「おでかけお散歩練習会」03

 2014-09-30
060DSC00602.jpg
岩場を歩こうかと思ったのですが、
満ち潮の時間のようです。

061dsc00614.jpg
それでも歩けそうな所もありそうでしたので、
下に降りてみる事にしました。
062DSC00604.jpg

063dsc00632.jpg
今日は波が少しありましたが、
岩場の中の水溜りは波の影響も少なく、
波の音も無い為か、チワピン君が
自分から水の中を歩いて
飼い主さんの方へと歩いて行けていました。

066DSC00649.jpg
昔はワリと怖がりで、
「我が道を行く」と言う感じの子だったのですが、
最近は協調性や共感の気持ちが生まれ、
今日は特に飼い主さんや他の犬達と一緒に居たい・・
と言う気持ちを感じる事ができました。

067DSC00650.jpg
この状況で匂いを嗅げています。
水の中に足をいれたまま、
興味が外に向けられていると言うのは凄いと思います。


途中でちょっと波が来てしまいましたが、
それでも落ち着いて対処できています。

070DSC00654.jpg
オヤツも・・

071DSC00657.jpg
きちんと食べられています(^^)
怖がっていると、
おやつを食べる余裕もなくなりますので、
水の中に足が浸かった状態でも、
落ち着いていられている証拠だと思います。

073DSC00669.jpg
でも、不安を感じたのか、
ちょっと前足が上がっていますが、
表情には余裕がありますので、
大丈夫だと思います。

074DSC00673.jpg
最初に「sideWAN」さんで会った時は、
飼い主さんが座る椅子の下から
出てこられなかったチワピン君ですが、
凄く成長したのを感じました(^^)

075DSC00638.jpg
うちの先住犬とシュガーちゃんも
水には入らないものの、
岩場を楽しんでいました。

076DSC00687.jpg
もう少し、奥まで行ってみる事にします。

079DSC00711.jpg
岩場を飛び越えるシュガーちゃん・・
残されたミニピン君はどうするか?
と思ったら・・


岩の裂け目の上を通って反対側へとやってきました!
岩場を飛び越えるのは怖いからと
機転を利かせられる「考える力」と「判断力」、
そして「行動力」は素晴らしいと思いますし、
平坦なアスファルトを歩かせるばかりではなく、
こうした場所をあえて歩かせる事で、
様々なスキルも上昇して行く事もあると思います。

082DSC00734.jpg
のあちゃんが岩場の中に出来たプールで泳いでいます。

083DSC00738.jpg
トイプー君も水の中に入りたいけど、
ちょっと躊躇している感じ・・



086DSC00758.jpg
飼い主さんにオヤツを貰いつつ、
少しずつ慣れて行く作戦です。

088DSC00773.jpg
前足が入れました!


水の中に入れました!
でも、少し困っていましたので、
最初は無理をせず、
徐々に慣らして行く感じです。

094DSC00857.jpg
水の中に入った後は、
岩場の上で身体を乾かします。

095DSC00867.jpg
海に入ってビチャビチャですが・・

096DSC00868.jpg
飼い主さんのお顔が近くにあったので
「大好き」だと伝えています(^^)

098DSC00925.jpg
でも、ここまで、海で水遊びをしているトイプー君も
珍しいと思いますが、
今日だけでも、かなり良い経験が
できたのではないかと思います(^^)
103DSC00904.jpg

「おでかけお散歩練習会」04
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)

「おでかけお散歩練習会」04

 2014-09-29
104DSC00991.jpg
チワピン君は毛が短いので、
水の中に入っても岩場を歩いているだけで、
あっと言う間に乾いてしまう感じです。

105DSC00913.jpg
飼い主さんと一緒に歩いて行きます。

111DSC01115.jpg
その後は砂浜へと移動してみました。
こちらは防波堤がある為、
先ほどの砂浜と比べるとかなり穏やかな感じです。

119DSC01196.jpg
のあちゃんはフリスビーが大好きです。

120DSC01223.jpg
トイプー君も楽しそうなので、
一緒に走っています(^^)

121DSC01241.jpg
人間は砂浜を走ると凄く疲れますが、
犬はどうなんでしょうね?

122aDSC01389.jpg
フリスビーを追っています。

122bDSC01422.jpg
フリスビーを咥えて、
楽しそうに走っています。

123DSC01292.jpg
おやつタイムです。
フリスビーは追いかける事はできても、
咥えて飼い主さんの所まで戻って行くのは
なかなか、難しいみたいですが、
そうした事ができるようになると、
遊びの幅も広がって楽しそうですね!

125DSC01307.jpg
シュガーちゃんも
昔は他の子達がおやつを貰っていても、
「我、関せず」と言う態度だったのですが、
今は他の子と一緒に並び、順番を待てるようになりました。

126DSC01311.jpg
トイプー君とチワピン君も待てています。

149DSC01480.jpg
トイプー君が走り・・
150DSC01482.jpg
151DSC01485.jpg

153DSC01504.jpg
シュガーちゃんも走り・・
154DSC01505.jpg
155DSC01506.jpg

156DSC01515.jpg
チワピン君も走っています。

170DSC01599.jpg
チワピン君も随分と波の近くまで行けるようになりました。

171DSC01600.jpg
凄いです!

174DSC01612.jpg
シュガーちゃんも
波で足が濡れても平気になりました!

176DSC01548.jpg
みんな波のそばまで行けています。
最初の頃と比べると、
どの子も成長の姿が見えて、
本当に楽しいおでかけができたと思います。


トイプー君が濡れた身体のまま、
砂浜でゴロゴロしています。
普通なら「キャー、ヤメテ!」と言う感じですが、
飼い主さんは怒ったり止めるよりも、
自分が移動する事でトイプー君の気持ちを動かしています。
チワピン君も走って遊んで、
色々な事を学び、沢山の事を経験してくれたと思いますが、
なによりも「海は楽しい」と思って貰えた事が良かったと思います。

179DSC01664.jpg
シュガーちゃんも満足そうですし、
そろそろ時間なので戻る事にします。

188DSC01802.jpg
もうすぐ10月になってしまいますが、
気温も高く、本当に天気で良かったです。
196DSC01900.jpg

200DSC01942.jpg
最後に芝生の広場で砂を落としたり、
太陽で身体を乾かそうと思ったら・・

201DSC01944.jpg
トイプー君が芝生でも身体をこすり出したので、
今度はその動きをコマンドで教えようとしたりと、
何に対しても前向きに考える事も
犬を育てる時には大切だと思いました(^^)

207DSC01982.jpg
今回は特に何かを教えたりしたわけではありませんが、
みんなで一緒に遊びに行き、
みんなで一緒に楽しむ事が目的とも言えると思いますし、
こうして犬達が他の犬や
他の飼い主さん達と「楽しい」を共有したり、
共感したりする事で、お散歩中に犬と出会ったとしても、
極度に緊張したり、過剰に怖がったりする事は
なくなって行くと思います。

208DSC01057.jpg
その後は「なぎさ橋珈琲 逗子店」さんへ・・
ここはテラス席ならペットOKなので、
みんなでカフェ練習もしてみる事にしました。

209DSC01081.jpg
ーと言いつつ、メニューを見たら美味しそうだったので
本格的に何を食べるかと悩んでしまったり・・(笑)

210DSC01084.jpg
モーニングも12時までOKみたいです。

211DSC01185.jpg
「しらす丼」のドリンクセットを頼んでみました。

212DSC01189.jpg
美味しそうです。

お店はお昼時だった為か、
平日なのに犬連れのお客さんが沢山、出入りして、
良い経験の場になったと思います。

「犬のしつけ」と言うと「怖い」とか
「厳しい」と言うイメージがありますし、
勿論、そうした事が必要な場合もありますが、
「ああしなければ」とか「こうでなければ」と言う、
厳しくてギスギスした犬との暮らしばかりでは、
息苦しくなってしまいますので、
こうして、みんなで遊んだり、食事をしたりしながら、
犬との楽しい暮らしの仕方を学ぶと言うのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :sideWAN トラックバック(-) コメント(-)

大切な家族同士の話し合い

 2014-09-28
004DSC00892.jpg

犬の行動の問題と言うと「犬が悪いから」と思ってしまう事は多いと思いますが、、
実際は犬が暮らす家族の関係性・・
家族同士のコミュニケーションやスキンシップが、
犬の心に強く影響を与えている事は知っておくべきだと思います。

家族が犬に与える悪影響として、
「旦那さんが犬を甘やかすので犬がワガママになる」
と心配される事は多いですが、、
実際はあんまり問題ではない事は多いです。

勿論、犬は相手によって使い分けますので、、
旦那さんが居ると犬が言う事を聞かない・・
吠えたりイタズラをしたりとダメダメになってしまう・・
と言う事もありますが、
旦那さんは普段、仕事に行っていて、
お散歩に連れて行くのは休日ぐらい・・・
殆どの時間は奥さんと共に暮らしていると思いますので、
奥さんが犬に対してきちんとした接し方をしていれば、
大きくブレる事はないと思います。

また、逆に夫婦の仲がいつも悪く、
怒鳴りあいが絶えなかったりすると、
犬が怖がりになってしまう事は多いです。

ちょっとした物音や人の話し声に対し、
過剰に反応して吠えたり、
怯えたりしてしまう事もありますし、
人間不信になって知らない人間に近寄ろうとしない・・
知らない人間が差し出した食べ物を食べようとしない・・
と言う事もありますので、
夫婦喧嘩をするなら犬が居ない場所で・・
と言うのが良いと思います。

あと、犬にとっては家族が社会の基礎・・
コミュニケーションの基本を学ぶ所となりますので、
夫婦間や家族間で会話がなかったり、
関係性が希薄だったりすると、
犬はそこからコミュニケーションやスキンシップを学ぶ事ができない為、
お散歩に行っても他者に対するコミュニケーションの仕方が分からず、
犬や人と会っても不安を感じてしまう・・・
と言う事もありますので、
犬のしつけを始める前に、まずは、家族の関係性を良くする事で
コミュニケーションの仕方の「良いお手本」となってあげるのも良いと思います。

しかし、それでも奥さんが旦那さんに対してきちんと言い返せている・・
対等の立場に立てているのなら良いと思いますが、
中には旦那さんが家族に対して威圧的で支配的・・・
最近では「モラルハラスメント(モラハラ)」と言われるそうですが、
旦那さんは常にイライラしているような感じで、
奥さんがどんなに旦那さんの為に頑張っても
それを「当たり前」だと思って感謝をしなければ、
奥さんがミスをした時だけは、しっかりと責めると言う「思いやり」の無さで、
旦那さんの心無い言葉や態度に怯え、苦しみつつも
奥さんは「旦那さんを怒らせないように」と、そればかりになってしまっていると、、
犬の心にも悪影響を与えてしまう事にもなりかねないと思います。

モラハラをする人の多くは自己評価が低く、自分に自信がない為、
相手のミスを責める事で自分が優位な立場に立って安心したいと思っている。
「相手の気持ちを考える」と言う事をせず、
自分の意見に従わないとキレて他者をコントロールしようとしたがるので、
犬に対しても、犬の心や気持ちなどは考えずに
自分の言う事に服従させようとする・・
服従しない犬は嫌いで自分の言う事を聞く犬を良しとし、
特に世間体を強く気にするので、散歩中に吠えたり、
自分よりも前を歩くような犬とは散歩に行きたがらない・・など、
自分の事しか考えていない事は多いですが、
本人はそうした自覚がない為、
問題を複雑化してしまっている事は多いみたいです。

そんな風に家族の中に家族に対して支配的な人が居ると、
犬に対しても支配的な接し方をするように要求してくるので、
犬の育て方が指示や命令、服従訓練がメインとなってしまい、
自由で伸び伸びとした・・
犬の心を伸ばすようなしつけをするのが難しくなってしまう・・
と言う事も多いのではないかと思います。

しかし、自己評価や自己肯定感の低い人のモラハラを受け続ける事で、
モラハラを受けている人も自己評価や自己肯定感が低くなってしまい、
被害者なのに「自分が悪いから」と加害者のように感じてしまい、
一人では立ち向かえない・・・と言う事も多いみたいですので、
相談できる相手を見つけつつ、
「自分はそうした事を言われるのは嫌」と気持ちを伝えてみる・・
相手と少し距離を置いてみる・・と言う事が必要な場合があるそうです。

相手を貶めるような事を言われたら距離を置くなどして、
自分の言動と結果を考えて貰う・・
気持ちに対して気持ちを返すなどする事で
相手の気持ちを考えてくれるきっかけになればと思いますが、
犬の事を考えると、家族の事を大切にしてくれない人・・
家族が大切に思っている存在を大切に思ってくれない人を
大切にする必要はないのではないか?とも思ってしまいます。

まぁ、そんな感じで、犬の行動の問題だからと言って、
必ずしも犬が悪いとは言えない事は多いですので、
犬のしつけを考える前に、家族同士について考えてみる事も
必要な事ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

色々な事ができるようになったシュガーちゃん

 2014-09-27
000DSC01314.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている
チワワの「シュガーちゃん」(推定2歳 女の子)です。


「クルン」と回る動きもかなり上達し、
「8の字歩き」もスイスイと歩けるようになりました。

「オテ」も人間の手の上に
前足を乗せられるまでにはなっておりませんが、
「オテ」と言う言葉に対する動き・・・
「何をしたら正解なのか?」と言う事は
分かってきてくれているみたいなので良かったと思います。

「オテやオスワリなんて教える必要はない」と言われる事もありますが、
「服従的」な意味合いでするのではなく、
犬の「聞く耳」を育てる為にこうした事を行っています。

何も教わっていなかったり、
ワガママに育てられた犬は、人間の話をじっと聴く事が苦手な事は多いです。
でも、それは「頭を使ってこなかったら分からない」のではなく、
単に「人間の言う事をジっと聞く」と言う習慣が身についていないからだと思います。

ちなみにアメリカやヨーロッパでは、
人間の子供の「話を聞く力」を育てる為に、
先生が少し離れた所から子供達に向かって小声で話し、
子供達が先生が話した事をオウム返しで答えると言う遊びを行うそうです。

そうした、遊びを通して、
子供達は先生の話を聴くと言う習慣を身につけるそうですが、
それと同じように、
犬に「オスワリ」と言った時に「オスワリ」の動作ができたらオヤツが貰える・・
「オテ」と言った時に「オテ」の動作ができるとオヤツが貰える・・
と言うゲームを繰り返す事で、
少しずつ、飼い主さんの言う事を聞こうと言う習慣や
飼い主さんは何を言っているのだろう?と考える習慣を
身につけて貰う為に、こうした事を行っています。

また、こうした遊びの注意点としては、
犬が言う事を聞かなかったり、聞こえないフリをしたとしても、
言う事を聞かせようとして大きな声を出して怒ったり、
脅したりしてしまわないようにする事だそうです。

そうすると、飼い主さんはすぐに怒るし、
大声を出して脅してくるので、言っている事を聞きたくない・・
となってしまうと、今度は愛情を伝えようと思っても
聞いてもらえなくなってしまいますし、
それでは、
どんなに飼い主さんが教えようと思っても、
犬にその気がないので、何も伝える事はできませんから、
まずは犬の「聞く力を育てる」と言う事から
始めてみるのも良いのではないかと思います。

その後は「クリッカー」でコップ倒しをやりました!
以前は不安や恐怖からかコップを倒せなかったのですが・・

今は自信を持ってコップを倒せています。


そんな風に「クリッカートレーニング」は、
飼い主さんが犬に「教えたい行動(目的)」を考え、
目的に至るまでの道筋を逆算し、それを細かく・・
段階的に区切って「スモールステップ」で犬に教えて行くと言う、
「犬への教え方の基本」が詰まったトレーニング法だと思うのですが、
飼い主さんの中には自分で犬に教えたい事(目的)を考えたり、
教える内容(目的に至るまでの道筋を逆算)を計算するのが苦手・・
だから、「スモールステップ」で犬に教える習慣も身につけられないまま、
「これを教えてあげて下さい」とトレーナーさんに言われた事・・
「こう言う風に教えるんですよ」と教わった事しか
「クリッカー」で教えられないと言う事も多いみたいです。

でも、それでは、犬もまた、言われた事しかできない・・
自分で考える事ができない犬になってしまうかもしれませんので、
まずは、飼い主さんが考える・・
習慣を変える努力をしてみるのも良いのではないかと思います。


最後は、シュガーちゃんの「フセ」の動画です。
実は今まで、シュガーちゃんは「フセ」ができなかったのですが、
ようやく・・と言うか、この時、はじめて「フセ」ができるようになりました!

ーと言っても、動き自体を教え始めたのは最近の事で、
それまでは「土台作り」・・
それこそ、コマンドコミュニケーションなどで
楽しいスキンシップを続け、
人間の言葉を聴く習慣・・・
人間の言葉の意味を考える習慣などに時間を費やしていました。

最近は随分と僕に対する気持ちも寄ってきてくれたようなので、
「楽しい」を基本としつつ、
シュガーちゃんともっともっと、仲良くなりたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :シュガー トラックバック(-) コメント(-)

駆け引きばかりの犬のしつけはしない

 2014-09-26
03DSC00391.jpg

飼い主さんが家に帰ってくると、
大喜びで玄関まで迎えに来てくれるし、
何の見返りも求めずにいつも一緒に居てくれる・・

そんな犬の姿を見ていると、
「犬は人間の事を無条件で愛してくれている」
と思ってしまいがちですが、、
実際は自分の我を通す為や自分が優位の立場になる為に
細かな駆け引きをしてくる事は多かったりします。

「家の中で排泄をしない」とか「ごはんを食べない」など、
おしっこをするのを我慢する事で「散歩に連れて行って貰える」とか、
ごはんを食べるのを我慢する事でもっと美味しいフードに変えて貰ったり、
トッピングをして貰えたる事を計算して行っている事も多いですが、
飼い主さんは犬がそうした駆け引きをしてきているとは思いもしなかったり、
駆け引きをされている事は分かっているけど、
自分の不安や心配の方を重視してしまい、
犬の要求に応えてしまうと言う事は多いのではないかと思います。

そんな駆け引きは男女の恋愛にも多いようで、
男性が「焼きもち」を焼かせたり
「別れ話」を匂わせたりして、女性を不安にさせ、
心配させる事で物事を自分の優位に運ぼうとする・・

そうした事で女性が我慢したり、
ストレスを感じている事を考えようともせず、
心配したり不安を感じているのを見て
「自分の事が好きだから、まだまだ大丈夫」と、
そうした気持ちを利用してさらに自分勝手な要求をしたり・・

そんな風にすっかり、相手の思い通り・・
都合の良い相手になってしまっているにも関らず、
本人は「自分の事を嫌わないで欲しい」とか
「別れたくない」と言う思いが強過ぎてその事に全く気付けていない・・
そこまで考える事ができなくて、結局、男性の要求に応えてしまったり・・・

しかし、自分の言う事をなんでも聞くような無個性、
無反応な女性と一緒に居てもつまらない・・と、
男性が他の女性に興味を持ってしまう事は多いみたいですが、
犬と飼い主さんの間でも、犬を愛しすぎてしまったり、
自分の不安や心配が強すぎていつの間にか、すっかり犬の思い通り・・
望み通りの飼い主に染められてしまっている・・
と言う飼い主さんも多いかもしれませんが、
そんな従順な飼い主さんにすっかり飽きてしまい、
他所の犬の事ばかりを追いかけて、
飼い主さんの事など見向きもしない・・
と言う犬も意外と多かったりしますので注意が必要です。

逆に飼い主さんが愛情をちらつかせて
犬をコントロールすると言うのも違うと思いますから、
犬が駆け引きをしてきてもそれには答えないし、、、
こちらも駆け引きを基本とした犬のしつけはしない・・

勿論、しつけの中には駆け引きが重要な場合もありますし、
犬は人間の心をそこまで理解して利用しているとは思えませんが、
駆け引きばかりの犬のしつけは疲れますし、
正々堂々と正面から犬の心と向き合う事で、
本当の犬の心が見えてくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫