リーダー確認法

 2008-11-21
00dscf9784.jpg

この本はファンタジー小説でも無ければ、
ドリトル先生のようにわんこの言葉を聞いたり喋れるように
なれる方法が書かれた本でも無く、
わんこは言葉を持つのか?と言った基本的な疑問について検証したり、
わんこ同士がコミュニケーションとして利用する
ボディランゲージなどについて説明したりする
かなり真面目なわんこの研究本でした(^^)

そもそも、わんこに言葉の概念があるのか?と言いますと、
無いと言って良いみたいです。
ただ、人間の言葉・・単語を覚える能力はあるので
どんなわんこでも「ゴハン」や「オヤツ」、「サンポ」などの単語は
関連付けによって覚える事があるそうです。
わんこも訓練すれば平均で100前後・・
凄いわんこになると300もの単語を
理解できるようになるらしいですからビックリですよね?
まぁでも、言葉を覚えすぎるわんこだと、
言葉を聴いただけで大興奮してしまうので、
うかつに「ゴハン」や「サンポ」などの言葉を
発せられないと言う人も居るそうですからある意味、困りものです(^^;
ただ、言葉を聴いて覚える能力と
話したり文章を理解したり使いこなしたりする能力は別の問題だそうなので、
言葉が分かるからと言ってわんこが言語を持つと言う事にはならないみたいです。

実はわんこはわんこ同士で使われる言葉を持つそうですが、
それはボディランゲージとして現され、
目や口、耳や尻尾の動きや身体全体を使った動きでわんことわんこは会話するそうです。
人間に対しても、わんこは全身を使って一生懸命、話しかけてきてくれますが、
人間の多くはそれを理解しない・・理解しようとすらしないので
時に誤解を生む事もあるのは悲しい事だと思います・・
ちなみにわんこ同士だと、あいさつは必ず少し左右にズレ、
真正面から挨拶をする事は無いようです。
これは真正面から向き合うのは威圧や敵対心を表す行為になるからだそうです。
だからわんこを抱え、
いきなり面と向かって挨拶させるのはやめた方が良いみたいですね(^^;

わんこ同士が挨拶を行う場合、お互いに鼻先を横から合わせ、
回るようにして鼻先からお互いのお尻の匂いを嗅ぎあいます。
01.jpg

自信の無い子はこの時にお尻の匂いを嗅がせられないですが、
飼い主さんが無理に挨拶をさせようとすると、余計に怖くなってしまうので
社会性があって攻撃性の無い(吠えたりしない)わんこと沢山出会い、
時間はかかりますが教えて貰うのが一番、良いみたいです。

挨拶にも色々な種類があり、
威圧的で挑戦的なわんこが来た場合など、相手のわんこが突然、
座りだして耳をかく事がありますが、
これは座ると言うことで「相手をする気は無いよ。」と表現し、
耳をかく動作で挑戦的なわんこのやる気をそらす意味があるそうです。
02.jpg

不必要な喧嘩をしない為のわんこのテクニックなので、
折角、挨拶に来てくれたのに・・と、飼い主さんが怒ったりしてはいけません。
また、挨拶の時にいきなり地面の匂いを嗅ぎだしたりするのも
同じく相手の威嚇や興味をそらす意味があるそうです。
喧嘩腰の相手に対し、下になるのは嫌だけれど
喧嘩をするのはもっと嫌なので、気づかないフリをする・・
人間の男の世界でもよくある事ですね(笑)

ちなみにこの時におしっこをするのも”自分はこう言うわんこです”と
相手に自分の情報を与える意味があるそうです。
こちらは少し、自分が下です。と言う意味があるそうですよ♪

それと威圧的なわんこは
相手のわんこに自分の身をもたれかかる事があるそうですが、
これでわずか数センチでも相手がズレれば自分の方が上なんだよ。
と相手に分からせた事になるそうです。
03.jpg

人間とわんこでもソファーの上でこう言う攻防がある事は無いですか?
わんこが人間にもたれかかり、人間がズレて場所を譲ってあげると、
わんこは自分の方が上なんだ。と思ってしまうそうです。
ここに人間の”優しさ”なんて気持ちはわんこは理解できません。
ただただ、人間が自分に媚びてる。と思うだけなので注意が必要です。

それからわんこが座っている時に前手を片方があげてるポーズ・・
04.jpg

これは不安を表しているポーズなんだそうです。
もし、何かに怖がっているようでしたら、
その場から移動させてあげるのも良いかと思われます。

なんて感じでわんこは言葉を喋ったりはしませんが、
行動によって様々な会話をしています。
「うちのわんこは私の言っている事が全く分からなくて本当におバカ・・」
なんて自分のおしつけに対する文句を言うだけではなく、
わんこの言葉を理解してあげようとする心を持つのも大切だと思いましたね。
だって、わんこは人間に対しても
わんこにするかのように沢山の会話をしてきてくれているのですから♪(^^)

最後に面白い実験方法を一つ・・
これは飼い主がわんこからリーダーとして認められているかを確かめる方法で、
やり方はとっても簡単♪
まず、わんこを自分の横(前ではなく横)に立たせるか座らせるかし、
自分の手か腕をわんこの肩にそっと乗せるだけです。
05.jpg

これはわんこがわんこに対し、頭や前足を肩に乗せることで
自分の優位性を確かめるのと同じ行為であり、
この信号にわんこが抵抗を示したら、
わんこはまだ、あなたをリーダーとしては認めていない。と言う事になるそうです。
わんこに痛い思いをさせるわけでも無い簡単な方法なので是非、お試しあれ♪
って、わんこが動いたりして嫌がると飼い主の心が痛いですけどね(^^;
06.jpg

(あっ! ちなみにウチはキチンと肩に手を乗せることができましたよ)
カテゴリ :わんこ本などから・・ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫