犬は人の視線を理解するか?

 2012-05-31
DSC00827.jpg

犬のトレーニングの中には
「アイコンタクト」と言うものあります。
飼い主が犬にコマンド(命令)を言う前段階として用いられ、
犬の視線を飼い主の視線に合わせる事で飼い主を意識させ、
コマンドを伝えやすくする事を目的とするみたいですが、
犬はとても耳が良く、
目を見させなくてもコマンドは伝えられると思うので
個人的には「アイコンタクト」の必要性が分かりませんが、
それ以前の問題として犬は人の視線を理解するのでしょうか?
人の目には黒目と白目がありますが、
実は人以外のほとんどの霊長類には白目が無いそうです。
犬も穏やかな暮らしをしていると目が穏やかになり、
目尻が下がって白目が見えてくることがありますし、
ボーダーコリーなどは”目力”によって
羊を動かすと言われていますが、
果たしてどうなのでしょう?

犬達の動きを見てみると、
一斉に一点を見る事もありますが、
その多くは、その方向から物音がした場合など・・
他の犬の視線を気にしたと言うよりは
物音に一斉に反応したと言う方が多いと思います。
しかし、1頭が外に向かって吠えた時などは
それに合わせるように、
吠えつつ外の様子を伺う場面が見られます。
ただし、これもシチュエーションによって反応に違いがあり、
出入り口や窓ガラスなど、過去に警戒をした記憶がある場合は
それを元に警戒しますが、
初めての場所・・または警戒するような物も音も無い場合、
吠えている犬に合わせて吠えたりはするものの、
何に対して吠えているのか分からず、
キョロキョロとしている事も多いです・・

ちなみに「視線」から他者の注意の方向を検出する事を
「視線追従」と言うそうです。
他者が注意を向けているものを見つける事ができる能力を
人では生後9ヶ月を前後に発達し、
チンパンジーでは1歳頃から実験者の指さしや頭の向きに
自分の注意を向けることができるようになるそうです。
ただ、人とチンパンジーの大きな違いとして、
人は他者の注意に「視線追従」した後、
再びその他者と目を合わせ注意を共有する
「共同注意」ができるものの、
チンパンジーはこのような注意の共有は
ほとんど見られないそうです。
ただ、人の手によって育てられたチンパンジーは
もう少し複雑なやり取りができると言う報告もあるそうですし、
犬は?と言いますと、
犬も人との係わり合いの中で
「視線追従」をする事は可能だそうです。
それも人間で言う所の6ヶ月から2歳の子どもと同じ程度で
人の視線を追う能力を持つ事が示された
そうです。
同じように「共同注意」のようなものは、
人との係わり合いによって可能になると思います。
散歩中、不審な物や変な物音がした時など、
そちらの方を見た後に飼い主の方を見る犬も居ます。
そこで飼い主がニッコリと笑って
「大丈夫だよ」と話しかけると安心して再び歩き出す・・
そう言う場合、犬同士が顔を見合わせて
「大丈夫だよ」と確認しあう事はあまり無いので、
これは犬と人の間にのみ交わされる
コミュニケーションと言えるかもしれません?
でも、それも経験や学習による行動だと思います。
犬同士で顔を見合わせないのは、犬は他者の心が理解できないので
もともと、犬が犬に自分の不安を語りかける事はありませんし、
もし犬が不安から他の犬の事を見たとしても、
見られている犬はその意図が理解できないので見返さない・・
結果、見ていた犬もリアクションが無いので見なくなると思います。
その点、人は共感する心を持っていますので、
犬が不安そうにしていたら犬を見て語りかけたり、
抱っこをしたりして不安を取り除こうとしてあげます。
犬もそれで不安が解消されると、その事を記憶するので、
次に何かあった時、飼い主さんに助けを求めるようになります。
そう言う意味では、人と人はお互いに心配し合う「共同注意」なのに対し、
犬のそれは自己中心的なモノかもしれませんが、
犬が不安を抱えた時に人を見ると言う事は凄い事だと思います。

でも、逆に言うと、
不審な物や変な物音がしても
飼い主は知らん振りをして歩いて行ってしまう・・
怖くて動きたくないのにリードを引っ張って無理やり近づけようとする・・
または「ちゃんと歩きなさい!」と叱られる・・
それでは犬は飼い主さんの顔を見ようとは考えないと思います。
お散歩中に犬と何回、目が合うか?
犬が困ったり不安な時に飼い主の顔を見るか?
そう言った心のつながりを作る事はとても大切ですし
そこから全ての事が始まるのでは無いかと思います(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

犬の世界にイジメはあるか?

 2012-05-30
07DSC04775.jpg

犬同士の交流を見てみると、
犬に好かれやすい犬と
嫌われやすい犬が居たりします。
尻尾を振って自分から挨拶に行っているのに吠えられてしまう・・
遊びたがっているのに他の犬達に無視されてしまう・・
果たして、犬の世界にも「イジメ」はあるのでしょうか?

ちなみに人間の世界のイジメと言うと、
特定の人間に対して継続的に攻撃したり無視をしたりする事を言うと思います。
特定の人物が何かしらの理由で優遇され、利益を独占している場合、
人は心のどこかでその利益を分けて欲しいと願うそうです。
その為、その人に気にいられるような態度を取る事が多いですが、
そう言った利益が自分に向けられる事が無いと分かった場合、
無視をするか、敵対してその利益を自分も得ようとするか?
特に自分より劣位(だと思っている)の者が優位に振舞っている場合、
人はそれを自分への挑戦だと考え、
余計に怒りがこみ上げてくる事もあるそうですので気をつけたいですね。
ちなみに協力関係を結んでライバルに勝とうとする事は猿も行う事らしく、
仲の良いメス猿同士が協力し、
上位のメスの順位を奪う事を「依存順位」と言うそうです。
また、姉妹間でも一番、年下の子供が母親を味方につける事で順位を上げる
「末子優勢の原理」と言うものもあるそうですが、
これは劣位の者が知恵を使って優位の者に勝とうとする行為に対し、
イジメは相手が自分よりあきらかに劣位だとしても、
そう言った弱者をいじめる事で自分の強さを他者にアピールしようとしたり、
劣位の者を仲間外れにする事で優位者同士の関係性を強めようとしたり、
遊びとしてそう言った行為をする事もあるので難しい所です。

一方、犬は?と言いますと、
犬には仲間外れを作る事で群れの結束を強めようとする知恵も、
イジメをする事で他の犬に自分の強さをアピールしようと言う考え・・
他者の気持ちを理解できるだけの知能も無いと考えられるため、
「イジメ」を行う事は難しいと思いますし、
概念的な事も理解できないと思います。

ちなみに犬は群れの中に居ると
自然と他の犬と同じような行動をする事が多いですが、
これは、他の犬と会話をしたり共感したりと言うよりは、
自分の行動に対する他の犬のリアクションを見て
自分の行動を考えているから・・と考えられます。
一見、同じような事のようでいて、
相手の犬の気持ちを想像して態度を決めるのと、
相手の行動を見て自分の態度を決めるのとでは内面的な部分・・
心のありようは大きく違います。
(見えない心を想像するのと、直接、見て考える事の違い)
だから、逆にしつこく遊びに誘っていた犬が
誘うのを止めたとしても、
それは相手の子が嫌がっていると理解したからでは無く、
リアクションが無くつまらないから止めた。
と言う方が正解では無いかと思います。
(相手の子が逃げたり吠えたりすると
 リアクションをして貰えたので嬉しくなって
 再びしつこく遊びに誘う子は多いです)

でも、それは飼い主さんとの
普段の接し方にも原因があるのかもしれません?
犬が吠えたり噛んだりした場合は厳しくするものの、
甘えたり、悲しそうな顔をして要求してきた場合、
多くの飼い主さんは犬の我を許してしまいがちです。
最終的には自分の要求が通る。
そう学習した犬は他の犬に対しても
最終的には自分の要求が通ると信じ、
嫌がられても拒否されてもしつこく
追い掛け回してしまう事も多いと思います。
だから、叱ったり叩いたりして気持ちを抑え付けるのではなく、
犬が自分の要求が通らない事がある・・
吠えたり噛んだりしたら相手にして貰えない・・
そう言う事を普段の飼い主さんとの接し方の中で
教えてあげる事も大切だと思います。
また、犬が興奮し過ぎたら休息をいれてあげる事も大切です。
興奮したら休息・・興奮したら休息と言うリズムを作ってあげる事で、
犬自身も興奮してきたな・・
と思ったら自分で休むと言う自己管理ができるようになる事も多いようです。

飼い主さんとの生活において
「なんでも自由に好きにして良いよ」と言うのも優しさの一つですが、
我慢やルールをしっかりと作る事により、
犬自身にも
「自分が楽しく遊べる為には飼い主さんの行動を観察する必要がある」
と言う「気付き」が生まれると思います。
実はこの「気付き」がとても大切で、
自分のわがままを通そうとする事ばかりを考えて
自分が利益を得る為に相手の行動に気を配る。と言う事が
分からない犬も多いからです。
(そして、その気付きが他の犬への接し方に良い変化を生むと思います)

犬は自己中心的ですが、人間もまた自己中心的です。
でも、人間は犬の自己中心的な気持ちを理解し、
想像してあげられる能力を持っています。
だから、犬の自己中心的な部分をうまく誘導し、
飼い主さんの望む行動をすると
食べ物が貰えると言うメリットがある・・
そう教えてあげるのが良いのではないかと思います(^^)
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「栗の里ローズガーデン」に行く 01

 2012-05-29
「おでかけドットコム」を更新しました♪

・・と言う事で、帰りに
厚木に犬連れでバラ観賞やお食事ができる
「栗の里ローズガーデン」と言うお店があるみたいなので
行ってみる事にしました♪
01DSC00562.jpg
(住所)神奈川県厚木市山際554-1
定休日 年末年始
駐車場 50台
営業時間
5月~11月 10:00~22:00(LO21:30)
12月~4月 11:00~22:00(LO21:30)

02DSC00840.jpg
お店の入り口です。
入り口の前に本日のオススメメニューなどもありました。

03DSC00858.jpg
お店のお庭がバラ園になっており、
バラだけでなく、色々なお花が咲いていました。
ちなみにこちらは夜になるとライトアップが行われ、
お酒や食事を楽しみながら、ライトの光に照らされた
大人のバラ園を楽しめるそうです♪

04DSC00556.jpg

05DSC00557.jpg
お庭はテラス席になっており、
犬連れはこちらでお食事ができます。

07DSC00578.jpg

08DSC00574.jpg

09DSC00609.jpg

10DSC00595.jpg
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

「栗の里ローズガーデン」に行く 02

 2012-05-28
11DSC00622.jpg
チャミル君もバラ園を少し歩かせて貰いました。
犬禁止のバラ園や植物園は意外と多く、
犬OKでも柵があって、
犬連れだと中へは行けなかったりする事が多いのですが、
こちらはそう言った柵もありません♪

12DSC00664.jpg
ーと言っても、足元に咲く花はあまり無いので、
だっこをしてバラをバックに記念写真♪

13DSC00682.jpg
1人だと抱っこをしながら
写真を撮らないとダメなのですが、
こう言う時、自由に可動ができる
バリアングル液晶がついている
カメラは便利です。(^▼^)ノ

14DSC00695.jpg
反対側のお庭へも行ってみる事にします。

15DSC00701.jpg
こちらはイギリス庭園風になっていました。
綺麗なお花とベンチをバックに記念写真!

16DSC00709.jpg
笑顔の写真です。
本当は暑いだけだけどね(笑)

17DSC00584.jpg

19DSC00602.jpg
折角なので
テラス席でお食事をさせて頂く事にしました。

20DSC00576.jpg
店内でお食事をされる方が多いですが、
犬連れや綺麗なお花を眺めつつの方が良いと言う方は
植物がドーム状になった席もありますので安心です。

21DSC00886.jpg
ランチタイムメニューの
「サービスハンバーグセット」(724円)です。
ライス(お替り自由)とスープがついてこのお値段だったら、
ファミレスに行くより良いかもしれませんね?
ビンのソースはもやし用だそうです。
犬連れの場合は店員さんに言うと
メニューを持ってきて下さいます。
テラス席の場合は基本的にお会計は先払いのようですが、
犬連れの場合は後払いで良い事もあるそうです。
自分は1人だったので、犬を置いて
店内に会計に行くのが嫌だったので、
先にお会計を済ませて
のんびりと食事をする事にしまいました(^^)

22DSC00882.jpg

DSC00631.jpg
↑この日は少し暑かったですね・・
 風があったので少しマシでしたが、
 結構、強風だったので、それはそれで困りましたけど・・(^^;
 今度はライトアップされた薔薇を撮りに行きたいな!

ーと言う事で「栗の里ローズガーデン」だったのですが、
入り口が少し分かりにくいかな?
と言う意外はとても素敵なお店でした。
入園料とかも特に無くバラ観賞が楽しめますし、
店員さんもとても良くしてくれて助かりましたし、
厚木方面に行った時は、
また、是非、行ってみたいと思います♪
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)

デトックスとワクチン

 2012-05-27
06DSC00244.jpg

最近、「デトックス」と言う言葉をあちこちで見ます。
「デトックス」とはどう言う意味なのか?と思って調べてみると、
日頃の生活の中・・特に食事などで取り込まれた
人体に悪影響を及ぼす化学物質(重金属や合成化合物、ダイオキシンなど)を
体外に排出するのが「デトックス」だそうです。
有害な物質の多くが脂肪に蓄積されると言う考えもあり、
デトックスはダイエット効果も望めるほか、
放射能まで体外に出す事ができるとか・・・

でも、実際の所「デトックス」に科学的根拠は無いそうです。
それにも関わらず、多くの人が「デトックス」に興味を持つ・・
その心理の方に興味があったのですが、
最近、読んだ本に面白い事が書いてありました(^^)

「デトックス」は新しいもののようなフリをしているが、
殆どの宗教や文化には、何らかの形で
身体を浄化したり調整したりする儀式があるそうです。
「断食」や「沐浴して身体を清める」など、
「浄化」と「贖罪」をテーマにした儀式は
人類の長い歴史の中、形を変えて登場するそうです。

それは何故かと言うと、人間が色々な事情で悪い事をしてしまうから・・
特に先進国の人々は極端なまでに物欲にふけっているので、
その罪を清めてあがないたいと思っているそうです。
タバコや酒、身体に悪い食べ物を私達は食べてしまう・・
深夜まで起きて睡眠不足になり、
怠惰な生活をおくり、運動不足で脂肪をつけてしまう・・
いけない事だと分かっているので、
そのツケが周ってこないよう「デトックス」をする・・
それはある意味で「儀式」であり、
心の傷を癒し、罪を清め、穢れを払う役割を持つそうです。

まぁ、普段から食生活に気を配り、適度な運動をし、
健康に気を配っていれば「デトックス」などに
興味を持たないのかもしれません?
また、自分自身だけでは無く、犬を太らせてしまった・・
とか、犬を病気にさせてしまった・・
と言う時も「デトックス」でなんとかしようとする人が居ますが、
「デトックス」はホメオパシーなどの
「代替医療」と深く絡んでいる事が多く、
通常医療における「解毒」とは全く異なるモノであると共に、
「フードファディズム」と呼ばれる、
食品の栄養素が健康や病気に与える影響を過大に信じる事もまた、
注意しなければならない問題点である事は考えて貰いたいと思います。

また、最近は犬に対するワクチン接種率が下がっているそうです。
でも、犬のワクチンだけでは無く、
ワクチンそのものに対する抵抗感は日本だけでは無く、
世界中で起きているそうです。
しかし、ある種のワクチンに対する
危険性や反対運動は地域的に限定されていて
他の国に広がらないと言う不思議な特徴があるそうです。
これは人間のワクチンのお話ですが、
イギリスではMMR(麻疹、おたふく風邪、風疹の混合ワクチン)で
自閉症になると言う噂が広がり、論争が広げられたそうですが、
MMRは世界100カ国以上で行われたにも関わらず、騒がれたのはイギリスだけ・・
日本を含め、アメリカやヨーロッパですら問題になっていないそうです。
また、フランスでは「B型肝炎ワクチン」が「多発性硬化症」を引き起こすとして
1990年に大騒ぎになったそうです。
アメリカではワクチンに使われる「チオメルサール」と言う
防腐剤への不安が大きいそうですが、
同じ防腐剤を使っているイギリスではなぜか騒がれたことが無いそうです・・
でも、もしも今、何かのワクチンが一つの国で本当に危険だとしたら、
地球上のどこでも同じように危険であり、
ワクチンへの懸念が確かな証拠に基づいているのなら、
世界中のメディアが危険を叫んでいてもおかしくはないそうです。
特に今日のような情報化社会ならなおさら・・

でも、実際の所、ワクチンが効果を上げ、
病気が稀になるとどんな病気だったか人々は忘れてしまうそうです・・
犬の「狂犬病」だって日本の場合、実際に狂犬病になった犬を
見た事が無い獣医さんの方が多いようですし、
混合ワクチンだって、どんな病気で、
かかるとどんな症状が出てどう言う事になるのか?
を知っている飼い主さんは少ないかもしれません?
そう考えると、成果をあげたら
顧みられなくなるのがワクチンの宿命と言えるそうです。

でも、だからと言ってワクチン接種の義務を
止めてしまったらどうなるでしょう?
スイスでは1883年までに
何年にもわたって予防接種が法律で義務付けられており、
天然痘は完全に予防されていたそうです。
1882年には一人も発病していなかったそうですが、翌年、
予防接種反対派がこの結果を逆手に取り、
法的強制はもはや不要と訴え、ワクチン接種の義務を撤廃したそうです。
しかし、その年(1883年)に死者1000名につき
二人の割合で天然痘の犠牲者が出たそうです・・
翌84年には1000名に3名・・
85年には1000名に17名と増えて行き、
86年には1000名につき85名にまで達したそうです・・

日本では狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますが、
その他のワクチンについては自己責任・・
予防接種を受ける時、メリットとリスクをはかりにかけますが、
ワクチン接種により命に関わるような副作用が起こる確率は
数千~1万件に1件ぐらいと言われているそうです。
ただ、我々がワクチンに抵抗を感じてしまう理由は
メリットとリスクをはかりにかけた結果だったり、
副作用を警戒する為と言った合理的な理由だけでは無く、
嫌がったり怖がったりする犬の身体に
針を刺さなくてはならない罪悪感だったり、
抗体を作るためとは言え、
感染症のウイルスの毒素を弱めた「抗原」を
犬の身体に入れなければならない事だったり、
今の医療が個別で患者の意思を尊重する
システムなのにも関わらず、
犬を飼う人が一斉に・・
強制的に接種しなければならない事に対する反発だったり・・
あとは金銭的な問題もあると思います。
そして、そうしたリスクを押し込めてワクチンを打った結果、
恐ろしい悲劇が起きた時に自分自身の決断の罪悪感に絶えられるか?
そう言った頭では無く心・・感情的の問題により、
ワクチンの接種率が下がっているのだと思います。

・・と言う事ですが、
自分も法律で決められている以外のワクチンを絶対に打つべきと
無理強いするつもりはありませんが、
感情的になって否定してしまうのも違うのでは無いかと思います。
ちなみにワクチンの副作用については
「農林水産省動物医薬品検査所」の
「副作用情報データベース」で確認する事ができるみたいです。
ここの右上に「狂犬病」と入れて上の「GO」ボタンを押すと
狂犬病ワクチンによる副作用の報告例と因果関係などの情報が見れます
「混合ワクチン」の場合は「ワクチンの接種証明書」に貼付されているシールで
メーカーと種類、そして商品名を確認
して入力して下さい。
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫