多頭飼いに求める関係性

 2013-01-30
04DSC08008.jpg

「姉妹」の関係と言うのはつながりが深く、
その関係は一生涯、続く事が多いみたいですが、
それに比べると「兄弟」の関係と言うのは、
どんな兄弟仲が良くてもあっさりしている事が多いみたいです。

まぁ、「兄弟」は時代が変わったと言っても、
まだまだ長男が家を継ぎ、
弟は家を出て行くと言う考え方が根強いですから、
弟はいつまでも兄に依存する事は許されませんし、
弟自身も自立する事を望みます。

ある一定の年齢になると、弟も自己主張をするようになり、
そうなると、弟を家来のように命令していた兄も
弟を一人前の「男」として認め、
対等に接するようになる事は多いです。

そうしてお互いに自立し、
それぞれの道へと進むのが普通なので、
男性の飼い主さんと言うのは、
多頭飼いの犬の関係に対してもあっさりしており、
「一緒に遊ばなくても喧嘩をしなければそれで良い」
と言う風に考える事は多いと思います。

それに比べ、女性は多頭飼いをしている犬同士の関係に親密さ・・
心の共有のようなモノを求める事が多いように感じます。

犬の仲の良し悪しを物凄く心配し、
仲が良くなさそうに見える犬同士でも、
「本当は凄く仲が良い」とか、
「片方が居なくなると、凄く心配するんです」
と仲の良さをアピールしたりしますが、
男性からしてみると「そんなに心配しなくても・・」
と思ってしまう事は多いと思います。

そう言った男性の「あっさりした関係性」は、
女性からしてみるとよく分からなかったり、
「冷たい」と思えるみたいですが、
実際の所、犬同士の間に「姉妹」ような親密さ・・・
「心の共有」みたいなモノが
あるのかどうかは難しいように感じます。

犬に鏡を見せ、
鏡に映った自分の姿を見たらどう言うリアクションをとるか?
と言う実験を行うと、
鏡に映った自分の姿に驚いて吠えたり、
鏡の裏に犬が居るのではないかと見に行ったり、
全く、気にしなかったりと、
それが「自分自身の姿」だとは考えない・・
気がつかない事は多いそうです。

犬は他者と自分の区別がつかない・・
つまり「相手の心を理解できない」と考えられるそうですが、
だからと言って犬に相手の痛みや気持ちが理解できないと言う事ではありません。

犬も相手の気持ちを読み取る事は可能です。
しかし相手の気持ちの裏を読み取るとか、
心の機微や心の深い部分の感情の動きなど、
人間同士のような深い心の交流を望むのは難しいみたいです。

逆に言うと、犬に対しては分かりやすく・・
ストレートな感情表現を心がけてあげる事が大切だと言う事だと思いますし、
多頭飼いの仲が悪いとしたら、
お互いに相手を受け入れられるよう、
自信を育ててあげる事も必要では無いかと思います(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

可愛いと言われる事が増えてきたミッキー君

 2013-01-29
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせて頂いているミッキー君とお散歩に行き、
その後は「sideWAN」さんへ・・

大きな地図で見る
↑最近「Googleマップ」にも「sideWAN」表示されるようになりました。

sidewan.jpg
↑「Googleストリートビュー」もこんな感じです(^^)

最近、すれ違う人から
「可愛い」と言われる事が増えてきたミッキー君・・
02DSC04407.jpg
先日、男同士で歩いている男子高校生にも
「可愛いダックスだ」と言われたので、
男子高校生がお世辞を言うはずも無いだろうし、
本心から可愛いと思ってくれたんだろうな・・
と、ちょっと嬉しくなりました(^^)

03DSC04438.jpg
ミッキー君は太り過ぎだった為、
一日分のフードの中からおやつとしてフードを与える・・
と言う感じなので、
お客さんから頂いた手作りおやつはとっても美味しかったみたいです。

04DSC08594.jpg
みんなも美味しいおやつを待っています
05DSC08572.jpg
美味しい~

06DSC04576.jpg
おやつを貰えるワクワクで
目が輝いています。

07aDSC08599.jpg
単におやつを与えていれば
仲良くなれると言うものではありませんが、
おやつをあげると言うのは、
かなり分かりやすい・・
犬に伝わりやすい愛情表現の一つだと思います。
07bDSC08603.jpg

08DSC04462.jpg
ミッキー君を預かったばかりの頃は、
他の犬に対して警戒心や不安感が一杯で
犬を見ると吠えてしまう感じでしたが、
ここが安心できる楽しい場所で、
他の犬も自分に対して何もしないと言う事が分かったのか、
他の犬を見ても
かなりリラックスできるようになりました。

09DSC04482.jpg
他の犬に対して、
まだちょっとドキドキしてしまう柴犬君です。
近いからミッキー君が柴犬君のドキドキを拾ってしまうかな?
と思ったのですが大丈夫でした。
柴犬君が途中で怖くなってしまい、
吠えてしまってもそそくさと場所を移動してスルーできていましたし、
ミッキー君も多少の事では動じない
精神力を身につけてくれたのだと思います(^^)

11DSC04527.jpg
その後は、他の飼い主さんからおやつを貰っています。

12DSC04550.jpg
今度は違う飼い主さんにおやつを貰いに行っています。

こうやってみると、要領の良いきままな犬のようですが、
貰えそうな飼い主さんを見つけて渡り歩ける柔軟な知能と判断力・・
他の人や犬が居ても気にせずに移動できる行動力を身につける事ができたと言うのは、
これからの成長に必ずプラスになってくれると思います。


ミッキー君は物凄く尻尾を振っています。
これは普段、フードしか貰っていないので
美味しいおやつが貰えるのが嬉しいと言うのもあると思いますし、
色々な飼い主さんからおやつが貰えると言う
喜びを知った事もありますが、
ミッキー君自身、感情表現が素直で
自分の気持ちに忠実だからだと思います。

素直に感情が表現できると言う事は良い事だと思います。
まぁ、逆に言うと、自分の気持ちに素直すぎて、
我慢をしなくてはならない時にも
つい鼻が鳴ってしまったりしまう事もありますが、
素直な気持ちと「自分は愛されているんだ」と言う自信を伸ばしつつ、
我慢やマナー、ルールなどの大事さも、
教えて行ってあげたいと思います。(o^∇^o)ノ
カテゴリ :一時お預かり トラックバック(-) コメント(-)

横須賀のドッグカフェ「エカーネ」さんへ行く

 2013-01-28
月曜日は朝、起きたら雪が降っていて、
「これはでかけるのは無理かな?」
と思ったのですが、
しばらくすると青空が広がってきたので、
横須賀の方へおでかけしてみる事にしました♪

01DSC08047.jpg
折角、遊びに行っても
雪が積もっていたら嫌だな・・と思ったのですが、
鎌倉辺りから雪が降った形跡も見えなくなり、
横須賀の方は雪が降らなかったみたいで良かったです。

「天気が良いな~」っとのんびり歩いていたら、
前の前を何かが走り抜けました!
チャミルがすぐさま反応して追いかけようとしましたが、
相手はさっと木の上へ・・
02b.jpg
どうやら「タイワンリス」だったみたいです。
まぁ、追いつけないし、
追いつけそうでも引き戻しましたが、
瞬時に追いかける反応を示すなんて
一応、狩猟本能があったんだな~って感じです。
ハイキングに行くと、いつもとは違う
犬の一面が見えたりして楽しいです(笑)

まぁ、そんな感じですので、
「おでかけドットコム」の方も是非♪(^▼^)ノ

03DSC04374.jpg
その後は横須賀にあるドッグカフェ「エカーナ」さんへ・・
((住所)神奈川県横須賀市芦名2-16-8
定休日 木曜日、第1・3水曜日

04DSC04375.jpg
お店の入り口です。
犬の置物がありますので
分かりやすいと思います。

05DSC04379.jpg
お店に入ると、
サービスでわんこ用のおやつを頂きました。

06DSC04394.jpg
美味しいみたいで
すごく注目しています(^^)

06DSC04383.jpg
ランチの時間なので
ランチメニューを頼んでみたいと思います。
う~ん・・どれも美味しそうで悩むな~(^^;

07DSC04382.jpg
ランチセットの飲み物はコーヒーを
お願いして先にいただきました。

08DSC04385.jpg
「イタリアンオムレツのオーブンサンド」(900円)です。
ドッグカフェと言うと、業務用冷凍モノをレンジで温めるだけ・・
と言うイメージがありますが、
ここは本格的ですしとっとも美味しかったです。
他にも「芦名野菜たっぷりパスタ」(1000円)と
「牛肉のトマトソース煮込み」(1200円)もありました。
次に行った時はメニューが替わっているかもしれませんが、
近いうちにまた行ってみたいと思います♪(^▼^)ノ
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

犬への自己投影に気をつける

 2013-01-26
03DSC05531.jpg


姉弟が喧嘩をしたり問題を起こした時、
母親はつい姉の方を叱ってしまう事は多いみたいです。
これは長女に「姉」と言う役割を求めると言う意味があると共に
母親にとって同姓である長女は、
自分の良い面も悪い面も含めて自己投影をしてしまう・・

娘が怒られても「ごめんなさい」と謝れない所が
自分によく似ていて腹立たしいなど、
自分自身の嫌な面を長女の中に見て、
つい強く叱ってしまうと言う心理が働いてしまう事も多いみたいです。

でも、そう言った自己投影的な心理は
飼っている犬に対しても無意識に行っている事は多いと思います。

「自分が綺麗なお洋服を着るのが好きだから、
 犬もきっと綺麗に着飾ってもらう事を嬉しく思うはず」
「自分が好きな音楽は犬も好きなようだ」
「自分の犬が他の人や犬に対して引っ込み思案なのは、
 自分が他人に対して引っ込み思案だから仕方がない」

など、自分と犬はよく似ている・・
自分と同じ事を犬も思っている・・
と思ってしまう飼い主さんは多いと思います。

でも、子供が親の望むようには育たないように
犬もまた、飼い主さんが楽しいと思う事を
必ずしも楽しいとは思わない事は多いです。

勿論、飼い主さんが楽しいと思う事は、
それだけ経験する機会も多く苦手意識も減って行きますし、
飼い主さんが楽しそうにしていると
犬もまた楽しい気持ちになる事は多いです。
また、飼い主さん自身も自分が好きなモノを
犬にも好きになって欲しいと、一緒に遊んだり、
おやつを与えたりなど努力している事も多いと思います。

ただ、運動が苦手な犬種に一緒に運動をする事を求めたり、
運動が好きな犬種に室内で静かに過ごす事を求めたりすると
問題が起きてしまう事もあるので注意です。
特にアジリティーなどの競技をする楽しみに
飼い主さんが目覚めてしまうと大変な事は多いです。
多頭飼いをしていても、ついつい、
競技で良い成績を上げられる犬の方を贔屓してしまいがちですが、
勉強の成績だけで兄弟の良し悪しを決めてしまうのが残酷なように、
たった一つのモノサシだけで多頭飼いの犬を
比べてしまうのは残酷な事のように思います。

それよりも犬の個性を尊重してあげる・・
犬が楽しいと思える事を一緒にやってあげたり、
飼い主さんが楽しいと思える事を犬も楽しいと思えるように
一緒に楽しむのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

犬のメンタルケア

 2013-01-25
02DSC03785.jpg

「犬を叱ってはダメ」と言う人の中には、
「叱ると犬を怯えさせてしまうからダメ」とか、
「叱ると犬にストレスを与えてしまうからダメ・・」
など、犬の心・・
メンタルな部分を心配されるからだと思います。

犬に対する「叱り」を否定される方は女性が多く、
中にはお嬢様育ちで声を荒げて叱られた事がないので「叱り」が怖い・・
または自分が小さい頃から叱られてばかりで育ってきたから
叱ったり叱られたりする所を見たくない・・
または、飼い主さん自身が不安症で自信が無いので叱れない・・
など、飼い主さん自身のメンタルが弱っているので
犬のメンタルケアやストレスケアを
一生懸命にされる方も多いのではないかと思います。

勿論、怯えた犬に対してメンタルケアをしたり、
生活環境の中でなるべく犬にストレスをかけないようにする事は大切です。
でも、生きていれば、色々な事があるのが普通です。
ですから、多少、何かが起こったとしても大丈夫なぐらい、
強い心を持てるように犬を育てる・・
叱られたり落ち込んだりしても
すぐに立ち直れるような犬に育てる事も大切ではないかと思います。

人間もちょっとした事でウジウジと悩む人も居れば、
他人から何を言われても動じない人も居ます。
では、そこの違いは何か?
それは自分に対する「自信」ではないかと思います。

小さい頃から親や周りの人から大切にされ、
必要とされてきた子は強い・・
それは犬も同じだと思います。
ですから、ちょっと叱られただけでガクンと落ち込んでしまう・・
自信を無くしてしまうとしたら、
それは叱りが悪いと言う前に犬の自信を育めていないからかもしれません?

犬の自信を育んであげれば、少しぐらい叱りや注意をしても大丈夫なのです。
そして、犬の自信を育む為には
飼い主さん自身も自信を持つ必要があると思います。

他人の目や言葉・・
ストレスケアとかメンタルケアとか
犬の心のケアばかりに目を向けるのではなく、
犬が自分自身の力で困難を乗り越えられるように見守ってあげる・・
見守ってあげられるだけの心の強さを飼い主さん自身も
身につける必要があるのではないかと思います。(o^∇^o)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫