性を作っている犬と飼い主さんを見ると、
「あんな飼い主さんみたいになりたい」と考え、
「もっとこうならなければ・・」と自分自身の変化を意識し、
気負いすぎてしまう飼い主さんは多いですが、
そうして、望めば望むほど、その人と自分との差・・
違いばかりが目に付いて落ち込んでしまったりする事は多いと思います。

人間、そんなにすぐに変われるものではありませんし、
そもそも「人が変わる」と言っても、
全く違う別人になるわけではなく、
自分の中にもともとあった要素を強めたり、
弱めたりするぐらいしかできないのではないかと思います。

勿論、今、現在、犬を育てる事がうまく行っていない時は、
飼い主さんが全く変わらなくても良い・・
と言う事でもないとは思いますが、
別人になるのではなく、ほんの少しだけ考え方を変えてみる・・
犬への接し方・・対応をちょっとだけ変えてみる・・
と言うぐらいからはじめてみるのも良いのではないかと思います。

では、具体的に何をどう変えたら良いか?と言いますと、
「ああしなければ」とか「こうでなければ」と言う考え方を止めてみる・・

「ああしなければ」とか「こうでなければ」と考えなくする事で、
まず、飼い主さんのイライラがなくなりますし、
犬に対する注意や叱り、文句の言葉がなくなり、
犬も気持ちが落ち着きますし、
飼い主さんも心に余裕が生まれるので、
自分の犬がどうしてそう言う事をしてしまうのか?
と言う部分に気持ちが行くようになるのではないかと思います。

犬の行動だけを見て、止めようとするだけだと、
単なる対処法になってその問題行動が止められても、
今度はまた違う問題行動をしだす事は多いですが、
その行動の裏にある「どうして?」と言う部分を
考えてあげられるようになると、
根本的な解決にも繋がりますし、犬も
「飼い主さんが自分の事を理解してくれようとしてくれている」
と分かるので、段々と気持ちを寄せてくれるようになり、
お互いの関係性が良くなって行く事は多いです。

勿論、そうは言っても難しいとは思いますが、
「ああしなければ」とか「こうでなければ」と言うのは、
対人関係から生まれる事は多いですので、
まずは心に余裕が持てる、人の少ない場所にお散歩に行ってみる・・
と言うのも良いと思います。

ダイエットでもなんでもそうだと思いますが、
急激な変化を望むと、心や身体に大きな負担がかかり、
結局、長く続かなかったり、
リバウンドが出て、かえって悪くなってしまったりする事も多いですし、
犬のしつけでも「たった数分で・・」みたいな広告もありますが、
その中には、大きな音で犬を脅したり・・と、
犬の心に大きな負担をかけてしまう方法などもあったりして、
音に対する恐怖・・人間に対する不信感・・など、
問題行動よりも大きな問題が生まれてしまう事もありますので、
心や身体に負担をかけないようにする為にも、
少ない負荷で焦らずに少しずつ、少しずつ・・
今の生活にほんのちょっとだけ変化を組み込むような・・
「習慣の力」を取り入れた長期的な展望で考えて行くのが、
犬の為にも飼い主さんの為にも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「PowerShot S110」を買う

 2015-09-29
今日は相模原市にある「古淵鵜野森公園」から
横浜市青葉区にある「たまプラーザ」に行く用事があったので、
途中で「沢谷戸自然公園」に寄ってみました!(^^)

「沢谷戸自然公園」は以前から行きたかった場所なので、
ようやく行ける事ができて良かったのですが、
詳しくは「おでかけドットコム」を見て貰いたいです・・

ちなみに、なんで相模原市から青葉区まで行ったかと言いますと・・
キャノンのコンパクトデジカメ
「PowerShot S110」の中古品を買いたかったからです(^^)
01DSC06580.jpg

まぁ、ソニーのコンパクトデジカメ「DSC-RX100」があれば、
2012年10月発売の「S110」なんていらないんじゃないの?
とも思いますが、
ちょっと「Wi-Fi機能」を使ってみたかった・・
と言うのが正直な所です(笑)

コンデジとパソコンを「Wi-Fi」接続するのは、
少しばかり分かり辛かった部分もありましたけど、
USBケーブルやSDカードの抜き差しをせずに
無線でパソコンに送信ができるようになったのは良かったです。
まぁ、転送速度はそれなりなので、
写真の枚数が多い場合は
SDカードを抜いてパソコンに挿した方が速いですけどね(笑)

02IMG_1260.jpg
・・で、写りの方は?と言うと、まぁ、それなりかな?
RX100が約2020万画素でセンサーが1.0型なのに対し、
S110は約1210万画素でセンサーは1/1.7型・・
数字だと分りにくいけど、
センサーサイズによる写りの差って
結構、違うので同じ写りを期待してはいないのですが、
「S95」や「LX3」・・
「XZ-1」などと比べるとキレイな感じはします(^^)
(写真はブログ用に縮小してます)

以前、使っていた「PowerShot S95」は、
撮った写真がなんか白っぽいな?
と言う感じだったので、「S110」も少し心配だったのですが、
実際に使ってみると、そんな事もなかったので良かったです。
それは「S95がCCD」で「S110がCMOS」だからかな?
まぁ、「S120」になると「裏面照射型CMOS」になり、
映像エンジンも「DIGIC 6」になるそうなので、
そっちの方が本当はもっとキレイなんでしょうけどね?(^^;

03bIMG_1259.jpg
とは言え、デジカメよりもキレイに写るスマホとかも多いし、
レンズとかプログラムとか色々な要素の総合で決まるから、
スペックだけでは分からなかったりしますけど、
値段と実用性・・費用対効果を考えるとS110もなかなか良さそうです。
カテゴリ :お買い物レビュー トラックバック(-) コメント(-)

「PowerShot S110」を買う2

 2015-09-28
「PowerShot S110」で撮った写真

03aIMG_1330.jpg

04IMG_1667.jpg

05IMG_1673.jpg

06IMG_1679.jpg

あと、「PowerShot S110」の動画です。

動画ソフトで変換したり、
トリミングなどをしていますが、
写りとしては良い感じです。

柴犬ちゃん

最初はちょっと緊張していますが、
少しずつ、気持ちが前向きになってくれました(^^)

ただ、動画撮影をすると
バッテリーの消費が速いです。
まぁ、通常撮影でも
撮影可能枚数が約200枚と少ないので、
これを持っておでかけお散歩をするのは、
ちょっと不安ですね(^^;
カテゴリ :お買い物レビュー トラックバック(-) コメント(-)

言うべき事と言うべきでない事

 2015-09-27
DSC04981.jpg

海外の小学校では、
「言うべき事」と「言うべきではない事」・・
つまり「余計なお世話」について考える授業があるそうですが、
大人でも「言うべき事」と「言うべきでない事」の違い・・
と言われても難しいですよね?

授業中、隣の子が教科書に落書きをしていた・・
それを見て先生に告げ口をするのは「余計なお世話」かもしれないし、
イジワルをされている子が居たら、
それを先生に伝えるのは「言うべき事」だと思います。

しかし、仕事などでは上司や先輩に
「勝手に判断されると困るから事前に聞いてね」と言われたので
聞くようにしていたら、
「そんな事まで、いちいち言わなくて良い」と怒られてしまった・・
なんて話もありますし、
「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と言うライトノベルに書かれていた、
「上司や先輩に言われて嫌だった言葉」には、

「分からない事があったら聞いてって言ったよね?」
と言うから聞いたら、
「それくらい自分で考えて欲しかったんだけどなぁ・・」
と言われ、
仕方が無いので自分で考え、判断して行動したら・・
「ねぇ、なんで俺に聞かないで勝手にやっちゃうの?」
と言われて「一体、どうすれば良いんだよっ!?」となった・・
なんて実体験?もあったりするそうですから、
実際は正解なんて無いのだと思いますけど、
正解がないからこそ、相手に合わせて伝え方や伝えるべき事を考えて行く・・
と言う事が大切になるのではないかと思います。

しかし、言うべき事・・言うべきでない事の前に
「言いたい事が言えない」と言う人も多いです。

周りの空気や、その場の雰囲気を読みすぎてしまう事で発言ができなかったり、
自分が発言しても冷たく否定されるかもしれない・・
笑われたり、バカにされたり・・・あるいは怒られるかもしれない・・
嫌われるかもしれない・・と思うと、
怖くて言えなくなってしまったり・・

そうして、そんな風に「嫌な思い」をするぐらいなら、
何も主張せずに周りに合わせた方が良い・・・
となってしまったりするのだと思いますが、
そうして、自分の考えや気持ちを抑え込んでしまう事でストレスになってしまったり、
主張をしない事が続くと今度は自分の意見を言いたくても
うまく言えなくてなってしまう・・
と言う事もあるそうですから注意が必要だそうです。

また、そうして対人関係において、
自分の気持ちや考えを主張する習慣がないと、
犬と一緒に生活する時も同じように自分の気持ちや考えを抑え込んでしまい、
犬の気持ちを考えてばかりになって、
自分の意見を伝えるのが苦手になってしまう事も多いように感じます。

自分の気持ちを伝えるよりも
犬の気持ちばかり読んでいるので、、
結局、犬に振り回される事になって、
犬の行動の問題が激しくなったりする事も・・

「言いたいことが言えない・・」と、
ついつい、自分の気持ちや考えを犠牲にして、
犬の気持ちや考えを優先させてしまいがちです。
「それを素晴らしい」と言う人も居るかもしれませんが、
それって、結局は一方通行のコミュニケーション・・
「犬と理解し合う」と言う困難に立ち向かわずに
「自分が犠牲になれば」と言う楽なコミュニケーション方法に
逃げている・・とも言えますし、
犬だって飼い主さん言って貰わないと・・
気持ちや感情を表現して貰わないと飼い主さんの事を理解できませんから、
犬の事を理解しようとするばかりではなく、
自分の気持ちを伝えて行く努力をする事も大切ではないかと思います。

また、
こんな事を言ったら相手にバカにされるかもしれない・
頭ごなしに否定されるかもしれない・・
嫌われるかもしれない・・
と言う理由で自分の気持ちを打ち明けられないとしたら、
それって、ある意味で相手の事を信用していないからかもしれません?

犬に対しても同じです。
犬に何かを教えようと思っても、
「言ってもどうせ分からない・・」とか
「教えたってできるハズがない・・」などと言う飼い主さんも居ますが、
そう言う気持ちのままでは結果につながらない事は多いですから、
まずは犬の事を信用してあげるようにする事も重要だと思います。

相手に合わせて「伝え方」や「伝えるべき事」を考える為にも、
「犬の事ばかり」でも「自分の事ばかり」でもなく、
お互いの気持ちや考えを考慮し、
相手の気持ちを受け入れ、自分の気持ちを伝え、
「お互いにとってより良い妥協点」を考えた
コミュニケーションを目指してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

あきらめさせてしまえば要求はしないけれど・・

 2015-09-26
DSC04866.jpg

飼い主さんが病気や旅行などで犬を預ける事になった時、
新しい環境に馴染めず、飼い主さん以外の人に対して
強い警戒心を見せる犬も多いです。

そう言う状態の犬を見ると、
つい「怖くないよ」と撫でてあげたくなったりしてしまいますが、
自信が無く、人間に対して不信感を持ってしまっている犬の場合、
「怖くないよ」と近寄ったり、
身体に触れられる事自体が怖くてたまらない・・

犬を追い詰めてしまう事にもなりかねませんので、
犬が自分から近寄ってくるまで待ってあげる・・
放っておいてあげる・・と言う事も、
犬に対する優しさではないかと思います。

しかし、中には環境が変わっても
平然としていていつもと何も変わらない・・
と言う子も居たりします。

そう言う子は人に慣れていたり、
預けられる事自体に慣れている場合も多かったりしますが、
中には人間との関わりが薄い・・
人間とのコミュニケーションの楽しさを知らず、
人に依存していない・・
もともと独りぼっちなので、どこへ行っても変わらない・・
と言う子も居たりしますので、
飼い主さんと離れれても平然としている・・
と言うのもちょっと注意かもしれません?

しかし、そんな風に人間との関わりが薄い犬は、
飼うのが楽だったりする事は多かったりします。

なぜなら、人間に対して期待をしていないので
要求的な行動もしませんし、
アピール的な排泄やイタズラ行動もしない・・

一人で勝手に遊んで自己完結してくれるので、
飼い主さんの手をわずらわせない・・
ある意味、「良い子」ではあるのかもしれませんが、
「全てをあきらめてしまった」上での消極的な行動を
「良い子」としてしまうとしたら、
それは、あまりにも人間の勝手ではないかと思ってしまいます。

勿論、あまりにも飼い主さんへの依存心が強過ぎるのも、
飼い主さん側の問題・・
過干渉だったり、犬が自立できないようにしてしまっている部分はないか?
ーと、もう一度、接し方を見つめなおす事も必要ではないかと思いますが、、
まずは飼い主さんが「安全」で「安心できる存在」になってあげ、
そこから、犬のできる事・・犬の世界を広げてあげる為の
サポートをしてあげる事も大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫